FC2ブログ
気持ちを切り替えて 
- 2018/10/10(Wed) -
 *限定でのご報告は明日アップ予定に変更致しました。申し訳ありません。

Wait4me_edited-1.jpg

 先日ニコニコ生放送で語られた内容、激ロックインタビューが文字原稿でアップ
されています。 
こちら ゆっくり読み返すと、また印象が新たになると
思います。


 まず、福岡に行かれた、明日神戸に行かれる方、沢山の良い想いでを残して
下さいという事を申し上げたいです。最近はtwitter の世界卒業状態で、
今回もそういう選択はできました。 去年、今年、ツアーの度に揺れるのを
流していくのが心理的にハードで、SNS離れが自分の中で起きつつありました。

 今年は、市川の公演があまりに素晴らしく、ファンのマナーもよくて、
ヒョンジュンさんの話しを叫び声で遮る人、大きすぎる笑い声もなくて、トーク
もよく聞こえて大満足のスタートの場所に居合わせる事ができました。 
そのいい流れが又戻ることを願っていました。が、何より、自分の中でちょっと
これはと思ったのが、ここにいらした皆さんも背景をご存じの バンドメンバー
さんのファンのブログの事件があったからです。でも、福岡に参加された
方がたの余韻に傷をつけてしまう面も持っていたので、その点につきまして
は心からお詫びいたします。

 鍵コメが多いので、皆さん、心配して下さっておりますが、ほとんどの方が
今まで思っていた事を吐露する場になり、かつ エールを送って下さって
おりますので、大丈夫です。 ご心配かけて申しわけないです。

    それにしても、福岡の楽しい公演の様子を沢山書いて下さって、わあ、私だけ
が読んでもったいないと思うファンカムが一杯です。 皆さん、どうしても、いつも
このように書いて下さらないの?(笑)と思ったほどです。
どうぞ、次からも
宜しくお願いします! 

 私も、新しいアルバムから練習しています。すごく美しいメロデイラインと
裏声にかわるところもスムーズに流れていて、聞きほれていたいのが本音ですが^^ 

 皆さまにおかれましても、どうぞ明日の公演から、スイッチ切り替えて新たな
気持ちで、バンドの素晴らしい演奏、キムヒョンジュンの歌声に酔いしれる時間を
楽しまれますように .:。♡゜.:。+゜. (。◐‿◐。)

 
 10日は、民事訴訟の結審の日ですね。 そして来週は刑事。 心から乾杯できる
日になる事を祈りつつ... 

この記事のURL | リダカード Artwork - Hyun Joong | Comment(22) | ▲ top
10月の壁紙 
- 2018/10/01(Mon) -
2018_10_SL60.jpg


 今回のアルバム、どれもメロデイラインが美しく感じます。ギターから
キラキラ✨ 輝くメロデイが生まれていくイメージです。音がこんこんと
湧き出てくるような.... メーキングで各曲について語っているのを見て
いたら、 So What の次に今回私が好きな <四季>について語っていました。
その語りを聞いていたら、入隊中に季節の過ぎるのを、指折り数えていた日々に
重なりました。 除隊の記念に作った動画にいれた、入隊していった5月の
風景から二年分の各シーズンの情景が思い出されます。 今はもう、あの
時のような感慨をもって季節の巡り立ち会うことはありません。もう、切実な
日々は過ぎたから...人生の中の一年9ヶ月限定の感情でした。 

 実は、HJにもう会えないかもしれないと思ったことは、一度もなかった
んです。それでも、新会社の設立には驚いたし、それ以降の本人の変化
には、さらに目を見張るものがあります。 以前は韓国と日本のコンサート
の雰囲気が全く違う、故に行ける時はぜひとも韓国にと思っていました。
ヒョンジュン君のナチュラル、天然な雰囲気、ファンとの親密度が完全に
以前は違っていました。でも、今年の4月以降、ほとんど違いが感じられない
ほど、自然で、言葉遣いもがらりと変わりました。今は丁寧には話して
いますが、ファンに敬語がちがちの話し方はしなくなりました。距離間
がぐ~~~~んと近く感じられます。 

 韓国から市川公演に参加された韓国ファンの方がGallery に書いていら
した後記から共感したところを抜粋..
 
                                                    :::::::::::::::::::::::::::

 他の後記を読みながら、みんなも感じたかもしれないけれど、今回の公演の
ラストで歌った3曲 (Your Story   コマプタ  Wait for me )   のステージを
聴くと、ヒョンジュンの感情が全身に染み入ってきて、公演会場で一緒にいた
ファン達も徐々に染まっていくような感じだった...

  今回の公演初日、日本のファンも歴代最高のライブだと感じている理由
ではないだろうか。 ヒョンジュンが人生で、キムヒョンジュンとして感じた
喜び、哀しみ、絶望、悔しさ(*自分にたいする口惜しさではなく、自分自身で
はどうにもできない事への悔しさ、無念の感情)、憤り .
.. 
 
こうした生々しい感情がステージの上であまりにも素直に、自然で飾り気なく
見せても受け入れられる会場だと感じたのだろうか? 


               :::::::::::::::::::::::::::::::::

    韓国のファンも、日本のファンも全く同じような感覚の中にいた事が分かります。 
去年までのライブに感じた、初日のぎごちなさとは異なり、最初から、ツアーの
方向性、こんな風に曲を作り、ツアーはこうしていくと、自信を持って語って
いたのも新鮮でした。 去年と同じ人とは思えないほどに変わりました。内面で
吹っ切れたのか振り切ったのか? 

 So What に沢山の反応があって、私自身も驚きました。 語りを聞いている
と、So What が一番雄弁に、心境の変化を物語っているようです。そして
その変化が、私達にももたらされたようで、みんな、次の参加会場では叫ぶ気
満々です。 

 ............ 英語もるび ふったら覚えて一緒に歌えそうですか? 


この記事のURL | リダカード Artwork - Hyun Joong | Comment(4) | ▲ top
9月.... 秋が来た 
- 2018/09/01(Sat) -
* 限定メンバーの皆さま、↑の記事をご確認願います。ポチもお忘れなく!

2018_09_September_edited-1.jpg

 どんだけドラマが楽しみなんでしょう? 3か月連続で ジュンウシリーズに
なってしまいました。(ダブルクリックで壁紙サイズになります)

 午後に本を読みながら寝転がっていたら、雨がガラス窓を打つ音が.. 
秋を知らせる雨です。 もう、庭では一足先にコスモスが咲き、4鉢も
頑張って育てたトマトの苗に、もう青い実はついていません。今年初めて
トマトの苗に挑戦、素人なのにミニトマトじゃなくて、炒めると美味しい
イタリア品種を二種類、長細いタイプはカルシウム不足でなかなか苦労
しましたが、もう一つは丸くしっかり実りました。かすかに色ずき
やがてオレンジ色から真っ赤になるまで観察し、炒めてオムレツに
いれたり、夏の間、楽しめました。 来年はもう少し育てやすい品種も
いいかなと今から思いめぐらしています。 

 ツアーまで一カ月を切りましたが、頭の中ではジュンウが一人歩き
し始めました。 

 9月.. 一番好きなシーズンの始まりです♡o。.(✿。 ✿)

この記事のURL | リダカード Artwork - Hyun Joong | Comment(0) | ▲ top
ファンミレポ 雑感...
- 2018/08/22(Wed) -
20180822_W4Me.jpg

 Gallery に Wait for me アルバムのこの写真が、まるでお化粧品の
モデル写真と言っても十分通用するとあって、みんな思う事同じ^^ って思いました。
ゴルフ焼けする前に撮った写真ですね。 もう, このアルバムの MV も撮り
終えたってインスタにありましたね。 なんて大忙しなんでしょ💦 ソヒョン
さんがお姫さまみたいに可愛かったので楽しみ(^^♪ 

 こんな表情で、” Wait for Me "  ですか~~~~待たずにはいられません!

 
 いつ終わるともしれなかったファンミレポを読んで感じたのは、やはりヒョンジュン
君は頭がいいなって事... 韓国記事にあらかじめ紹介されていた、ドラマのストリーを
超える内容には決して入り込まずに、演技トークを深く語りました。MCにドラマ
撮影中のエピソードを聞かれても、ネタバレになりそうな話を避けるために、序盤
なのであまりないと、当たり障りない話をしただけに留めてました。 その代り、
役作りの話はたっぷり.........凄いなって思ったのは、” 平凡な中にある非凡さ、
非凡さは平凡の中にあり
 ” という発想です。これはインギョジンさんのお考えも
入っている感じでしたね。 キャラクター分析、一緒に語れる先輩ができて本当
に良かったです。 時間よ~~~止まれ! 指パチン! ではない、静かに心に
念じたら、そうなるのか? 興味がそそられるところにぎりぎりとどめたり、
ネタバレ満載のライブと違って、ドラマにきちんと責任を持ちながら、余裕ある
姿勢に、まさに <成熟>を感じることができました。
たった一言ですが、この
言葉、そしてちょっとキザな台詞もドラマだからありなんだと、だから台詞のやり取り
が面白いよって言葉で、一気に関心が高まりました。 彼が宣伝してほしいって
言ったのは、こういう事なんじゃないかなって思います。

 私は、こういう、半分冗談、悪口言いあっているようで、その会話自体を本人たち
が楽しんでいる、そんな会話がたっぷりなドラマ大好きです(^^♪ 日本のドラマには
ない残念な点であります。 

 ところで、ヒョンジュン君、🌸より男子で言った自分の台詞、もう正しく覚えて
いないみたいで残念💦  "흰천과 바람만 있으면 어디든 갈 수 있어” ってファンミ
では語っているようですが...ドラマでは違いますわよ~ヒョンジュン君!
出だしのところは

  하얀 천과 바람만 있여면  はやん ちょんが ぱらmまん いっすみょん

 が正確な台詞です。 

 희다     白い、肌が白いとか広い意味で白いと使えます。 

   でも

   하얗다  はやった の方は ”真っ白” というニュアンスを含みます

色については
韓国語はどの色も、広い意味(例えば茶色っぽいのも含む赤と、真っ赤に近い赤
とは別の表現、青、黄色.....ほぼそうです) 
 
 だから、白っぽい布 じゃなくて、真っ白な帆と、それがヨットのシンボルです
からね^^ 韓国ではヨットはあまりメジャースポーツじゃないのでしょうね。

だから、この台詞が恥ずかしい台詞になっているのは残念です。 ヨットを
遊びじゃなくて、スポーツとしてやってみれば、実感します。本当に、白い帆と
風さえあれば、どこにでも行けるって感覚は爽快そのものです。風の方向を
耳や頬に感じて疾走する感覚、一度味わってみたら、本当の意味で、恥ずかしい
台詞じゃなくなるはずです。 


この記事のURL | リダカード Artwork - Hyun Joong | Comment(0) | ▲ top
暑中お見舞いもうしあげます
- 2018/08/13(Mon) -
お知らせ:限定でのご報告は明日予定。PWが切り替わります。 本日確認できた方に
メールをお送りしております。


 20180813暑中見舞い

 ご心配おかけして申し訳ありませんでした。夏風邪からは何とか復帰致しました。
今頃な親知らずで💦 土曜日が祝日、個人歯科はほぼお盆休みなので、緊急治療受け
られる医療機関を探して、何とか痛み止めを頂くことができました。来週抜歯すれば
収まります。金曜日に行った歯医者さんの診断に納得できず、思い切って、土曜日
に出かけて良かったです。もうそれで汗かいたのが風邪に良かったのか???   

 そんな中、Gallery に一次サポート、コーヒートラック夜の部編8月5日の
レポと写真があがっていましたね。 このエピソードで遊んでみました。 

 Gallery : 
KHJ 連合サポートチーム二次コーヒーサポート後記

 追加の品物を届けようと(現場)に到着したら、私達のスター、キムヒョンジュン” 
さんは、夜の撮影予定だったのにもかかわらず、真昼間から撮影現場で待機して
いらっしゃったそうです。既にオレンジジュースをお出ししていたケータリング
トラックの社長さんのお話し.... 

 "  はあ? オレンジジですか? イチゴジュースじゃなくて? ” と社長さんにお話すると、

 イチゴジュースはメニューになかったという..(笑)


 ウリ、オッパはですね、イチゴジュースが好きなんですってと
ヒントお伝えして... (*  韓国ペンさん達は年上でもヒョンジュン君をオッパと
呼ぶ方もいます^^) 

 あの...... イチゴが街中のスタンドで、生絞りで出るのは5月頃じゃないかな?と..
今 飲めるイチゴジュースは、フレッシュイチゴじゃなくて、きっと冷凍..
それでも ジュースと言えば、イチゴなの? 何か、ショートケーキと言えば
イチゴしか浮かばない、普通なアジョシと似てないかしらん? ああ~どんどん
アジョシになって行く ヒョンジュン君💦  

 そんな訳で、カードだけでもイチゴジュースをいれてさしあげました^^
でもって、ぐ~んと若返らせて(^^♪ 我らが不思議君には、フレッシュ感が
必要よ ㅋㅋㅋ  と遊んでみました。

0805d.jpg 

 そして、Gallery レポにあったこの写真のシルエットの帽子姿の方、
 
 イチゴジュース大好き人間の方ですよね? ファンクラブの名前をチェック中~ 
漢字は確かお兄さんより早くに検定試験突破した実力者だから、読めましたよね? 

 私も言ってみたい、小さいお嬢さんが手紙に書いたみたいに...

   <   リダ、 日本語 読める ? > 
 
 子供だから使えるためぐちでした💦  


 最後に真面目に........ 沢山のお見舞いのお言葉を賜り、有難うございました! 

この記事のURL | リダカード Artwork - Hyun Joong | Comment(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ