FC2ブログ
Herald: 入隊前にソンムルを...新たな事実
- 2018/08/29(Wed) -

 もう判決が出るまで待とうと思いましたが、聞き捨てならない言葉を
twitter で見つけ、それがこの記事にあると知りました。戦慄した新たな
チェ氏の言葉.....

credit: 
Herald 

 現場ビュー: キムヒョンジュン側 <元交際相手、A氏、嘘の妊娠主張
 流産もない” 
(*当事者は出席なし、弁護士さんだけの参加)

A氏は2014年5月、キムヒョンジュンに暴行にあい、流産したとして
暴行致死および、傷害容疑で告訴したが、取り下げた。以後、16億ウオン台
の損害賠償請求訴訟を起こした。これに対し、キムヒョンジュンは、A氏が
偽りの主張で、巨額を要求したとして反訴した。 2016年に開かれた
一審では、法廷がキムヒョンジュンに軍配をあげ、A氏が不服として控訴
が続いている状態だ。

キムヒョンジュン代理人は、A氏が2014年5月に妊娠したという主張
自体を否定した。 A氏は、妊娠を認識した5月20日、産婦人科を訪問
したが、子袋が確認できないので、一週間後にもう一度来るように言われた。
キムヒョンジュンの代理人は、”A氏が産婦人科医に再度行った時期は
6月13日” であると語った。 そして、”当時、A氏は流産関連の治療を
受けてもいなかった。 流産に関する話もしていなかった。 何故、
” 5月27日に来なかったのかという医師の質問には ”生理のような
出血があった”と答えたという。 A氏は5月30日に、キムヒョンジュンに
腹部を殴られ、流産したと主張した。しかし、その後、腹部の治療を受けた
記録がない。 暴行(をうけたという)翌日、訪問した病院は整形外科
であった。 X線を撮影する前に、医師が妊娠の可能性を問うと、”してない”
と答えた。” と伝えた。 又、A氏は6月中旬、もう一度妊娠した事実を
確認したという。 産婦人科の専門家の所見によれば、流産した後、
一カ月もたたずに、又妊娠することは珍しい事だ” と付け加えた


 キムヒョンジュン側は、A氏が2015年5月メデイアインタビューを通じて
” キムヒョンジュンに暴行をうけ、流産した” と、虚偽の事実を
主張したので、名誉を棄損されたという立場である。 これに対し、
キムヒョンジュンの代理人は、” A氏がメデイアインタビューをする
前日、産婦人科を訪問し、2014年5月に自身が妊娠していたという
診断書を発給してほしいと要求した。しかし、当時病院では、妊娠確認
ができないので、診断書を出すことはできないと言った。 A氏が
暴行当時、自身の妊娠状態ではない事を認識していた可能性が十分に
あるという意味だ。 それでも、翌日、メデイアインタビューを
通じて ” キムヒョンジュンに暴行を受け、流産した ”と主張したとして
” 又、A氏がメデイアインタビューの前である、5月7日に 

 ” 入隊のプレゼント、たっぷり準備した  などど、云々して
嘘にもとずくインタビューを共謀した事実もある ” と付け加えた。

キムヒョンジュン代理人はA氏に対し、” 妊娠した事実がないのに
流産した事実はないも同然 ”として裁判部には、” 今回の事案は
被告の名誉と直結する。 真実は二つであるはずがない。前に一審で
当事者審問を通じて、真実が明確に明らかになった。 正義が
生きているという事を見せてほしい
 ” と訴えた。

一方、今回の損害賠償請求の判決公判は、来る10月10日に開かれる。
この結果は、キムヒョンジュンと、A氏の刑事訴訟判決にも影響を
及ぼす見通しである。 検察は、A氏をキムヒョンジュンに対する
詐欺未遂、および出版物などの名誉棄損容疑で起訴した。 前日(28日)
に開かれた、控訴審で、検察はA氏に懲役 1年4ヶ月を求刑した。
当時、直接法廷に立ったA氏は、” ここまで来た事について申し訳
ないと思う。自分が誤った部分に対しては、深く反省している。 
一人の子供の母として、これからもっと大きな人間になる” と
涙をみせた。 刑事訴訟の判決公判は10月18日に行われる。
 
                                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

民事訴訟の展開のほうが、事実関係がすっきり整理され、新たな
驚くべき発言も暴露され、迫力ある法廷ですね。 刑事訴訟のほうは
裁判長に、真実を知りたい、追及したいという熱意、あるいは社会を
よりよくするために、こうした事件に潜む嘘と真実を見極めようと
する責任感を感じることができません。 しかし、民事法廷では
弁護人の主張に、十分耳を傾けているので、こうした弁論ができる
のではないかと思います。 太平洋の弁護士さんは本当に尽力されて
いると思います。 民事訴訟には期待したいです。 

この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(11) | ▲ top
民事訴訟控訴審、最終弁論、判決は10月10日
- 2018/08/29(Wed) -
2018082912210767204_1.jpg

credit:  Starnews

   キムヒョンジュン vs 元交際相手、損害賠償控訴審 弁論終結、10月宣告(総合)

 二次妊娠かいなかが争点.. 厳しい立場の相違

 歌手兼俳優キム・ヒョンジュン(32)と元交際相手のA氏の損害賠償請求訴訟の控訴
審弁論が終結した。29日、ソウル高等裁判所第32民事部はA氏がキム・ヒョンジュン
を相手に起こした損害賠償請求訴訟の控訴審4回目の弁論期日で、両側の弁論を
終結し、来る10月10日に判決すると明らかにした

  同日、法廷には両者それぞれ2人の弁護人が出席してA氏とキム・ヒョンジュンの
立場を代弁した。 A氏側は事件の争点である2014年5月2回妊娠しているかどうか
を証明する具体的な根拠を提示し、”二次妊娠に見せかけ、おろしにいくなら
敢えて、産婦人科や病院に行く必要はなかった、自分の友達とキムヒョンジュン
に自然に話をもちだす事はできなかっただろう” と主張した(また、根拠なく屁理屈)

 又、キムヒョンジュンとかわした携帯でのやり取りの内容を公開しながら 
” 妊娠を根拠に、キムヒョンジュンにつきまとったという事は全く事実ではない。
3回にわたって流産し、またこれ以上中絶をすることもできない状況だった。
被告人(?) (キムヒョンジュン)も ”君らしく生きろ ” と言ったと思えば、
” 結婚しよう ” というなど、困惑させる反応を見せた” と語った。
(全然、反省の色なし。 刑事訴訟では涙の演技なのに)

 A氏側はキム・ヒョンジュン父親の介入でキム・ヒョンジュンとの関係が急速に
悪化したと主張した。A氏の弁護人は"被告の父親がA氏に'お前のために私の
息子の人生を駄目にして、中絶しろ"というなど、持続的に侮辱を与えたとして
疑心を抱かせた。

 "妊娠しているかどうかを確認するため、キム・ヒョンジュンが超音波検査室に入ろ
うとしたが、A氏が中に入れなかった"はキム・ヒョンジュン側の主張も事実と違うと
反論した。A氏の弁護人は"Aさんが、診療を受ける途中にキム・ヒョンジュンが
一方的に家に帰っておいて、A氏が入らないように阻止したと主張している

 キム・ヒョンジュン側はA氏の主張と相反する立場を固守した。A氏が最初に
妊娠をしていないのに、暴行による流産は事実ではないということ。
キム・ヒョンジュンの弁護人はA氏の証拠操作の可能性を指摘し、"原告(A氏)が
提示した資料は、暴行の有無と関連された資料にすぎない、妊娠しているか
どうかとは無関係な証拠だ"、"文字メッセージで'妊娠した'としたのは原告の
主張に過ぎず、2回目の妊娠の事実を裏付ける客観的証拠は存在しない"と反論した。

 キム・ヒョンジュンの弁護人はさらに、"妊娠しなかったために流産した事実もない"、
"A氏が産婦人科を尋ねたが、子袋が発見されず、再検査しなければならないと
いう診断を受け、その後、出血が生理血であることを確認したために産婦人科
に行かなかった。本人も妊娠がないことを知っていた"

 双方の立場が先鋭に分かれる中、裁判部は同日の弁論を終結してくる10月
10日午後2時
に判決することにした。

 キム・ヒョンジュンの弁護人は"今回の事件の判決が被告人名誉のため、
本当に重要だ"、"真実が二つであるはずはない。 一人は真実、一人は偽りを
言っている。証拠を見るとどちらが真実を言っているのかはっきりしている。
被告人の名誉回復と直結された事件であるほど、真実が明らかになって正義
が生きているということを見せてほしい
"
と裁判部に訴えた。A氏の弁護人も
"A氏が証拠を捏造したというのは、全く事実ではない” として、”原告が一部
嘘をついた事はあるが、だからと言って、被告人が我慢したというの事では
絶対ない。双方が嘘をついた部分がある” と主張した (*さてどこで?)

一方、A氏は今年2014年5月"キム・ヒョンジュンの暴行に遭って子供を流産した"、
キム・ヒョンジュンを相手に暴行致死事件と、傷害容疑で告訴状を突きつけたかと
おもいきや、取り下げた。以降16億ウォン台の損害賠償請求訴訟を提起し、
キム・ヒョンジュンも"A氏が流産、人工妊娠中絶をしたというデマに巨額を要求した"、
として、反訴を提起した。1審裁判部は"A氏がキム・ヒョンジュンに1億ウォンを
支払え"、として、キム・ヒョンジュンに軍配をあげた。
                
                  ::::::::::

 個人的な印象として、民事訴訟のほうが、かなり具体的な証拠があげられ、
(ヒョンジュン君がわですが)、何が争われているかも明確で分かり易いです。
弁護士さんの言葉にも熱意を感じます。 相手がわは相変わらず、証明しようの
ない場面を引き合いに出して、メデイアを翻弄する五分五分の争いに見せかけて
います。 何故、これだけハッキリした妊娠してないという客観的、医師の
診断書について、民事では語られ、刑事訴訟では争点にもあがらないのか? 
どうやって理解したらいいのか? です。 

 チェ氏がわも、お金がかかっている民事訴訟のほうに熱心なよう、韓国人
らしいです。 刑事訴訟は50万円の罰金で済ませられるかもしれないのに
民事で一億円では絶対終われないっていうところでしょうか?  
 
 *この記事についたコメント (telt****)

 チェ氏の行動は、米国なら養育権、親権、全て奪われ、鉄格子の中で
裁判をうけているはず
(在宅起訴なんて甘い対応ではなくて、拘束起訴される
という意味) 2014年 Disptach が先頭に立って、偽りのメデイアプレイを
し、6億ウオンを受け取り、その後、又虚偽の妊娠をしたといっては
近づき、搾り取ろうと、嘘の堕胎をもちだし、憂鬱症だなんだと言って
年末まで一緒にいてくれと、妊娠を企て、2週間後に妊娠を確認したと
巨額請求。 お金をやらないと、4週の超音波を出し、全ての状況を嘘いつわりの
メデイアプレイし、父親を名誉棄損、さらにお金を出さないと分かると
訴訟 詐欺の罪を犯す。 巨額を絞り上げた後にも、犯罪行為で接近し
妊娠に成功、十数億をせしめようとした、悪質な事件。 そのメデイアプレイ
を Dispatch が全面的にサポートした事件である。 

 簡潔に事件を説明しています。 Naver でこのコメントに Good !
を久々につけたい気分です。 

 しかし、二つの訴訟判決が日本でのツアー中💦 


この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(0) | ▲ top
韓国ブログで気晴らし
- 2018/08/29(Wed) -
 本日の民事訴訟公判は、時間不明ですが、午後という情報です。 
もやもやしながら、アルバが来そうにない一般人ブログで韓国人の本音を知りました。


20180829a.jpg

 Chanel A の画面から 

 過去の暴行に対する訴訟: キムヒョンジュンによって全治6週の傷害を
 被ったと主張


20180829b.jpg

 Channel A の風聞ショーで 

  字幕:判明したところでは、ジムの器具にぶつかったという陳述をした
  事実が明らかになった...


       ↓  こんな事しておいて、善処ですって? 
     人間一人の人生を台無しにしておいて、善処するなんて、
     あんまりじゃないの?


20180829c.jpg

 credit:  Naver blog (レゼリアの日常) 

 韓国 Gallery で紹介されていたブログです。そこでは単に記事をアップしていた
一般人のブログですが、上の画像が寄せられたり、記事に群がるアルバ集団コメとは
違っていました。 

 どんな事件なの? という質問もあり

 1・ キムヒョンジュンの元交際相手、常習的暴行事件なんだけど、元交際相手がわ
で証拠操作したのが全部ばれて、元交際相手が突然,  感性刺激作戦展開

 감성팔이 시전 とは  感性を刺激する素材を掲げて論理を覆い隠すこと。
            2.感性を刺激して人を扇動すること。または、その人。


 *  まさにその通りですね。 法廷でさえ、論理ではなく、感情を刺激すれば動く可能性
 があるとにらんでの お涙作戦、究極、<オンマ>に弱い韓国男子を攻める作戦 

 2.わ~レジェんドの闘い。キムヒョンジュンが当時、、前途蒼々なタレントだった
のに、元交際相手が自分を殴って肋骨折れたと大騒ぎ。 結局、キムヒョンジュンは
そのさなかでキャリアを全て自粛 (*かなり口にできない最悪な俗語表現とある
ので、ファンではない一般男性の発言だと思われます) ゴミ記事は約5年を超えて
ずっと争っている間に、キムヒョンジュンを犯人にしたてた。 結局、キムヒョンジュン
は無罪判決、あの女は謀議を図っている途中 (無罪になろうと企てている)

 3. 子供をつれて盾にして、一人のキャリア、人生を全て台無しに
しておいて、何? 一人の子供の母として善処? 

 4. 僕の旗手の前任がキムヒョンジュンと同期の訓練生生活をしてきたが
人柄がとてもいい子だと言っていたんだけど.. (軍隊の方か、軍隊にいらした方)


 5. この件は、正直.... 

殺人と全く同じじゃないの。 
様々な未来に分けてみても、万一、元交際相手、いや、その女が一年、証拠操作に
成功して勝ったとしてみよう。 キムヒョンジュンは本当に自殺したかもしれない。
何故かというと、その証拠操作が無念であること無論のこと、性暴行罪扱いなら
顔は既に知られているし、有名な芸能人だから、アルバイトもできず
他の仕事もできない。 

芸能界に復帰もできず、殺人と同じである。

善処、絶対してはならない。できるなら、できる限り最大の強力な処罰を
しなければならない。

2018.8.29. 08:51

↑ この内容、検事さんに最終弁論で言ってほしかったかも..........途中でダメだと
言われても、一番分かり易い、犯罪性の説明になると思います。



6.  他人の未来を台無しにしておいて、感情扇動作戦して、座り込みしているんだね。

その他、宇宙神故郷さんの6月の記事を参照してほしいとのコメもありました。
              
           大韓民国司法歴史に記録されるキムヒョンジュン事件

 今日の民事訴訟は、もっとましでありますように! 
 

この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(6) | ▲ top
韓国メデイア: 28日刑事訴訟最終弁論
- 2018/08/28(Tue) -
   刑事訴訟公審公判が今日、明日は民事ですが、どちらも早期に決着がつきそうな
感触です。 が、どうも刑事訴訟によい感触をもてません。 2014年最初の事件
を覆す証拠が沢山出てきても、何故か医師の診断書についてはスルーされている
ままです。チェ氏側は、結局のところ、泣き落とし戦術。弁護人の最終弁論を
読んでいると、韓国人の詭弁にうんざりです。 頭がおかしくなりそうな屁理屈。
一般人なら、間違った内容でも、当時体験したままに、それが他人の名誉を
著しく傷つける内容であっても、それが公共の電波にのっても、罪ではないという
詭弁を許していいものか? たまにはまともな裁判長、現れてほしいですが....

credit:  Star News

総合: キムヒョンジュン控訴審 検察 ”実刑求刑” vs A氏 ”善処”懇願

 歌手兼俳優 キムヒョンジュン(32)に対する詐欺未遂、出版物による名誉棄損
などの容疑で起訴された、元交際相手、A氏が一審と異なり、2審では実刑判決を受ける
だろうか?

 ソウル東部地方裁、第一刑事部は、28日A氏に対する控訴審2番目公判を開いた。
この日、現場では、A氏とA氏の弁護人2名が参席した。 裁判部は、弁論を終結し、
刑の宣告期日を、来る10月18日と決定した最中、検察はA氏の容疑に関する
原審と同じ求刑通りに宣告をしてほしいと明らかにした。 先だって、一審では
検察は、A氏に1年4ヶ月の実刑を求刑していた。


 A氏は2017年1月、詐欺未遂の容疑で在宅起訴された。A氏は2014年5月
KHJに暴行を受け、子供を流産したとして、KHJを相手に暴行致死、および
傷害容疑で起訴状を出しては、下げ、その後 16億ウオン代の損害賠償請求訴訟も
起こしたが、KHJ がこれに ”A氏が流産、堕胎をしたという虚偽に基ずき、巨額
の請求をした” として、A氏に反訴した。

 結局、法廷は2016年、損害賠償訴訟一審で、KHJ に軍配をあげ、”A氏がKHJ に
1億ウオンを支払う” という判決を下した。 A氏は一審判決に不服としたが、
A氏が詐欺未遂容疑で起訴されたため、新しい局面を迎え、事件を引き継ぎした
ソウル東部地方裁 (刑事訴訟)は、一審で罰刑、および無罪を宣告した。 
結果、検察は、これに控訴状を提出した。

 その後、去る7月控訴審 初公判では、検察は一審でA氏が詐欺未遂容疑に対して
罰金刑を受けた事に関し、” 刑が軽い。 ”と主張、一審で出版物による名誉棄損容疑
が無罪判決を受けた事に対しても、” 事実誤認などの問題があり得る” と明らかに
した。 一方、A氏側の弁護人は ”検察の控訴を却下してほしい” と要求した。

 この日(28日)公判でも、検察とA氏に、変わらぬ立場の違いが見えた。検察は
追加で証拠部分を資料として提出しようとしたが、裁判部は、これを受け入れなかった。
すると、検察は ” この事件は、そもそも民事で始まった。 それから、聞くところ
では、29日に民事訴訟事件が終結されるという話も聞いた。” として、これ以降
民事訴訟の宣告、判決文を証拠資料として提出する” と語った。 これに、裁判部は
” 民事訴訟に提出された証拠と、刑事訴訟に提出された証拠が異なることもある。
従って、一審結果も違って出たのではないだろうか” と回答し、” 民事訴訟の
判決が先になされたら、判決文は、提出してもよい ” と検察の要請を受け入れた。

 以後、最終弁論で、検察は ”原審の時、休憩した時と同じ(量刑)を下して
ほしいと明らかにした。

 これに、A氏の弁護人は、最終陳述で、 ” 検察と告訴人側で、2次妊娠と暴行に
よる流産が全くなかったと主張するが、我々は客観的資料を通じて被告人が
どんな意識をもっているのかに関し、説明している。 被告人の証拠捜査意図は
決してないことが明らかである” とした。 ” A氏の(某記者との)インタビュー
内容は、当時 経験した事をありのままに陳述したのであり、誹謗が目的ではない
という点を明らかにし、A氏は現在、一人で幼い子供を養育しているという部分
も考慮してほしい” と善処を願った。

 最後に、A氏は最終弁論で、”ここまで来た事について、申しわけないと思います”
として、” 間違った部分については、深く反省しており、一人の子供の母として、
より大きな人間になるようにします”と伝えた。 A氏は最終弁論をしながら、
泣きそうな姿を見せた。


 果たして、法廷がA氏とキムヒョンジュン、どちらの手をあげるだろうか、
注目される。

この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(4) | ▲ top
韓国 OBS 週間芸能 にイジェマン弁護士さん登場
- 2018/07/23(Mon) -
 今日は地獄の暑さでした。 空気がかげろうのように揺らいでいるのか
自分が揺らいでいるのか💦  そんな日に、久々にイジェマン弁護士さんが
メデイアでヒョンジュン君の事件について語って下さり、少し暑さが和らいだ
感じです。 

credit: 
OBS 

【週間芸能法廷⑤]キム・ヒョンジュン、元交際相手、詐欺未遂・名誉毀損の容疑
 厳罰意見書提出

[OBS独特芸能ニュース チョヨンス記者] 歌手兼俳優キム・ヒョンジュンが
元交際相手を厳しく処罰してほしいという意見書を裁判所に提出した。

OBSのユニークな芸能ニュース」(演出ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・
ギムヒョンソン)が一週間芸能界を熱くした事件事故を「週刊芸能法廷」を
通じて法曹界の目線で診断した。

キム・ヒョンジュンの元交際相手は過去のキム・ヒョンジュンの子供を妊娠したとだまし、
巨額を得ようとした詐欺未遂の疑いと記者たちに虚偽の事実を提供した出版物に
対する名誉毀損の疑いで裁判に持ち込まれた。

以後、今年3月、判決が下されたが、検察はこれを不服として控訴した。

イジェマン弁護士: ”3月の公判では、詐欺未遂罪が認められたが、罰金500万ウオン
、その罪状に比べてあまりに刑罰が軽い、又、名誉棄損罪の場合も、明らかに有罪だと
判断するが、無罪判決が出たために、検察が控訴をしたもの”と説明した。

又、少し前に開かれた控訴審では、検察は ” 妊娠と流産の事実はないにも
拘わらず、メデイアのインタビューを通じて、キムヒョンジュン氏の名誉を
棄損した点 ” などをあげて、元交際相手の強力な処罰を要求した。

さらに、元交際相手が受けている容疑の一つである、版物による
名誉棄損を、一般名誉棄損への変更を要請した (検察) 


イジェマン弁護士は ” 出版物による名誉棄損は、誹謗の目的であると
いう構成要件を証明してこそ有罪が宣告される
。 一般名誉棄損罪は
誹謗の目的を証明する必要がないために、公訴状を変更したという事は
必ずや、名誉棄損罪について、有罪判決の宣告を受けるよう、検察の
意志の反映である
 ”
 と伝えた。

その一方で、キムヒョンジュンは、” 元交際相手を厳重に罰して
ほしい” という意見書を裁判部に提出した。

イジェマン弁護士は ” 被害者が厳しく処罰してほしいという意見書を
提出すれば、当然、判決に影響を及ぼす。 従って、量刑に不利な要素
として作用するため(被告人がわに不利な)重く罰することができる
 ” 

と語った。

                :::::::::

オリジナルのニュース(OBS)には映像があったので、聞いてみましたが、
イジェマン弁護士さんの言葉は全て、網羅されています。 

イジェマン弁護士さん、お顔がかなりお疲れのようで心配になりました。
ソウルも猛暑更新中なので...暑さ負け位ならいいのですが、ずっとお心に
かけていて下さり、ヒョンジュン君が俳優として復帰を目指す場面でこの
発言、とても有難いです。 一審判決に、ある意味、物申すな訳ですから
かなり勇気がいる発言だと思います。 地方大学出身なので、なにかと
学閥、ウリキリ(我々だけ)のネットワーク社会の韓国では、どんなに
優秀で、正義感のある弁護士であっても、力はないと見られるなんて
厳しいなあと......太平洋に弁護が変わる時に、韓国ペンさんから伺い、
ひしひしと感じたことを思い出しました。  

ヒョンジュン君も、スターの身の上で、女性に厳罰をのぞむなんて
公表されたら、決してプラスのイメージは韓国ではもってもらえないと
思いますが、そうしたリスクを負っても、罰してもらいたいと思っている
決意を表してくれた訳です。 これも、とても勇気がいると思います。 
 
なんとなく.... みんなが口にしないだけで、チェ氏の裁判費用どこが
出しているのか、分かっているのかもしれない.... そんな気がしてきました。 


この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(3) | ▲ top
| メイン | 次ページ