FC2ブログ
韓国ブログから: KHJ 事件で指摘しておきたいこと
- 2018/11/08(Thu) -

 ヒョンジュンさんの事件に深い関心を寄せて下さる方が多くいらして、有難いです。
今日は下記の韓国ブログ記事(ファンではなくて、一般人か文筆業の方かも)
をご紹介して下さいました。私達が関心を持っている処と共通する点をずばり
指摘しています
。宇宙神故郷さんと同じく、翻訳機貼り付けはできない設定の
ブログなので、全て手打ち翻訳であることをご了承願います。 
( ) 内は、私の補足説明になります。

credit:
アンニョン・トッケビ

 < キムヒョンジュン・スキャンダルでいくつか指摘しておきたいこと> 

 今日はまたキムヒョンジュンのスキャンダルについて、又少しだけ。 正直
ハリウッドなら、” 話しの種にもならないスキャンダルなのに、ひところ
大韓民国では、仰々しく大きなパワーをひけらかした。 そのパワーがどの程度
だったかというと、パク・クネ・チェ・スンシル 国政壟断とセオル号惨事まで
さっと全て覆い隠してしまったほどだった。(この件については、この記事カテゴリー
で国家情報院とセオル号と KHJ
 事件の関連疑惑について、韓国各種サイトの記事を 
ご紹介したことがありますので、ご記憶かと) 何故か? 知っていながらも
クネ(前大統領のこと)オンニが生き残るためには、捏造専門メデイアとチラシ
( * 韓国で意図的に噂やデマを流したい時に使われる、証券界のちらしのこと) 
が必要だったからだ。 そのメデイアが事件をより大きくし、キムヒョンジュン
を化け物にしたて、被害者を加害者に、加害者は被害者に仕立てあげたから。

 何故だって? 資本主義では、権力とお金に気が狂った浅はかなメデイアで
あるほど、真実や事実、人権よりも、怪物と煽情的なニュースが必要だから。。
それがなければ? 何としても捏造しなければならない。 そこで、さらに
見ものだったのは、イルベという(荒らしの寄り集まりみたいに悪口、噂がかかれる
ポータルサイト ... 日本なら2チャンネルみたいな?)ゴミ記事のたまり場で
パロデイまで作り、インターネットで、幾重にも寄せれば正体が分からなくなる
コメント部隊まで、毎回登場して、世間に魔女狩りで貢献したという事実。 
このように他人の不幸と無念を食い物にして生きている人間たちこそ、本当の
化け物だ。 あ~ 水車のような大統領 (水で薄めるのが得意なという皮肉?) 
とその偉大な大統領様を、その匂いで一杯にした、偉大な舌先三寸で舐めたホットグ
の悪口を言ったとばれてしまったら..............  Sorry (笑) 
 
 
*証券界のチラシ: 財閥とか、誰かを突き落とすためにあること、ないこと
捏造ネタをネットに書かせるもので、ドラマにも出てきます。最初、8月にこの
事件が勃発した時、韓国ぺんさんが教えてくれたのも、経済面で、この噂は
何が目的なんだろうと、事件疑惑そのものは信じていない内容の記事でした。 
芸能記者ではない、経済記者たちは、ばら撒かれた内容を信じていなかったという
事実です。私が次々にチェが繰り出してくる内容より、背景に常に視線が行って
いた理由です。 最初から仕掛けられた事件..

  ならば、キムヒョンジュン・スキャンダルでいくつか指摘しておきたい状況
について言及してみることにする (ここからが本論です) ↓ 
この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(16) | ▲ top
Dispatch ・ TV Report コネクション 
- 2018/11/01(Thu) -
 民事訴訟では一審、二審とヒョンジュンさんが勝訴し、刑事訴訟でもはなはだ
欠陥だらけの判決であっても、チェ氏には有罪判決が出ました にもかかわらず、
韓国では、その事実を報道するよりも、チェ氏の嘘がばれたことが伏せられた
ような、最初の主張のままに記事をかいたり、放送したり、そんな状況が
続いていると、韓国ペンさんに伺いました。

(刑事訴訟が子育て中であるというお目こぼしで、罰金ですんだことに気をよく
したらしいチェ氏が民事も上告したようですが.. 最高裁で直接とりあげるとは思えず
棄却、ないしはよくて差し戻し...と思われます)

 それはどこのメデイアなのか? という事が気にかかっていたら、やはり
宇宙神故郷さんが分析していました。 しかし、これだけ裁判の明らかな結果
が出ても悪質報道されている事にたいして、会社側の対処はなし? 何故なん
でしょうね? 今が一番重要な時期のはずなのに.....................................???
放置されたまま.... 韓国では全く認知度がない俳優さんの広報宣伝に熱が
こもっているかのよう....(当事者の方に個人的偏見はもっておりません)

            :::::::::

 credit:  우주신HJ고향별   
Section TVが意図的にKHJ事件を誤報する方法
 

  MBC セクションTV が最近おかしな方法で、キムヒョンジュンの事件をミスリー
デイングな報道をしているが、セクションTVパネルにDispatch 姉妹関係にある、
TV Report のキム・ジヒョン記者がいるので、Dispatch コネクションを疑う記事を
アップした事があった。 
こちら
 
 だからなのか、今日(10月30日)セクションTV画面に TV E Daily の
キム・ジヒョン記者だとしていたが、数年前に移籍したと知られており、現在
TV Report 記者として活動しているおり、一昨日も記者を書いていた。何故、
Dispatch コネクションを隠そうとするのか分からない。

↓ キム・ジヒョン記者 ( TV Report 記者ですね。ネットにも2日前の記事の
リンクが示されています。 テレビに出た時に他の会社名を偽っているという事


Section TV記者



 ともかく、今日セクションTVの <熱い人達> の内容も、あまりに悪意的であり、
この放送を見て、悪質コメントをつけたくなるネチズンを非難することはできないほどだ。 

 一旦 2014年にチェ氏がDispatch を後ろ盾にして、暴行偽造のメデイアプレイを
繰り広げ、6億ウオンを裏でせしめた事実は、さすがに言及していない。いつの間にか
2014年、 Dispatch 暴行事件報道は、なかった事のようになってしまった。 
芸能人相手に代理運転しているチェ氏の私生活が、民事裁判所で現れ、暴行事件
だけでなく、Dispatch を通じて 2015年、チェ氏が主張した私生活の内容も
偽りであったという事も、勿論言及していなかった。 
 
 *長いのでたたみます。 ↓ Continued をクリックして進んでください。
この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(12) | ▲ top
Herald POP KHJ の人生が失敗したことになってはならない
- 2018/10/31(Wed) -
restmb_jhidxmake.jpg

 セクションTVの報道で、意外な事実が浮上し、そちらを翻訳したいのですが、
Herald が好意的な記事を書いてくれているので、まずはそちらを訳します

[
POP영상] キムヒョンジュン、制作発表会で子供に関する質問まで、受難の連続

 決して簡単な復帰ではなかった。 過去4年間の間、大きな事件の連続だった
キムヒョンジュンだった。 元交際相手との継続した法廷闘争でも足りず、
飲酒運転まで。こんなキムヒョンジュンが4年ぶりに大衆の前に又姿を
表した。

 KBS W ドラマ、”時間が止まるその時”で復帰するキムヒョンジュンの顔は
こわばっていた。 多少無理にしか思えなかったカムバックのニュースに
ネチズンの反応も、あまり好意的ではなかった。取材記者たちの差すような
鋭く、厳しい質問も、キムヒョンジュンは、落ち着いていた。父親になった
彼に、息子に関する質問まで続いたが、キムヒョンジュンは、” 正直に
申し上げようと思います ” として、” 現在、子供に逢うことができない
立場 ” である事を明らかにした。

 しかし、” 今 どんな言葉であっても子供には傷になると思うので、言葉
は控えたい ” というキムヒョンジュンの答えに、現場の空気はより
重くなった。既に、現場に来る前から、キムヒョンジュンは、既にこのような
状況を予想していたようだ。いずれにせよ、一度は通り抜けなければならない
事であった。 しかし、
これまでの事で、キムヒョンジュンの人生が失敗
した人生になってはならない。


 制作発表会現場の外では、キムヒョンジュンを応援する多くの国内、海外の
ファンが共にしていたからだ。 ” 人間らしく生きていきたい ” 
制作発表会が始まる前に、キムヒョンジュンが様々な論争に対して、謝罪を
述べつつ、語った言葉だ。 キムヒョンジュンが、再び、花道を歩きながら
視聴者の心を溶かすことができるか
帰趨が注目される。

               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   ちなみに、私の知り合いの韓国人ファンさんによれば、現場には米花輪のスタンドが
溢れ、ファンの存在を知らしめるには十分だったし、ヒョンジュンさんは心強かったと
思うと... ただし、記者会見については、通常ではあり得ない、ドラマに関係ない
質問は、制限されるし、それをきちんと果たす人が会見現場にはいるものなのに、そう
いう人はいなかったそうです。子供まで... 普通ならそこで関連質問だけ、受けますと
ストップがかかるそうです。 当然 !..   でも逆にそこで正直に、現在の立場を語れた
なので、普通の精神の持ち主には、何故だろう? 何か変だという疑問も浮かんだと
思います。 

 ヒョンジュンさんが、現場で語った、除隊して再び戻ってきた世間は、想像していた
ものとは違っていて驚いた.
...私は、これはある意味、メデイアに対する皮肉だったと
受け止めました。事実が次々明らかになり、嘘をつかれた部分が
全く証拠なしの主張に過ぎなかったことが民事訴訟一審で明らかになったはずなのに...
世間の認識が変わらなかった... その原因を作ったのがまさに目の前にいる記者たちだ

 そこに込められた非難の意味が分かった記者はどれだけいたのか? と思います。
少なくとも、この Herald の記者は行き過ぎた記者の質問に辟易していたし、
それでも立派に対応したヒョンジュンさんを評価したからこそ、こうした記事を
書いてくれるのだと思います。 Dや TV  Report のブラックコネクションには
属していないから...   
次の記事で、そのブラックコネクションが、今どのように
歪曲報道しているか、分析している記事をご紹介する予定です。 
 


この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(4) | ▲ top
「翻訳」キムヒョンジュンとチョンヨンファに向けられた魔女狩り
- 2018/10/11(Thu) -
 
キムヒョンジュンとチョンヨンファに向けられた魔女狩り、
(無罪)証明されても大衆は謝罪しない 

 韓国の風の旅人という大衆評論家のブログ Free Mouth Paper に掲載された
記事です。韓国では2次(高等裁判所)で結審した事で、チェ氏が訴えた
全ての容疑が疑問の挟む余地なく、証拠なし!という事実が確定しました。
社会面でも掲載され、KBS や他の総合ニュースでも報道されたようです。 
しかしながら、大衆の反応はどうだったのか? という点にフォーカスして
取り上げています。 ここでは<大衆>という言葉になっていますが、現実
には、<メデイアと大衆>と置き換えられると思います。実際、KHJ事件は
メデイアが先頭にたって大衆を魔女狩りに導いていった事件だからです。

            :::::::::::

 芸能人に向けられた非難は、”非難のための非難”である事が多い。特にインター
ネットが発達し、無分別に利用されるようになった、この時代ならではの話である。
大衆は(事実の)検証をしようとしない。彼等は、すぐに非難できる材料を
探すのを楽しむ。 
 
 過去、ネットが普及しておらず、特別なケースでのみ利用された時は、社会は
ここまでではなかった。 少くなくとも、ある程度の事実を検証してみようと
する努力があったが、現在の世相は、検証過程を拒否する段階にまで至って
いる。 

2018101101000743100058062.jpg 

 このような(社会の)姿は、ただ芸能界にのみ広がった現象ではなく、社会
と文化、そして政治にまで深く浸透し、大衆は自ら、未開の洞窟に入り込んだ
状態でもある。 

   なにごとか、論争がおこれば、わっと沸き立つが、10日も経てば忘れる
記憶喪失症の大衆。 論争があれば、まずは両者の話を聞いてみなければという
のが基本であるのに、片方が何か発言する度に、わっと群がり、非難を浴びせる
ことしかしない姿は、未成熟を通り越し、未開発であると言うしかない。

 キムヒョンジュンの事件は、善悪を判断する最も重要な立ち位置にいたのが
大衆であったが、大衆は中立の立場というよりは、無分別な攻撃者に成り下がり、
非難だけを浴びせる選択をし、攻撃した。

   
当時、キムヒョンジュンの事件は、鋭敏な事件であり、時間がかかるもので
あった。 鋭い対立をみせる点があり、一方に有利な事件ではなかったのに
大衆は、片方に偏より、キムヒョンジュンを攻撃するのに忙しかった。

 過程は考えず、事件の終わりに見えている影一つだけを根拠に攻撃する
パターンに、キムヒョンジュンは一方的に罪人になってしまった。 

 大衆が中立的立場で俯瞰する時間をもっていれば、このように事件が大きくは
ならなかっただろう。 キムヒョンジュン事件は、嘘がふくれあがるだけ
膨れ上がって、さらに大きな傷を残した。


 チョンヨンファもある点で似ている。 不正入学の件がもちあがるや否や
のっぴきならないところまで追い詰め、どんな選択もできない段階に至らしめた。
結局、チョンヨンファは謝罪し、入隊して一段落したが、大きな傷が残った。

 チョンヨンファ論争で大部分のミスを犯したのは、学園と関係者であった。
不正な学士課程を作って募集し、望んでもいなかった過大な配慮をすることで
チョンヨンファは奈落に落ちるしかなかった。 用意されていた罠に
落ちたのが真実というのが、彼の立場であったが、反論はできず、謝罪する
しかなかった。
 
 キムヒョンジュンは、最近2審まで来て、”暴行流産” について無罪の宣告
を受けた(*これ非常に重要です。無嫌疑では、容疑を立証する十分な
証拠がないので、罪を問う事はできないという意味ですが、無罪は、完璧に
全く罪が認められない !
という事ですので、大きな差があります)

そして、流産をしたと側には、キムヒョンジュンに対する名誉棄損で
損害賠償の宣告が下った。 大衆が非難した側が無罪になったのだ。

 キムヒョンジュンと同じく、チョンヨンファの不正入学はなかったという
結論が出た。罪が認められたのは、学園関係者であり、チョンヨンファでは
なかった。 


2018101101000743100058063.jpg 
 
 この二つの論争にあって、大衆に共通しているのは、芸能人である、キムヒョンジュン
とチョンヨンファに一方的にリンチを加えたという事である。相手の過ちの可能性
を一切考えもせず、完全に彼等(KHJ とチョンヨンファ)が過ちをおかしたと
追い詰め、結論が出ても大衆は謝る姿を見せなかった。 代りに、結論が出た
ので、その相手を非難するばかりだ。
 
 すなわち、自分自身は身をひき、論争の当事者、片一方が悪かったという以外には
問題はなかったという認識水準であるという事だ。
 
 大衆が正しい認識であるなら、このような反応(非難する相手を変えただけ)を
するのではなく、” 自分が考え違いをしていた。一方の話だけを信じて非難して
申しわけない” というような反応があるべきだと思うが、そのような反応は
見当たらないといっていい。

 芸能人が間違ったというなら、非難と叱責を受けて当然ではあるが、そうで
なかったのに、魔女狩りにあってしまうのは正しいことではないので、大衆の
意識の向上が必要である。 

 𠮟咤するにも基準がなければならない。軽犯罪を犯しただけなのに、重罪を
おかしたような扱いを受けるのは正しくないので、大衆の意識変化が求められる。
 
 魔女狩りではない、通常の非難をする大衆をみるのは難しいことなのだろうか? 
いや、それでも見てみたい。 成熟した大衆の姿を..................
 
                                                 ::::::::::::::::::::::::::::::::

   これを読んだ感想ですが、シンシアリーさんなら、一言で、韓国人は
決して自分が間違っているとは思わない。間違っているのは、常に自分以外の
他者であるからだ と書くと思います。だから、撮影スタッフさんも最終的
にはヒョンジュン君の人間性を認めるに至りましたが、自分が間違っていた
という言葉が出なかったのだと思います。真実は重要ではなかったと書く事で、
どんなにファンが傷つくかには思い至らないようです。

 私も、これを読んで感じたのは、TOPIK 韓国語能力試験の54番の長文の
模範回答みたいやわ~~~~💦 という事です。理想論に過ぎません。

 大衆といいますが、一番の犯罪的行為は、あくまで国営放送KBSを始めと
する3大地上波に、メデイアが一切検証をおこなわず、
 Dispatch 、TV Report 、
SBS fun といった最初から悪意をもって扇動したメデイア記事をコピペして
拡散報道したからであり、大衆はそれを信じたという事が事実。 

 
メデイアが悪質であると言うのは、今は世界的現象かもしれません。
スピードが命のネットメデイア報道が発達した結果、検証にかける時間が
ないとの理由で、一方的主張が通りやすくなっています。だから、悪意が
あれば、巧みに世論操作も簡単にできるし、事実を報道しない権利でも
もっているかのような媒体も存在します。 

 ノーベル科学賞受賞者の先生がおっしゃったように、全てを疑ってかかる
自分の頭で事実を突き合わせて考えるしかないと思います。それでも
良心を持ち合わせているなら、こういう事件展開と、結果がでても何とも
思わないという事にはならないでしょう。 
 
 何を言いたいかというと、どんなに裁判所がキムヒョンジュンの無罪を
証明してくれても、傷は残るという事です。キムヒョンジュンに誤解して
いて、申しわけなかったと思う人は多くないという事。おそらく、もめ事
を起こしたこと自体が悪いとか、言い繕う事で、自分の軽率さには目
をつぶるのが普通。 そういう意味で、スタッフさんの投稿は、典型的な
韓国人のものの考え方を赤裸々に示してくれていると思われます。勿論
そんな人ばかりではないでしょうが、多くはその傾向にあるという事....


 よほどの逆転劇とか、今後何か大きな起爆剤となるものがきっと
必要であり、そうした運をもっているのかもしれません。
 
 目が離せないナムジャ ... キムヒョンジュン 

 再び、お高いナムジャに戻れるように(笑)見守っていきます。 

 
この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(8) | ▲ top
OBS 週間芸能法廷 : 訴訟 4年間の闘い、ついに決着か?
- 2018/09/04(Tue) -
 Cable TV 総合の OBS が事件には直接かかわっていない弁護士(女性)に
民事、刑事訴訟について、今後の展開について取材したのが記事になって
います。

まず 民事 


credit:  OBS 

[週刊 芸能法廷③]キムヒョンジュン vs 元交際相手、4年の法廷闘争ついに終わるか?

OBS、独特の芸能ニュースチョヨンス記者]歌手兼俳優キム・ヒョンジュン
と元交際相手の崔氏が依然として対立している。

OBS'独特な芸能ニュース'(企画・演出・監修ユンギョンチョル、作家、朴銀瓊
(パク・ウンギョン)・キムヒョンソン)が一週間にわたって芸能界を熱く盛り上げた
事件・事故を'週間芸能法廷'を通じて法曹人の視線で診断した。

先月29日、崔氏がキム・ヒョンジュンを相手に提起した16億ウォン台の損害賠償
控訴審公判の弁論期日だった。 

同日、核心争点に浮上したのは2014年5月にあった2次妊娠が実際にあったか
どうかで崔氏側は当時、キム・ヒョンジュンの暴行で子供を流産したという主張を
曲げておらず、キム
・ヒョンジュン側は妊娠したこと自体がなかったために
流産もあり得ないことだと対抗した。

キムジイェ弁護士 (*OBS で登場させている弁護士では、どちらの弁護人でも
ない方です9 は"2回目の妊娠は'妊娠したが、キム・ヒョンジュンさんの暴行によって
流産になった'、これが骨子だ。このような内容自体がキム・ヒョンジュンさんは
とても名誉毀損的な行為とみなし、この部分について刑事告訴をしたのだ。

そのために刑事責任の有無も本当に暴行を受けて流産をしたかどうか
かかっている"と説明した。 (現法廷では違う視点ですね。詐欺が意図的に
行われたか否か?に集中しているような💦)

(*↑ ここ変です。 チェ氏がこれを軍警察に訴え、全て虚偽で却下されました。
除隊後、チェ氏が控訴した刑事訴訟は民間の法廷にうつりましたが、取り調べた結果
検察はキム・ヒョンジュンは無罪とし、不起訴。検察はチェ氏の刑事告訴を
認めなかったので、訴訟に至っておりません。 チェ氏側はさすがに
最高裁までの上訴は断念したので、チェ氏が訴えた刑事告訴は、検察側の棄却で
終結。法廷には行きませんでした。キムヒョンジュン全面勝利です。)

さらに、"ところでこの二人の立場が完全に違う。キム・ヒョンジュンさんの場合、
'初めから妊娠をしたことがなかった'と主張をしているため、実際に妊娠していたのか?
から事実判断をしなければならない状況だ"と付け加えた。

(民事) 1審裁判部は崔氏の主張に証拠がなく、事実でない内容で、キム・ヒョンジュン
を名誉を毀損させた部分が認められるとし、
キム・ヒョンジュンに1億ウォンに
損害賠償金を支払うよう判決を下した。

キムジイェ弁護士は"1審判決でキム・ヒョンジュンさんの、元交際相手が主張する
数回の妊娠と中絶の過程について、ある程度、証拠調査が十分になされたものとみられる。

すると、元交際相手女性の立場では、実際に妊娠があったとか、それがキム・ヒョンジュンさん
の暴行によって流産になったかどうかを立証するのがちょっと困難になり、本人がある
程度、嘘をついた部分も認めざるを得ないかと思っている"
と伝えた。

また、キムジイェ弁護士は、"控訴審のような場合には事実判断するには、新しい証拠が
出ない限り、1審裁判所の判断が完全に覆されるケースは極めてまれなほうだ。
両当事者が控訴審でどんな証拠を出したのかを具体的に確認してみるべきだろうが、
1審判決がそのまま維持される確率が高そうだ"、判決結果が変わらないだろうと
予測した。

(映像=OBS'独特な芸能ニュース'、編集=イムチョンソクPD、作家=朴慧園・場所で

つーさんが動画のほうに字幕を付けてくださいました。 

20180903 OBS '독특한 연예뉴스 日本語字幕

 画面上でフォーカスがかかっている女性は、民事でチェ氏がわの証人に
たった大学時代の同級生の女性だと思われます。チェ氏ではないです。
(一審の時の)いまだに、ジムにぶつけたと明らかになっているのに
傷の写真をもってくるなんて💦

* その他、刑事訴訟にも触れていますが、刑事訴訟の結果が普通は民事に大きな
影響を与えると一般論を述べていますが、ヒョンジュン君の場合、現在の裁判長は
それとは別に進めるという見解を示していましたし、民事のほうが先に結審する
予定です。 

又、子供を育てているという事実が量刑に影響すると、この弁護士さんは語って
いますが... 刑事訴訟では反省していると涙しながら、民事では依然として、
妊娠してなかった時期の流産を主張し続けていますが.... どうでしょう? かつ
私的見解ではありますが、嘘で、父親から大金を巻き上げようと詐欺を働いた
女性が、全うな道徳観、倫理をもって子供を育てられるか疑問ですが。 親権
を女性だからという理由でもち、それを盾にしているだけなのに、それでも
韓国の司法は、情けに流れるのか? それが社会にどんな影響をもたらすのか
広い視野で見てほしいのですが..............  

 
この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ