FC2ブログ
今日の散歩ー半島の歴史25 命を奪った?② 三一運動
- 2019/10/02(Wed) -
   繰り返しますが、韓国が再び国際的にプロパガンダを展開し、日本をナチスと同等に
位置ずける宣伝をしていることは座視できません。単に旭日旗、旗の問題ではありません。

 実際のところ,米国リベラルの急先鋒、NY Times は朝日新聞英語版が発信する単語(Sex
Slave
性奴隷、Forced labor 強制労働)をそのまま使って、反日記事を書いています。
旭日旗をナチスの鈎十字ハーケンクロイツと同じだという流れになってしまいます。 

 日本語でヤフー記事に正しいコメントを書くことも大切だと思うようになりました。 

 日本国内にも沢山いる、怪しい人達にちゃんと物申していくのも大事かと...

 
  本論 - 併合時代の7奪に反論する、命なんて奪っていなかった編

 三一運動に関する弾圧の歪曲史も (松本國俊氏の日韓併合が韓国を救ったから)

 統合から9年後の2019年3月一日におきた民族独立運動、三一運動でも、
日本は残虐な手段で弾圧、拷問、虐殺したと韓国は主張し、日本の教科書
にもそのように書いてある。 

 「三一運動弾圧」は日韓近代史の大きなテーマとなっているため、歴史の歪曲を指摘し、
きっちりと反論しておきたい。

 三一運動とは、第一次大戦後、米国のウイルソン大統領が打ち出した民族自決思想に
刺激された在日朝鮮人留学生が1919年(大正8年)二月、東京で決起集会を開き、独立
要求書を日本政府に提出しようとしたのが始まり。

 特筆すべきは、第一次大戦後、パリ講和会議で日本は国際連盟の規約に「人種差別
撤回」を盛り込むことを提案したが、それを拒否したのが議長を務めたウイルソン
大統領だった。彼は人種差別主義者で、彼が唱えた民族自決は「白人の民族独立」だった
のだが、朝鮮人留学生は有色人種も対象であると考え、独立要求書を出そうとした。

 この動きが朝鮮半島に伝わり、ソウルのバゴダ公園に宗教家が集まり独立宣言が読み
上げられ、街頭で万歳デモが行われた。当初は非暴力、無抵抗主義を標榜していたの
だが、商人、労働者が加わると様相が一変、全国的暴動に発展し、朝鮮全土で暴徒に
よる破壊、放火、殺人、略奪が行われた。 

 しかし、韓国ではこれをすべて日本の憲兵、警察がやったと教えている。しかし、
「親日派のための弁明2」扶桑社の著者、金完燮(キム・ウワンソプ)は、このように
反論している。

 “ 学校の教科書では、(日本に関連した他の部分も同じだが)事実を概して糊塗し、
捏造している。まるで平和なデモをしていた朝鮮人たちを日本軍警察が無差別に虐殺
したかのように述べている。 もし、日本軍がそのように対応したとしたら、万歳デモ
は初期に鎮圧され、拡散さえしなかっただろう。当時の日本軍警察は、平和的なデモに
対してはデモ隊を保護し、殺人、破壊を行う暴徒や鎮圧軍警察を攻撃するデモ隊にのみ
治安維持と正当防衛の次元で武力を行使したのである。”

 ” 提岩里事件についても{全住民を教会に集めて虐殺した}という主張はとんでもない。“
 水原(スオン)の提岩里事件についても、捏造ネタを提供した「血史」ではまるで目撃
したかのように、子供、女性に残虐行為をしたと書かれているが、(4月15日教会立て
こもり事件)4月25日、英国紙モーニング・アドバタイザーのソウル特派員が報道した
記事では、犠牲者に女性、子供は皆無であることが明らかにされている。 

 そもそも、三一運動の拡大は、黄色人種の分裂を図る欧米の宣教師に煽られた朝鮮人
キリスト教徒たちが暴徒と化し、これに近代化で特権を奪われた両班、旧軍人の不満分子
が乗っかって広がった全国規模の破壊活動、暴動だったのだ。 

 総督府資料では三か月間のデモ参加者は延べ106万人、死亡者は553人、負傷者
は1409人。鎮圧過程で憲兵と警察官108人が暴徒により殺害され、158人が
負傷したとなっており、(*御多分にもれず)韓国側の数字は非常に誇張されたものである。

 韓国国定教科書では、デモ参加者200万人、日本軍警察による死亡、7500余人
負傷者16000余人。逮捕者4万7000人と大幅水増し。

 三一暴動処理で示された日本の司法の公平さ

 捏造の歴史書「血史」では、 “独立運動に参加した人々に対し、20種以上の拷問を
加えたり、親族まで連座制で重罪に処せられた ” と書かれている。 当時、筆者が
韓国にいなかったのは明らかである。 日本は併合後、司法制度も近代化しており、
李氏朝鮮の拷問制度はとっくに廃止している。まして、連座制は近代法ではありえない。

 前述の「親日派のための弁明2」扶桑社によれば、暴動で検察に送検された被疑者
は1919年5月8日時点で、1万2668人、うち3967人が不起訴処分で釈放。 
有罪判決を受けたもの、3967人。 死刑は一人もおらず、15年以上の実刑なし、
3年以上の懲役もわずか80名に過ぎなかった。 3年以上の懲役刑を受けた者も
最高裁の判断で内乱罪は適用されず、保安法と出版法しか適用されなかったために、
大幅減刑。

 実際、この事件で3年以上の懲役刑はほとんどなかったが、これすら、1920年
の大赦免で刑期が半分以下となったのだ。 朝鮮人は近代的な司法制度のもど
(一審から最高裁まで裁判を受ける権利もあり)公正な裁判を受けたのだった。 

 この時、逮捕された三一運動の主要リーダー達は日本の裁判のあまりの公平さに
感激し、やがて強烈な日本フ
ァンとなって1930年代の言論界をリードすることに
なった。
この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(4) | ▲ top
今日の散歩ー半島の歴史24  命を奪った?①
- 2019/09/30(Mon) -
 最近、宇宙神来日で浮き立つ時間、こうした話題をブログにあげるのは不適切かなと
控えておりましたが、再開します。 

 先日、虎ノ門ニュースに度々引用させて頂いている松本國俊氏がメインゲストで
出演、スカイプで話題の「反日種族主義」の著者、イ・ヨンフン教授も出演。 Geneve 
の国連人権委員会でのプレゼンをお願いしたのは、松本氏だという事を知りました。

 現在、これまでと違い、イヨンフン教授の勇気に触発された教授、学校の先生など
が、韓国の歴史捏造について真実を語り始めているようです。真実を客観的に提示しても
なかなか認めない国民大多数の国で難しい戦いですが、今までとは違う動きがある
のは、確かです。河の始まり、源流が流れ出したという処にすぎないかもしれませんが。

 今日の本論、7奪の最も重要な<命>編です。現在、日本の併合時代の統治を
<ナチスのホロコースト(ユダヤ人虐殺)>と同じだというプロパガンダのもと、
旭日旗反対でオリンピックに対する嫌がらせをしている韓国。この問題に対して
正しい知識を当事者である日本人がきちんと持ち、子供達に伝えていくことは
とても大切だと思います。

 松本國俊氏の著書によれば...韓国にだけ存在する歴史用語、「日韓50年戦争」
なるものがあるそうです。 8月15日は韓国では光復節(国が光を取り戻した日)になって
いるのですが、” 光復軍 ” という独立軍が戦い続けて勝ち取った日だからだそうです。

 50年闘い続けて、多くの人が日本帝国主義に虐殺されたと主張している訳です。 
事実はどうだったでしょう? 併合時代に現地で日本の政策を徹底的に経済学者として、
数字に基づいて研究したイギリス人、アレン・アイルランドがどう書いているか引用してみます
(*研究範囲は、政府組織、司法制度と裁判所警察と監獄、政府の財政、教育、医療・公衆衛生・社
会福祉、経済発展 (農業、林業貿易、銀行、製造業 )全ての分野を網羅した研究書)


The New Korea_表

 人口: 朝鮮の人口に関する資料は朝鮮総督府が編纂し、1924年12月に発行された、
総督府施政年俸 大正12年度からとったものである。 

 昔の大韓帝国政府下では、厳密にいえば人口調査は行われたことがない。あっても課税評価の
基準を定めるために行われた。担当役人たちは、恥知らずにも戸籍を隠蔽し、徴収した税金を
着服して私腹を肥やし続けていたのだ。 そのような方法で編纂された統計は当然、全く価値が
ない。 日本が1906年に朝鮮を保護国とした時、日本の警察顧問は、このような不正は民政を
円滑に行うにあたり、大きな障害になると判断し、定められた日までに、各地方の警察部に全人口
の正確な数を出すように通達した。 これが朝鮮で行われた本当の意味での最初の人口調査
だと言える。

 統計は望んだほど正確ではなかったが、500万人を少し超えるくらいとされていたのが
700万人近いことが明らかになった。 1910年の併合後に行われた、さらに精密な調査
では、総人口、 1331万3017人の結果。
 1923年には1762万6761人。

*文章を簡潔にするために、オリジナルの”です”体を、” だ ” に変更しました。

 そして、松本氏によれば 1945年(昭和20年)には2500万人まで、1910年
併合からわずか、35年で倍増近く、人口が増加している。

(* ちなみに500年余の李氏朝鮮時代、人口増加はほぼ見られず。35年の併合時代で人口が
二倍に増えているのが事実。環境衛生から食料増産、総督府の統治が評価されるべき
であり、朝鮮人の大虐殺説の嘘が数字から明らかです)

↓ こちらは本の裏表紙、併合時代の朝鮮ホテル、カフェ内の写真です。写真の下は
裏表紙に記載されているように、併合前の貧しい朝鮮の街並み


The New Korea_裏

(*一切の政治的視点を排除して、数字のみで比較研究したと書いているように、統計資料
がいっぱい。アマゾンでも多数の評価コメがついています。それを読めば、内容
さくっと分かります)

Amazon  Customer コメント

 松本國俊氏の「日韓併合が韓国を救った」に戻ると、韓国の中学校社会科教科書では 

” 日帝が太平洋戦争を起こすと、大韓民国臨時政府は、日本に宣戦布告し、連合軍と
手を結び、独立戦争を展開した。(中略)中国軍と協力し、日本軍とたたかった。インド
ミャンマー戦線でもイギリス軍と連合して日本軍とたたかった ”  

 (*朝鮮人は日本の募集にこぞって応募し、日本軍として連合軍と闘ったが真実で
連合軍と一緒に戦った事実はありません。要は、朝鮮人は後づけででも、連合軍の仲間、
戦勝国になりたいだけ。しかし、
どの国も朝鮮を独立国家と認めていなかったので、
戦後処理のサンフランシスコ条約にも参加が認められていません。そこでちゃっかり竹島
を要求して却下されてます)

 (*併合時代のホロコースト説は、こうした独立運動で多くの犠牲者が出たと主張する
ものですが、まず、人口統計上でも、そんな大量の逆説はなかったと言えます。)

この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(6) | ▲ top
反日種族主義 ソウル外国人記者クラブ会見②
- 2019/09/12(Thu) -

 翌日に持ち越さず、二番目のテーマについても記事があがりました。
 日本人の方が多かったという事実についても、説明してくれています。 
 みなさんも、お時間があったら日本の ”からゆきさん” (森崎和江著)とは
 どんな人達だったのか、読んで頂けたらと思います。 


9/11(水) 18:15配信FNN.jpプライムオンライン

「反日種族主義」主著者が語る慰安婦問題…韓国の「シャーマニズム的非科学性」
(画像)FNN PRIME online

(* 
シャーマニズム 分かりにくい世界ですが、簡潔に言うと、巫女、呪術、霊的
 世界観を信じるこになります
) 

韓国で異例のベストセラーとなった『反日種族主義』。その主著者であるソウル大学のイ・ヨン
フン元教授が、ソウルの外信記者クラブで会見した。前回の記事では韓国のアイデンティティの
混乱や日韓関係についてのイ元教授の発言をお伝えしたが、今回は質疑応答の大半を占めた慰安
婦問題やいわゆる徴用工の問題についての発言をお伝えする。

 会見した『反日種族主義』の主著者イ・ヨンフン元教授

韓国社会では完全な異端であるイ元教授の主張はこれまでほとんど顧みられることは無かった。
その著書がベストセラーになった事実は、韓国社会が変化した事を意味するのだろうか。なお
教授の発言は太字とする。

「慰安婦20万人説は全く根拠が無い」
イギリス・BBCの記者は、「『反日種族主義』では慰安婦には自由と選択意志があったと書いて
ある。しかし河野談話では強制的で凄惨な生活を送った事を日本が認めている。どういうことか
説明してほしい」と問いかけた。

「学術的な質問というよりは政治的質問だ」「河野談話や両国間協議は研究者の研究を制約する
絶対的なものではない。研究者はそれを越えていくらでも新しい研究をし、新しい資料や新しい
学説を出す事が出来る。研究者の権利だ」

イ元教授は河野談話を政治的なものと規定し、学術的な研究とは一線を画した。その上で、
韓国では「慰安婦の事実」となっている様々な事柄に異議を唱えた。

「私は伝統的な説と違い慰安婦の人数が概略3500~3600人ぐらいと考える。特定の時点で切れ
ばこの数字だが、慰安婦としての 経験をした人数をすべて合わせれば7000人程度と考える」
「1942年の朝鮮半島と、満州、日本、中国、そして東南アジアにかけて、当時の表現で言う
ところの酌婦や遊女が合わせて1万9000人存在した。売春産業に従事する女性たちだ。 その
うちの一部、1万9000人中3500人程度が日本軍慰安婦であった。日本ではある程度知られた
事実だ。19000人の母集団と3500人の日本軍慰安婦とは、質的に差がないと考える」

(イギリス人ジャーナリスト)一般的な認識では慰安婦は20万人いてほとんどが朝鮮半島出身
であり、性奴隷化したとされる。移動の自由は無く、補償も無かった。そして彼女達はみんな
強制動員されたと知られているが?

「日本軍慰安婦になった韓国人女性が20万人というのは全く根拠がない加工された数字だ。
韓国人慰安婦が20万人ならば、日本人などを含めた慰安婦全体の人数は70~80万人になって
しまう。日本軍の軍人は250~280万人程度なのに、そのような規模の軍隊が70~80万人の
慰安婦を率いるというのは話にならない。誰もそれを証明したことがない」

「性奴隷説は政治的な主張だ。奴隷は自由意志により仕事を止める事が出来ない。しかし
慰安婦だった女性たちの契約期間が満了した時、または慰安婦なる前に両親や保護者が受け
取った資金を返した後に、移動の自由があった」

「慰安所に関する運営規則が残っている。慰安所を訪問する日本軍はその利用時間と階級
により、所定の料金を必ず先払いし、かつ現金で支払うようになっていた。色々な慰安婦
が残した回顧録によれば、その規定は概して正確に厳守されたと考えられる」

「韓国人だけでなく日本人慰安婦も同じように、大変な境遇にもかかわらず、明るい未来
のために貯蓄して家に送金した記録がある。何も補償を受けなかった、奴隷的、性的に
略取される人生の連続であったということは、一つの神話だと考える」

イ元教授は強制連行説について、慰安所制度が出来た1937年より以前に公娼制度が合法的
に施行されおり、女性が公娼になるには本人の意志だけではなく、保護者が遊郭への就職
に同意する就職承諾書必要だったと指摘する。遊郭に女性を送る斡旋業者が貧しい家庭を訪問し、
相当額の前借金を提示して両親たちが印鑑を押すという事実があるという。親に売られた子供が
泣いて抵抗し、引きずられていく事もあれば、貧しさから抜け出せると決意して出ていった女性

もおり、それが人間社会の複雑な側面であり、リアルな実態だと主張する。決して女性たちみん
なが自らの意思で遊郭に行ったわけではないというのだ。

この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(0) | ▲ top
竹島は日本領と米認識 & 反日種族主義著者ソウル外人記者クラブで会見
- 2019/09/11(Wed) -
     今週は新曲アルバムリリースで楽しい一週間が始まるので、隣の国は何する人ぞ
みたいな話題はお休みしようと思っておりました。 が、今日はそれなりに重要な
話題が二つ、ネットにあがってきているので残しておきたいと思いました。どうぞ
ヒョンジュン台風が過ぎた後にでも、ゆっくりでも目を通していただければ幸いです。

credit: 
Kyodo 

「竹島は日本領」と米認識
政府、豪文書でも確認

2019/9/10 18:13 (JST)9/11 10:35 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

 内閣官房は10日、終戦から5年後の1950年に、米国政府が島根県・竹島を日本領と認識して
いるとの見解をオーストラリア政府に伝えた内容が記載されたオーストラリア側の文書が見
つかったと発表した。同じやりとりに関する米側の文書は既に公開されている。米豪双方
から米国の認識が確認されたことで、日本の立場がより補強された形だ。

 宮腰光寛領土問題担当相は10日の記者会見で「従来のわが国の主張を改めて裏付けるも
のだ」と強調した。

資料は、米政府がサンフランシスコ講和条約の起草段階で、日本の領域に関するオーストラリア
政府の質問に答えた文書。

                  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    これは書面が発見されたという出来事でしかありませんが、もともと、領土とは、我が国の領土
であると早くから名乗りで、かつそれを示す根拠が述べられていないと主張できません。韓国
は日本の敗戦後のどさくさにサンフランシスコ条約(*勝戦国ではなかったので韓国は出席できず)
で、初めて領有権を主張したに過ぎません。 当然却下されていたのを、初代大統領が勝手に
李承晩ラインを引いて自国領と主張.. 日本の漁船を拿捕、それで命を落とした犠牲者もいます。 

 不思議ではありませんか? 何故、米国がそれ以降、この問題にほっかぶりしているような
(*今は米軍の地図上では、竹島は ”紛争地域” と記載されているようです)火種をそのままに
していたので、現在まで至っているようにみえますが.......... それに答えてくれる本を何冊か入手
読み始めています。 世界史の知識が根底からひっくり返りました@_@  


    もう一つ、こちらにお知らせして下さった情報があり、チェックしていたのですが、動画
レクチャーでも有名であり、「反日種族主義」の著者として、日本で著名なソウル大学 イヨンフン
教授が、ソウルの外国人記者クラブで、記者会見に応じました。 そちらの概要です ↓ 


文字色
この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(0) | ▲ top
日韓「友好幻想」の終焉
- 2019/09/07(Sat) -
    昨年の記事ですが、twitter に非常に分かりやすい、この問題の解説がのっていました。
かなり、色々韓国という国、国民のメンタリテイーについて考えさせられます。



credit:  Nikkei Business

元徴用工判決の狙いは「65年日韓基本条約」のちゃぶ台返し







在日韓国人の友人は、次のことを父親にきつく口止めされていた。
「太平洋戦争の時、八幡製鉄(現新日鉄住金)で働いた。日本が
敗戦し帰国する際は退職金が出た。送別会で餞別ももらった。
強制労働はなかった。日本人には話すな」。父親は、「募集」か
「官斡旋」で八幡製鉄に来た。帰国したが職がなく、密航して
再び日本に来た。

 韓国の大法院(最高裁)は10月30日、韓国人の元工員に対し、
1人当たり1億ウォン(約980万円)を支払うよう新日鉄住金
に命じた。判決は「原告は未払い賃金や補償金を求めている
のではない」と述べ、「慰謝料請求権」を認めた。

 これは、奇妙な判決だ。メディアは「徴用工訴訟」と報じたが、
原告は「徴用工」ではなかった。判決は「強制動員の被害者」と
述べた。「徴用工」とは、1945年以降「徴用令」に基づいて
来日した朝鮮人だ。原告はそれ以前の「募集」か「官斡旋」
に応じて新日鉄住金で働いた人たちだ。

 さらに奇妙なのは、判決は「損害賠償」ではなく、「慰謝料の
支払い」を命じた。慰謝料とは、一般的に精神的苦痛に対する
支払いとされる。

 つまり、原告は「未払い賃金」と「補償金」が訴因では、
勝訴できないと考え「慰謝料」を請求した。これを韓国最高裁は
認めた。なかなか巧妙な訴訟戦術だ。慰謝料なら、その後の精神的
苦痛や差別、病気などを理由に請求できる。賃金の支払いや補償金
と違い、慰謝料なら労働の実態などの事実関係が争点になりにくい。

最高裁判事の過半を文大統領が任命

 この判決に対し、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は「司法府
の判断を尊重する」と述べた。「司法の独立」と、なぜ言わなかっ
たのか。韓国のメディアも「司法の独立」とは報じなかった。韓国語
で「司法の独立」を言うと、多くの韓国人は白けるか、鼻で笑う。
司法が独立していると、決して思っていないからだ。筆者もソウル
特派員時代に、大統領府に判決内容を相談に来た裁判所長を目撃した。

 韓国では、長い間「司法は権力の僕(しもべ)」と揶揄された。
それでも今回の判決に、韓国民の多数が「胸がスッキリした」思い
を抱いているのは事実だろう。国民は「強制労働」「不法な植民
地支配」「反人道的な不法行為」の認定に、満足する。判決に権力
(行政)の意向が反映されたと、一般庶民は思うだろう。

 司法が独立していないと断じる根拠は、最高裁長官の経歴だ。
金命洙長官の前職は、春川地方裁判所長であった。地方の裁判
所長が、最高裁長官に抜擢された。ありえない人事だ。文在寅
ムン・ジェイン)大統領が、同じ考えの裁判官を抜擢したと考
えるのが、常識だろう。加えて、最高裁判事13人のうち7人が
文大統領に任命された。

この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ