FC2ブログ
成都 記者会見 & ハイタッチ会動画 
- 2012/05/31(Thu) -
  中国 出だしがあまりよくないです (>_<)   現地のオーガナイザーの不手際で
  ハイタッチ 4時30分以降 入場をストップしたため 数百名のファンがハイタッチ
  に参加できず 終了宣言されたようです。   リダがこれを知ったら、明日何と
  してでも 挽回しようとして 又疲れるんじゃないでしょうか..  このままで終わると
  は思えない。  オーガナイザー 仕事していません。 ちょっと明日も心配です。 

  本日の記者会見 の英語訳があがりました。

eng trans : www.babyvfan.wordpress.com

  Kim Hyun Joong は中国語で ”みなさん、こんにちわ、キムヒョンジュンです”とあいさつ
  中国語でもう少し話してとメデイアに言われ、 ” お久しぶりです。” そして 恥ずかし気に
  ” I love you all "   皆さん 愛しています とあいさつした。 
  成都の印象を聴かれて、とても感動したと語った。 昨日 深夜 空港で待っている沢山の
  ファン を見た事、フライトが遅れたにも関わらず 沢山のファンが待っていてくれたと
  語り、ファンに感謝した。 

  街の印象については、正直に 昨夜遅い時間に到着し、最初のスケジュールが記者会見
  だったので 美しい街を眺めるチャンスがなかったと語った。 イベントが終了してから
  観光に出かける予定だという。 

  記者から一番好きな中国映画は?と聞かれ TangWei の Lust Caution (* Lust は欲望と
  いう意味です。 直訳すると 欲望の注意、でも そのまま ラスト コーションというタイトルで
  上映されています。 過激なシーンが多く 18禁でかなりカットされています。 詳細
  こちらのリンク http://americatvfilmnotes.web.fc2.com/lust_caution.html ) この映画を
  最近見て、ショックを受けたと語った ( * リダ 好きな映画とは答えていません)
  
  次の記者が Lust Caution で 大規模なライブを依頼されたとしたら 受けるか?という
  質問をした。 Kim Hyun Joong は 若かったら このようなドラマを撮影する事に当惑する
  し、 恥ずかしいと感じると思う。 ただし、 今は年齢を重ねたので、プロット(ストーリー)
  が重要なので、 俳優は役柄のキャラクター 構築に集中すべきであると語った。 

  Kim Hyun Joong は 明日 15曲歌う予定であるとあかし、素晴らしいステージの仕掛け
  もあるので 飽きることのない ステージになると語った。 

  Kim Hyun Joong は 成都がとても好きだと語った。 可愛い女性、パンダ、蒸気船、 刺繍
  ( shu と言われる四川省独自の刺繍のこと)などがあるという事も知っていると述べ場。 
  当初、 パンダ保護施設を訪問する予定だったが、残念な事にキャンセルした。 
     Kim Hyun Joong は ここには 綺麗な女性や shu 刺繍などがあるのを知っているので
  綺麗な女性が刺繍している処を見てみたいと語った。 誰かが weibo (中国版twitter)
    のアカウントを何故 開かないのか?と尋ねると、 インターネットが得意ではないと
  述べたうえで、 来週 ファンに ビッグサプライズがあると語った。
  
                **************************

     このほかにも 中国女優 チャンツイーが好きとか 言っているようです。 リダが
   Lust Caution   を出したのには こちらがショック。  そんな役は受けないで~~~ ☆

  同じサイトで 昨夜の空港足止めの理由を説明しています。 

     twitter や weibo で今朝沢山の投稿があがっています。 混乱した噂が流れるのを  
  避けるために 何が実際に起きたかを書きます:  オーガナイザーが 飛行機が着陸
  したパーキングエリアから 直接ホテルに行かせてしまい、 入国審査の手続きが
  終わっていないので Hyun Joong の荷物が空港に留められてしまった。 従って
  手続きを完了する為に 空港に呼び戻された。

  何ともお粗末な話であきれてしまいます。 まさかこのオーガナイザーが他の
  都市のイベントも仕切るなんて ない事を祈ります。  ハイタッチどうするんでしょう?  



https://twitter.com/#!/Woojusin0606 

  Youtube にあがると思いますが ハイタッチの動画です。

この記事のURL | リダインタビュー翻訳(おもしろエピソードも) | Comment(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ