FC2ブログ
きょうの散歩 : Five Men's Five Years in 2005-2009
- 2013/01/04(Fri) -
  昨日は一日BLOG記事掲載お休みしました。 ふと ”光とたわむれている” リダ探しの旅へ^^ 

  こちらは まだご紹介していなかった DVD とセットになった SS501 の写真集& インタビュー
 2009年 12月のある日 MBC Collection  で 5人の男の5年間の歴史と題して出た
 この本を チングの分も確保しに 新大久保に走りました。 2009年撮りおろしの写真を
 見ると ふっくらほっぺのリダがいました。 日本では 高層ビルで窓辺によった写真
 をとるので まさに ”光とたわむれる” ショットがありますが、韓国は室内撮影が多い
 せいか あまりありません。 これは 海外ロケなので こんな 写真が素適にアレンジ
 されている お洒落な 写真集&インタビューになっています。 
 


13Jan4a.jpg

13Jan4b.jpg 

 ↓  ちょっと幼い表情  ほっぺがパンパンに張っていて 若い☆

13Jan4c.jpg 

 
国際郵便のような お洒落なレイアウト 
13Jan4d.jpg 

インタビュー を拾ってみると 音楽について興味深い箇所がありました。 

< 自分が追求する音楽> 

今はダンス歌手としての姿をお見せしていて、今やっている音楽も重要だと考えています。
そして ダンスではない アーテイスト的な姿もお見せしたいです。 だから今も準備をして
いて その音楽を研究し習っています。 5年後? 6年後? (2009年からだと 2014年、
2015年)には僕が願っている音楽ができると思います。 5~6年後のジャンルはブリット
ポップ * ですが、その後はどんなジャンルが流行するか ジャンルをというのは難しいと
思います。 

* ブリットポップってな~に?ですので 調べてみました。 ネットに色々あるロックの歴史の
中に出ていました。 90年代後半 イギリスから始まったロックのジャンルで、バブル時代に
サッチャー首相のもとで ギンギンに働いたイギリスに倦怠感、というより ... 俺たち のんびり
いこう という空気があり、” 脱落者・イギリスの空気を体現した ” バンドが次つぎと生まれ
一つの流れになっていったようです。  ロックとファッションは密接に結びついていますが
なんと この ブリットポップのファッションは ジャージー やレインコート、さりげない日常着^^
リダと重なってきますね。 ブリットポップの元祖と呼ばれたバンドの音楽の特徴は

" 無色透明さ。 叫ばず、きばらず、少し気だるげなボーカル、 ノイジーだがやたらと透明感
のあるギター、 純情たっぷりな詩世界 "    (ストーン ローゼズというグループの世界)

純情たっぷりな詩の世界って リダの歌にすごく重なります^^  今は 2013 年ですが
リダは 2009年には 5~6 年後にちゃんと バンド ミュージック、ロックの世界をビジョンに
いれていたという事が インタビュー読み直して分かりました。 


13Jan4f.jpg 

 デビュー5年が過ぎて今まで良かった事、 また残念だったこと

夢を叶えたという事と あきらめずに夢を叶えたこと
夢のためにあきらめなかったという事 
スランプにぶつかる事がとても苦しく スランプを乗り越えることが
とても大きなストレスです。 

< アイドルという肩書き .. 束縛? それとも幸運? >

大衆のための音楽ではない 10代、 20代のためのアイドルの音楽をやってきましたが
最近のトレンドが大衆のための音楽に変わっていっていると思います。 
ですから アイドルという修飾語には おおきな意味がないと考えます。 

< 10年後の自分の姿は? >  

昨日も考え、毎日考えています。 
頭のなかで修正し 10年後の私という人がみんなにどう受け止めてもらえるか考えてみます。
頭の中に構成は全てあって 10年後には素適なアーテイストとしてファンと交流して
自分の音楽と余暇がある生活を楽しめる歌手になりたいです。 

< メンバーは自分にとってどんな存在?> 

メンバーは昔から知っている友達ではなかったけれど、練習生の7年という生活を共にし
私の人生の3分の1を一緒に過ごした友達であり、もちろん 初めは仕事で出会いましたが
今は家族のようであり、 いなくてはならない存在です。 

人生で尊敬する理想のモデルは? >

様々は外国の歌手と韓国の歌手のかたがいますが、あえて一人を決めて、ああなりたいと
話せばそれ以上にはなれないと考えます。 しかし、いつも手本となる人を決めてその人を
超えるのは難しいが、どうやればいいか毎日考えてみます。 どうすればうまくいくでしょうか?
例えばマイケル ジャクソンや私が好きな オアシス**  は相反しますが すべての歌手に
とって同じ存在なのでとても大きな きっかけにはならないと思います。 

**  oasis  90年代を代表する イギリスのロック (ギャラガー兄弟)、リダの好きなプリット
ポップ ブームを巻き起こしたグループ

< 自分はどんなイメージ?> 

いつもセンセーショナルな姿をお見せしたいです。 いつも新鮮で新しい音楽
僕がやったなら、何か珍しく面白そうだという姿をお見せしたいです。 


横顔と正面の顔のギャップ ...   幼さがまじる 若々しい正面の顔。  シャープで俺様っぽい
大人顔になる横顔 ..

13Jan4j.jpg

13Jan4i.jpg 

< デビュー時 一番記憶に残っている事 ..  >

練習生の時だったと思います。 交通費と一日の食費しかありませんでした。 それで
練習生の時期 カップラーメンを食べた記憶があります。 本当に楽しかったと思います。 

< こういう時 舞台から逃げたかったのは? >

舞台の上で踊りを踊っていてズボンが破れたこと

< 最近一番大きな関心事は? >

最近は よく寂しくなります。 だから子犬を飼おうと思っています。 最近は車のガソリン代が
とても値上がりして大変なので 小さなスクーターに乗っています。 レッスン場に行く時、
車を駐車するより スクーターはガソリン 7000 ウオンで一週間くらいは乗ることができるし
それに速いです。 

< 寂しいと感じる時はいつ? >

ファンの方々は無限の愛をくださり、その愛をもらうために研究して 自己成長の過程で
スランプに陥る時は一番寂しいです。 話し相手もいなく それに打ち勝つことは自分だと
思っていますから.... 


13Jan4k.jpg

13Jan4h.jpg

13Jan4l.jpg 

音楽を語る時は さすがと思うほど 先を考え、ブレなく自分の音楽を追求して今に
道が続いていると実感できますね、 ほんとに着々と歩んでいます。 

10年後の夢 音楽と余暇の両方 楽しめる生活をエンジョイして欲しい。。。。

他は...  とても 等身大の素顔のリダ ........   <寂しいと感じる時 > の答えが
少し切ないかな ...   努力して 新しい姿を見せ続けなければ やがて 愛されなくなる ..
スランプに陥ると  そう思う気持ちが強くなるのかもしれないですね。 いつかの雑誌の
タイトルに重なっています。 

お洒落な ジャージー や レインコート姿で ロックバンドで歌って..  追いかけられすぎず
余暇も楽しめる 本当の ミュージッシャンの ライフスタイルが楽しめている 張り詰めて
いない リダの姿も見たい ..........   あの タコがお友達のリダの 抜け感がある笑顔
が まさに < 光とたわむれる > リダに見えました。

この記事のURL | 今日の散歩 | Comment(15) | ▲ top
| メイン |