FC2ブログ
変化するもの 変化しないもの..
- 2014/07/03(Thu) -
BrcirELCYAAONqh.jpg 

credit:  写真内 High Cut Japan 05

蒸し暑い一日でした。  一週間前の今日は寝なきゃと焦りながら、まだパソコン
前にいたような...  身体は正直です。 これ以上はダメだという信号をちゃんと
送ってくれます。  素直にいうことを聞かねば..  濃厚なソウル滞在記に
まだ とりかかれません (>_<)   余韻に浸れないほど、次から次へと
Hyun Joong 君の活躍のニュースが襲ってきます。  でも ペンにとっても
本人にとっても これだけ毎日 マスコミの話題に活躍がとりあげてもらえる
って やはり幸せな事ですね。  

昨日届いた High Cut やっと今日開いて目を通すことができました。 この
ネットで見た写真は採用にならなかった写真のようで 貴重です。 メガネの
カットの中に一枚 大好きな左横顔がありました。 ま~~なんて苦味のある
大人な顔をしていることでしょう ...  夢幻のクリアファイルの写真も素敵、
Timing の 金髪、 ミュージッシャンも素敵ですが、この High Cut は俳優
Kim Hyun Joong という処でしょうか? この見事な変身に驚くしかありません。 

< どのような状況に置かれていても、 悲しくても ” 今日がいい ”。
  
      痛みがあったとしても、 ” 今日がいい ” そう思う >  

どうすれば 若くしてこんな強い心になれるやら...

ソウルのLive で語られた言葉を改めて振り返ると、10年経っても、ステージを
留守にすれば 又ステージに立てるか不安がよぎり、その分 又頑張る 
歌手である自分の存在を確かめられる場所なんだと感じました。 やっぱり
生の人間の反応、呼吸を感じながら歌える場所が どんなに小さくても 
そこに立ちたいと思わせるものなのだと ....  

一番小さな会場が一番大切な場所という処は聞き取れたのですが.. 韓国ペン
さん達の感動の声も大きくてそのあとは 分かりませんでした。 でも一番
小さな会場に来てくれる人が一番長く 自分を見守ってくれた人だからとい
う言葉で 彼の想いを理解できました。  代々木では 通り過ぎていく人も
あればと言って驚かせましたが、 ファンの移り変わりも彼はもしかして
会場で目で耳で感じているのかもしれないです。 この歌は知っているけれど
この歌は知らない人が多いとか ...   武道館でもデビューした頃からの
ファンの人いますか? と問いかけもしましたね。  意外に多いですねと
驚いていましたが..       頭のいい彼だから いろいろな結果の数字からも
ペンの動き、反応などを分かっているのかもしれないです。  

ソウルで Kim Hyun Joong に会いたいと思うのは やっぱりそこにリアルな
Kim Hyun Joong が感じられるから ..SS501 はソウルアンコンしか行って
ないので、その頃の彼はあまり話すほうではなく、面白い事を話すほうでも
なかったけれど、 ソロになってからは凄く自由にふるまっているのを感じます。 
イキイキと言いたい事を言って楽しんでいる姿を毎回 焼き付けて帰国します。 
今回の彼は やっぱりもう先の先を見通しているんだろうなと感じました。 
変わっていく自分についてくるファン、 ついて来ないファンがいる事を ..

彼の仕事を支えている側で思う事は時にありますが、やっぱり好きな音楽
を一流のアーテイストと組んで追及できる事、沢山コンサートができる事
は彼にとって 一番幸せな事なんだと思います。 だから 本人が今が
一番と言えるなら、本当にそうなんだって思えます。 

私達の環境も個々に変化していきますが、 彼の好きな言葉 

< 변함 없이 함께 해요  変わることなく一緒に > 

 
小さな会場に駆け付けられても、駆け付けられなくても 変わることなく 
見守っていたい ...  こんなに温かい心を寄せてくれる人と幸せな時間を
共有していきたい。  日本でも小さい会場で出逢えたらいいなと思います。 

取り留めないことを書き連ねましたが、ソウルでの一日を思い出しながら
改めて小さな会場まで頑張るぞと 心に刻みました。 

* 写真 モノクロですが、インタビュー そして Just Gossip という面白い
編集が楽しめる一冊です。  カバーも Hyun Joong 君で行ってほしかった^^

この記事のURL | リダ関連 Leader-Related | Comment(12) | ▲ top
| メイン | 次ページ