FC2ブログ
KHJ Gallery (翻訳) : ネット上の悪質コメント告発
- 2015/01/15(Thu) -
2011102520khj-strongheart1.jpg
credit : 写真内 (強心臓 特集100回 より)  

ヒョンジュン君の心からの笑顔が見たい ... 今 ペンが切望している事。 
あの 強心臓でコロコロ笑っていた笑顔、スンギさんやイトクさんに突っ込まれて
焦っていたヒョンジュン君 懐かしいです。 

昨日twitter に流れていたこの記事 気になっていたと思います。 KHJ Gallery
で進行してきた 悪質なネチズン対策が告訴までこぎつけた中間報告です。 
ちょっと 難しい文章だったので今日になりました。 

出処:  KHJ Gallery

web_3067640728_5774e092.jpg

キムヒョンジュンのファンダム (ファン層) は過去数年間 キムヒョンジュンさんに
対して 継続的、かつ悪意ある荒しの活動に注目し、今回の事件を
契機として さらに 度をこした名誉棄損 並びに侮辱を日常的に行う者をこれ以上
座視することはできないと判断し、 ファンの意見を集め第三者による告発として
告訴を進行中です。 

現在 キムヒョンジュン ファンダムは法務法人 チョンパ 청파 を選任、 ネット上
の荒し (悪質コメントをするネチズン) の告訴を進行中であり、 過去数年間 
ネット上で 継続的に悪意をもって キムヒョンジュンさんに対し 侮辱及び 
名誉棄損を内容とした行った 誹謗中傷や ドリップ(悪意ある画像、悪意ある
パロデイ画像 ) 等などを掲示した資料を証拠書類として収集、告発状を作成
しているところです。 

この間、数回にわたり、数えきれない悪質コメント資料を弁護人と共に検討し
告発対象者を選別するに至り、現在 一次告発対象者をほぼ確定しました。 
法務法人 チョンパは このリストを速やかに 警察署に渡し、受理させる
ところです。 

web_3067640728_ab7a2319.jpg

このような進捗状況を具体的に即刻 御知らせできない理由は 長々説明
しなくとも 多くのファンの皆様が既に察していらっしゃると思います。 

キムヒョンジュンのファンが、どんな時よりも(さらに) 注意深く、慎重に
事を進行してきたのは この全ての進捗状況を外部に露出することの
なきように注意してきたからです。 ともかく もしかして 進捗状況があまりに
遅いともどかしく思われたとしても この全ての事が キムヒョンジュンさんに
少しでも負担を負わせることのなきように 慎重に慎重を期する為だと
いう事をご理解願います。

恒常的にキムヒョンジュンさんを誹謗中傷する荒しを相手に進行した
今回の告発告訴は キムヒョンジュンさんとは無関係であり、キムヒョンジュン
さんのファンダムが独自に推進している件である事を 今一度お知らせ
いたします。 

注: 一次告発の後も 荒しが根絶されるまで 二次、三次の告発を継続
推進するつもりです。 今後とも 継続的に 荒しおよび ドリップ(悪意のある
画像、パロデイ画像)の資料を 代表メイルアドレスへ 送って下さるよう 
お願いいたします  ( vornehmen@daum.net)   

web_3067640728_3202a945.jpg

*  本当に粘り強い、気の遠くなる活動に頭が下がります。 一人のネチズンが
感情的に一言書いたような類のものではなく、 おそらく IP 追跡で 常に
悪質コメントを書き続けている人を特定できたのだと思います。  韓国の場合 
非正規雇用の人が多いので、 アルバイトとして ネットへの書き込み、
中傷を書く人もいるようです。 ドラマの世界ではなく現実として。 そこを
追及していくと、 本人または本人のバックにいる 人物ないしは組織に
たどり着く場合もあります。 

 又 現在 ナッツリターンで財閥批判がおきていますが、もともとは 非常に
中間所得層が少なく、富の格差が大きい社会なので、一般人、(庶民と
花男では言われていましたが... )   の社会に対する不満も大きく、何か
華やかな世界の人におこれば どうしても そこに日頃の不満をぶつける
傾向があるのかもしれません。  容姿、人気、成功に恵まれた人への嫉妬
もあると思います。  メデイアに煽られやすい層がいるという事でもあります。 

 ヒョンジュン君には勇気もあれば 優秀な方々がファンとしてついている
ようです。  これは 彼の 幸運の一つとして考えてもいいですね。 

 この努力が きっと 他の成果ももたらしてくれる事を願っています。 

この記事のURL | 未分類 Not assorted | Comment(11) | ▲ top
| メイン | 次ページ