真夏の夜の......
- 2015/07/31(Fri) -

[TVレポート=イオイン記者]


キム·ヒョンジュンが法的攻防を繰り広げている元ガールフレンドAさん側の弁護士と、
いくつかのメディアを相手に強力な対応に乗り出す見通しだ。

キム·ヒョンジュン側の法律代理人である青坡路のイ·ジェマン弁護士は30日、
TVレポートに「Aさんのインタビューを重点的に報道したメディアと
メディアプレイでキム·ヒョンジュンの名誉を毀損したAさん側の弁護士を相手に
民事·刑事告訴を検討している。

これに対する証拠をすべて確保した」と明らかにした。

イ·ジェマン弁護士はまた、同日Aさん側がキム·ヒョンジュンと自分自身について
松坡警察署に名誉毀損や誣告などの疑いで 8月3日告訴することを予告したことと関連し、
「メディアプレイはAさん側が昨年、最初に始めたことである。

また、今年16億ウォンの損害賠償請求訴訟を出さなければ大きく大きくなかっただろう。
これらすべてはA氏側で行われた事実であることを知るべきである」と強調した。

一方、キム·ヒョンジュンとAさんの法廷争いは、昨年始まった。
Aさんは、昨年8月にキム·ヒョンジュンを暴行致死と傷害の疑いで告訴した。
以後キム·ヒョンジュンの謝罪を受けて訴状を放棄しました。

以来、昨年2月にAさんは、キム·ヒョンジュンの子供を二番目の妊娠したと主張したが、
キム·ヒョンジュンがこれに反論して、再争いが始まった。
Aさんは、4月妊娠した状態で、キム·ヒョンジュンに合っ流産をしたと

キム·ヒョンジュンを相手に慰謝料名目で16億ウォンの損害賠償請求訴訟を提起した。
キム·ヒョンジュン側は22日、第2次弁論期日でAさんの妊娠と暴行による流産が
すべて虚偽と主張した。

Aさん側は、テキストメッセージを証拠として提出したが、受け入れられなかった。

3次弁論期日は9月23日である。


                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*真夏の夜の夢なら素敵なのですが、また<恥>をとことん知らない相手側が 
裁判所に却下されたテキストを持ち出しましたね。 イジェマン弁護士さんが
出されたすべてに反論を返し終えています。告訴が増えて忙しくなりますが
これは 一切の妥協を許さない徹底的な戦いになりそうです。  私は <早産>
という事をインプットするのが まずは目的なのかなと思いました。 どんな
シナリオを用意しているのか 考えるのは恐ろしいのでやめておきます。 

イジェマン弁護士さんは イメージを壊す他にも 理由があるようだと述べています。 
事件の核心に迫り、 籠城戦のようになって 泥を投げつけてきているなら いいのですが...

変わりやすい世論、また 流れている人もいるでしょうが、ランチタイムに
Gallery に 励ましを書いてくれる一般の方もいます。 

反訴で勝利して 実刑判決が下り、その場で拘束されないと終わらない戦争のように
感じました。  
この記事のURL | 未分類 Not assorted | Comment(10) | ▲ top
| メイン | 次ページ