FC2ブログ
キムヒョンジュン 16億訴訟のミステリー 
- 2016/03/20(Sun) -

民事訴訟が延び延びになってしまったので、5次弁論、その後の展開が一緒に
なって記憶されているようでもあり、かつ Gallery でも記憶を喚起してくださって
いたのですが、3月18日に予定されていた5次弁論準備期日は、実は
キムヒョンジュン側の民事訴訟の反訴、12億プラスアルファの弁論準備期日
でもあったという事です。
 

ヒョンジュンファンの方が整理してくださっている記事が分かり易いと思います。

현의 날게 `*`賢の翼より

16億訴訟の謎: 

キムヒョンジュンに16億ウオンをくれと訴訟を起こした被疑者、チェ氏が3月18日
に予定されていた5次弁論準備期日を4月22日に延期してほしいと申請したという。 
お金を要求した訴訟の弁論準備期日を、訴訟をおこした原告が延期してほしいと
申請する理由は何か? 昨年2015年年末、裁判部は被疑者チェ氏側へ
キムヒョンジュンの不法行為を証明する証拠提出を要求し、3月18日に予定した
5次弁論準備期日に、キムヒョンジュン側の12億プラスアルファの反訴に関して
弁論準備期日が予定されていた。
 

ところで、突然、被疑者チェ氏側が延期申請をしたのだ。 理由を考えてみたが
ふと 以前にイジェマン弁護士のインタビューが思い出された。 

2016年2月6日に行われた放送でのインタビューである。 

「暴行 (暴行はなかった、押しのけた状況である)によって流産したと主張するが、
この当時、妊娠さえしていなかった事に関する証拠として産婦人科診療記録などを
提出している。 相手がわを恐喝罪で告訴し、相手側は現在捜査を受けている。 
キムヒョンジュン側は、既に整形外科や産婦人科の事実照会応答書に添付された
診療記録などを全て提出し、証人を通じてそれから当事者審問を通じてキムヒョンジュン
が直接出廷して主張を全て立証する予定である 」 と今後、弁論準備期日に
明らかにする内容を伝えた。 

結論として、16億訴訟の根幹である2014年5月妊娠かどうかがありもしない事だと
いう証拠はすでに裁判部へ提出されている状態だという事だ。 

被疑者チェ氏側が証拠提出をできない理由を分かるようだ。 

しかし、裁判部という処は最後まで行かねばならない処であり、4月22日を又
待たねばならない。 弁論期日でもなく、弁論準備期日が5次まで行かなければ
ならないというのが多少 訝しくはあるけれど... 

日程について、私から補足しておくと

*  5次弁論準備期日の後に予定される日程で① 事務所社長、女性の証言
② ヒョンジュン君自身の出廷で脅迫のプロセス(謝罪文の経緯)を証言予定。
従って、証言は5次弁論準備期日に行われるものではなく、その後に決められる
期日になるという事です。 


キムヒョンジュンが2015年被疑者チェ氏を誣告、恐喝、名誉棄損、訴訟詐欺で
刑事告訴し、検察で2015年7月28日、被疑者チェ氏を出国禁止にした。 

2016年現在、被疑者チェ氏は恐喝罪などに関して刑事捜査を受けており、刑事
訴訟が進行中だという。

被疑者チェ氏の4大犯罪容疑

1.誣告 

有名な肋骨事件。 被疑者チェ氏の肋骨骨折は自分のスポーツジムで怪我を
したと陳述した最初の病院診断書が存在する。 
6週間の傷害診断書を別の病院にいき医者をだましたうえで発行してもらい、
キムヒョンジュンを告訴したので被疑者チェ氏の控訴状を証拠として添付して
誣告で刑事告訴。

7月25日、最初の病院では3日前にスポーツジムで器具にぶつかり怪我したと申告
レントゲン撮影もしています。 (6週間骨折傷はねつ造)

160321a.jpg 

2. 恐喝 

16億訴訟の根幹であり、現在、恐喝と名誉棄損で被疑者チェ氏が告訴された事件である。
この事件の中核は被疑者チェ氏が2014年5月の妊娠していたか否かである。 
被疑者チェ氏は2014年5月妊娠した事がないという病院の診療記録がすでに
(KHJ側から)裁判部へ提出されており、その虚偽の妊娠を(虚偽の)暴行で(虚偽の)
流産になったとメデイアに流すと脅迫して6億ウオンを恐喝した事件である。 

痣の写真の話については、痣もなく異常なところがなかった被疑者チェ氏の姿を見た
女性の証人が裁判へ出席する予定だという。 

< 病院事実照会回答書> 
2014年5月20日、6月13日 妊娠の事実なし
160321b.jpg 

2015年年末、裁判部は被疑者チェ氏側にキムヒョンジュンの不法行為を証明する証拠
を要求している状態.. 提出された証拠はメールしかない現実.. 
被疑者チェ側で5次弁論準備期日を延期申請し、この16億訴訟の5次弁論準備期日は
4月22日に開かれる。

3.  名誉棄損 

2014年5月妊娠ではないのにも拘わらず2015年5月11日地上波放送で
虚偽の暴行で虚偽の流産をしたと放送する。 

事実ではないのに(メデイアに)暴露したので名誉棄損で刑事告訴する。
2015年7月30日無慈悲なプライバシーメール暴露をした事で追加刑事告訴。

4.  訴訟詐欺未遂 

16億訴訟の根幹である2014年5月虚偽の妊娠、流産をもとに訴訟を起こしたので
法廷を欺いて判決を受けようとした点をあげて

訴訟詐欺未遂として刑事告訴

一方の主張が偽りであると分かった瞬間、犯罪という不法行為が成立する。

          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

5次弁論準備期日は、準備期日最終日というだけでなく、反訴の始まりの日でした。 
引き延ばす権利があれば、ここで行使したかったという事なのでしょう。 どちらが
犯罪者か確定していない段階では、どんなに疑惑があっても法律的に権利は守られて
いるので仕方ないと言えば仕方ありません。

家裁で有利にしたいというよりは、事件の決定的場面を先延ばしにして、事件の真実
がニュースにならないように、時間が経てば一般の人は最初の衝撃的なところしか
記憶にとどめないという事を利用しているように思います。 

ドラマで見た時、芸能事務所社長が、”スキャンダルを起こすのに証拠なんて必要じゃない。
ただ騒いだだけで十分だ。 大衆はそうしたスキャンダルが起きるというだけで、スターを
嫌うものだ
” と語っている場面がありました (*スターの恋人) 

私達から見れば、なんとも雑な証拠偽造、調べればすぐばれるようなもので裁判所まで
行くことに驚きますが、韓国メデイアと韓国の大衆を熟知した人間ならば、証拠は問いもしない
センセーショナルなタイトルでヒット数をあげたいメデイアを利用するだけで、十分スター
を葬りされると考えた事件だったのではないかと思います。 チェ氏が高額の芸能人
専門のソン弁護士を雇い、ここまでメデイアプレイをする事まで考えられたと思う人は
韓国でもいないでしょう。 

だから民事では、ひたすら引っ張り、大衆が事件を追う事に飽きてしまい、記憶から消えて
いく段階の作戦に入っているのかもしれません。 いえ、最初からその作戦で通し、結論
が出ない段階での時間を利用してメデイアプレイ、暴露合戦で徹底的にイメージ破壊に
出ていたのが真実でしょう。 

だからこそ、刑事訴訟は名誉回復に絶対必要なプロセス! 

私達に何かできるとしたら、真実を伝える報道が広まるように努力する、ヒット数に貢献(韓国)、
ブログに正しく記録する、日本の韓流ニュースサイトで正しく報道されるようにコメントする
になると思います。 いろんな方の事件を日本で検索すると、Kstyle 記事が飛び込んで
来ます。 次にスターの名前と事件を明記した記事、検索にかかりやすいタイトルで
書かれたブログ記事がヒットします。 これからは検索ヒットも考えて事件経過を書いて
行かねばと思います。 

次の予定: 家庭裁判所 4月8日午後4時から

       民事訴訟5次弁論準備期日: 4月22日

この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ