Il Divo Amor y Passion World Tour at 武道館(追記あり)
- 2016/04/29(Fri) -
  昨夜は世界のF4に武道館で逢ってまいりました。 まだ頭の中で沢山のメロデイが
回っています。 最初は初Henecia のイベントの思い出が一杯で客席についても自分が
座っていた席を眺めては、まだ誰も立っていないブルーの照明のステージにマイクに
寄りかかるペクミルの姿が思い浮かんでしまいましたが、始まって久々に4人のハーモニー
を聞き始めると、無事 Il Divo の世界に入っていけました。 最初は真っ赤なペンライトに
トンバンの会場みたいだとびっくりでしたけど... 


Il Divo - Regresa a Mi (Unbreak My Heart)
IlDivoVEVO

彼らがデビューして間もなくの2004年秋に銀座の山野楽器の2階新曲アルバムにあった
彼等のデビューアルバム <IL DIVO>  アルマーニのスーツを着こなす素敵な彼らの
写真にすぐ視聴してみました。 それが上のDVD , Unbreak My Heart 、ファースト
リリースについていたMV のような素敵なMVのこの曲。 誰にも知られていなかった4人
(正確には、スペイン人のカルロスだけはプロのオペラ歌手で活躍していました)が
London で行われた オーデイッションに行き, 超有名なSimon に会って成功への道を
歩み始めるまでのストーリーをタイトル曲にのせているもので、曲とともに惹きつけられて
しまった映像です。 当時まだ クロスオーバーというジャンルはまだ確立していなかった
し、クラシックを歌える歌手のアルバムに MV がついてはいなかったのではと思います。
才能ある Producer によって世界に送りだされた、神々のような男性、 IL DIVO 
ネーミングも大胆。 

20160428a.jpg

credit:  私の秘蔵写真です。 

日本に初来日の2005年、当時赤坂にあったHilton Hotel で音楽関係者向けのショー
ケースがあり、仕事関係で知り合いだった業界の方にご招待を受けて、彼等の
生声 (写真撮影つき) を聞きに行きました。 若かったですね~女性の
記者さん達は、仕事はそっちのけで個人携帯やカメラで写真とってました。 
私は手が震えてまともにとれたこの写真だけ.. 一目で誠実な雰囲気と語りに
惹かれてしまった フランス人のセバスチャンが中央に^^ (一応、左はスペイン人の
カルロス、中央がアメリカ人のDavid, 右がスイス人のウルスです) 

今回のWorld Tour は アモーレ&パッション(愛と情熱)というアルバム記念ですが
コンサートには Tango のダンサー達が同行、贅沢なステージでした。 彼等も
女性ダンサーたちと初めてダンスを披露。 世界のIl Divo であっても毎回来て
下さるお客様に新しい姿を見せるための努力を怠らない姿に、誰かの姿を重ねました。
楽器演奏も^^  ウルスとセバスチャンはギター、セバスチャンとカルロスはピアノ
弾き語り、David は難しいバンドネオンを演奏... 常にチャレンジがあっての成功
と人気だと改めて感じ入りました。 そして日本語も頑張ったのであります。

まるでヨーロッパの素敵な街角から NY ブロードウエイまで廻ったような
シャンパンを飲んでいるようなふわふわした気分で帰りました。 会場を出た
途端の雨も又、誰かの事を思い出せてくれました...




IL DIVO - São Paulo - 23/03/16 - Regressa A Mi
Marcele Balan

こちらが今の IL Divo が歌う Unbreak My Heart ...
歌いだしはセバスチャンで変わりなく。 セバスチャンだけがポップ出身でクラシックの
歌い方をまだ勉強していないでオーデイッションに行ったはずですが、随分歌い方が
変化、最初に聞いた時とは声量も違います。 
歌う時もまじめ~~~~な目線、話しても物静かで大人の男性の余裕があり、心に残る
一言があります。 アメリカ人のDavid は当たり前ですが、他の3人もNative ではない
英語がとても上手いんです。 発音も素敵なヨーロッピアンでクリアな発音で聞き取り
やすいです。 さらに磨きがかかった感じでした。 

始まりの頃に、David が日本に絆を感じる、そして日本の皆さんを尊敬します、困難を
克服していく事を世界に教えてくれると、さりげなく熊本地震に触れて、<ふるさと>を
日本語で歌ってくれました。 一番は本当に日本の唱歌を歌うように素直な歌い方。
プロはちゃんとオリジナルの雰囲気をしっかり伝える歌い方をするのだと感じ入る
歌い方でした。 

この記事のURL | 未分類 Not assorted | Comment(10) | ▲ top
| メイン | 次ページ