FC2ブログ
Gallery に寄せられた40代のアジョシのお話 (追記) 
- 2016/04/20(Wed) -
2007_a1.jpg
credit:  写真ない 

いいお話しとして、昨年7月に寄せられた40代の男性の投稿が再び紹介されて
いました。 一般の方の事件とヒョンジュン君に対する温かい大人の目線が
嬉しい寄稿文、前に一度アップしたかもしれませんが..

Gallery 
40대 아재에요(글이 깁니다) 40代のおじさんです(文が長いです)
2015-07-23 21:26:02

この文章をあげるのは、アイドルやそのファンに関して良い目線で見れなかった
私のような既成世代の間でも、このような見方をもっている人達がいるという事を
ここのキムヒョンジュンさんのファンにお知らせしたいと思い、アップする文章で
あり、これまで気苦労が激しかったファンの皆さんをささやかでも慰めてあげ
るためであります。

大部分の大衆がキムヒョンジュンさんというアイドルに接するきっかけは
多分 <花より男子> というドラマのためだったでしょう。 やはり私もこの
ドラマで知りました (このドラマを私が楽しんで見たのではなくて、周囲の
女性達がドラマファンなので、致し方なく ) このドラマの人気に支えられて
Happy Together のような芸能番組にも出演したのを見ましたが、私が見た
キムヒョンジュンさんのイメージは < この子は貴公子みたいな外貌に
似合わず、さっくばらんで飾らない善良な友達
 >のような感じでした。

事実、昨年(2014年) この事件に接した時は、嘘をついてない、今後はさらに
事態の推移を見守って判断しなければならない事件だなという感じを
強くもちました。 

何故なら、これまで放送で見せてくれたキムヒョンジュンさんのイメージが
芸能人を好まない否定役な部類の人間が主張する <猫かぶり> だと
罵倒しても、私は自然体で現れるキムヒョンジュンさんの、そのイメージを
本物だと信じてきた人間だったからです。 
(人を否定的に見ようとすれば
否定的な面だけが見え、肯定的に見れば、その人の良い点だけ見えるように
なるでしょう^^)

それから、このようにスキャンダルが出て真実が明らかになる暇もなく
一方的に罵倒を浴びせられ、間違ってもいないのに埋められた事例を
いくつか見ているので、付和雷同しないんです。 最も代表的な事件は
チュビョンジン事件 주병진씨 사건 とキョンヒ大学 ソジョンボム教授事件でしょ?
(* 夜にこの事件の概要を調べてみます。 一つはイジェマン弁護士さんが
担当された事件だったと思います) 

2007_a2.jpg 

いまだに 事件の真実を真っ直ぐ見る事ができない人達もいますが、私の
ような人間も多くいるという事、皆さんはちゃんと認識して、頑張って
下さればと思います。 

ともかく、皆さんは1年余の困難の時間をちゃんと耐えてきました。 私も
90年代後半に女性アイドルグループを好きだった時があり、最近でも
一つアイドルグループを応援しているオジサンファンなので、これまで
気苦労をされた皆さんの心情を、誰よりもよく分かります。 (90年代
後半は今よりもっと酷かったんです。 荒らしは勿論、ファンレターを口実に
した殺害の脅威など、その程度で、今よりずっと深刻でした)

それから、キムヒョンジュンさんもこれまで気苦労がいかに激しかったか
当事者ではないが、その気持ちを推し量る事さえできませんが、それでも
悪魔のような時間に耐えて国防の義務を果たしている姿は本当に称賛して
あげたいと思うという言葉しか思い浮かびません。

お願いしたい言葉は...いい事例を作りましょう。 汚名をきて瞬間イメージ
が落ちたとしても、再びその汚名を脱いで以前よりももっと活発に活動
するスターがいるという事例という事です。 


そしてキムヒョンジュンさんがその初の事例になれるように、キムヒョンジュン
さんが除隊するまでファンの努力が何より重要だという事をよく理解して
いらっしゃるだろうと信じます。

最後に、1年という長い時間の苦痛の中に、それでも自分が好きなスターへ
信頼を捨てることなく、てきぱきと解明資料を作成し、あちらこちらで努力し
(ブログ、ポータル投稿を見れば、努力が鮮明に見えます) キムヒョンジュン
さんと共に同じ痛みを味わい、涙を流したキムヒョンジュンさんのファンを
応援します。 

ある人達は、マニアック(ややクレージーなファン)だと罵倒したとしても
それは健康な事であり、健全なファン文化から生まれる純粋なスターへの
愛であるなら、皆様は尊敬を受けるだけの資格があります。 

          ::::::::::::::::::::::::::

以前訳していた時とはまた違った感慨があります。 人生の経験者は
過去の事件経過を思い出し、この事件に重ねています。 裁判には苦労して
勝ったけれど、復帰できなかった芸能人の事も思い浮かべている事が
分かります。  

シグナルが又 私の中で重なります。 皆が望んでいるものは、
まさに この方が書いているように、汚名を着せられても、それをしっかり
脱いで、もっと活躍する <事例>を作ってほしいという事、一人でもその
事例の先駆者が存在するなら、それを灯台守にして、同じ目に遭っても
後の人達が頑張れるという事。 

ソンイルグルさんも、合意せず裁判で打ち勝つという事例を作りました。 
ヒョンジュン君の事件はもっともっと複雑で、誰がどこに潜んでいるか
まだ全貌が解明できていない事件ですが、<良い事例の先駆者>に
なれますように、やっぱり Kim Hyun Joong は ヒーローになる運命、
そういう星のもとに生まれてきた人なんだと思います。 

* 投稿にあった二つの事件のうち、チュ、ビョンジンさんの事件はやはり
イジェマン弁護士さんが裁判に敗訴した後に引き受けて、無罪を証明した
事件でした。 ↓ 
この記事のURL | 未分類 Not assorted | Comment(4) | ▲ top
| メイン | 次ページ