FC2ブログ
私のハングル勉強法 TOPIK編 (追記あり)
- 2016/04/24(Sun) -
M_EP1_Trans73.jpg
(懐かしいメンチン、ゆいちゃんに本名は何という名前ですか? なんて
メールをうっているヒョンジュン君 ☆ ソフトな表情が懐かしいです )

先週の日曜日の夕方は頭がドロドロ、くたくたで帰宅しました。 

昨年10月に続き、二回目のTOPIK 韓国語能力試験 II (中、上級)二回目のチャレンジ。
TOPIK は去年に改正されて、中級(3、4)と高級(5、6)が合併してTOPIK II になって
います。 去年はハングル検定準2級合格後一年かけて中級の復習をしたので、あまり
準備なく受けました。 対策本で新しい傾向と練習問題だけさらっとやり、自分のレベル
でミスを減らすために、聞き取りは40問まで回答。残り10問分の時間を作文にあてま
した。 読解もミスを減らすために、ある程度じっくり読んだので40問まででタイムアウト
10問答えず.... でも読解だけはまあまあだったので、5級にあと8点で4級という結果
でした。 上級の勉強には着手していなかったので、俄然やる気が湧いた12月でした。 

とは言え、聞き取り、作文は相当頑張らないと 5級にはあがれないので、又あれこれ
ネットを彷徨ったり、HANA を読んだりして、自分なりの方針を固め、テキストを決めました。

TOPIK は聞き取り50問で60分、直後に作文50分、その後30分休憩はさんで
読解が70分で50問、あまり深く考える時間がありません。一回で聴いて理解し、
一回読んで把握して答える、その連続でスピードが求められます。 かつIIからは
作文があるので、本当の総合力が試される試験だと思います。 ハン検みたいに
単語一つ、慣用表現一つ覚えていれば点がとれる、そういう問題は一つもないです。
全体を細かい点まで理解しないと、正しい答えが選べない仕組みです T_T

一番苦手だった聞き取りが良くなる方法? 
目指せ 中級突破で著名な前田先生のお勧め学習法、ひたすら音読する! 
正しい発音で 一つの文章を 15回音読、15回シャドーイングというのをやって
みました 💦 
この記事のURL | 韓国語 豆知識&私の勉強法 | Comment(9) | ▲ top
| メイン |