今の気持ち...
- 2017/04/04(Tue) -
SP_2008JpnTour_a.jpg

credit:  写真内 

 今回のような事があった時、人によって考えること、どんなことをするか
本当に様々だと思います。 私はといえば、twitter は見ません。これだけ
3年間韓国メデイアに翻弄されてきたのに....と思う言葉は読みたくないから.. 
韓国メデイアで実験を行った結果、ネットに出る嘘のニュースを見分けた
人は 1%台だったそうです。今、日本のメデイアも韓国化しているように
核心からずれた処に集中する時がありますが、まだぶれた処から核心に
戻そうとする動きが出てくる健全さがあります。 

 韓国メデイアで最近心に刺さった報道といえば、前大統領が逮捕された時
目を疑う光景をニュースで見ました。 お花をもっている人達、支持者では
なく、アップになったお花に下げられていたメッセージが <入所(拘置所の
こと)おめでとう、30年間そこで過ごしてください >💦 カメラに
映っても隠れようともしない女性... もっと心に刺さったのは、彼女が入る
であろう独房のスペース、内部の情報、金属の食器に145円の食事.... 
何故、そこまで非情で冷酷になれるのか... 儒教的に彼女は見下してよい
下の存在になったから何を言ってもいい.のか.. ウリではない ナム 남には
態度ががらりと変わるという一例なのか... 私達にはここまで人を追い詰めたり
哀れな状況をメデイアで克明に流したりする事はとてもできないと思います。
ここまで底意地悪くならずに、淡々と報道できないものだろうかと、愕然と
しました。 Gallery でもその底意地の悪さを発揮するアンチが沢山きて
ファンに何故 ファンを辞めないのかと追い込みます。そういうのを垣間見る
だけで、今回の事を利用している人達、ファン剥がしにアルバイトを動員
しているのかもと、ファンも気がついてもいいのではないかな?と思います。
結局、一方的な電話でのそれも後から分かってみれば違っていた..そんな類
の説明であった事が判明した状況説明で何が正確に分かると言えるのでしょう? 
twitter は見なかったけれど..ブログは色々読んで、又落ち込んでしまいました。 

 救ってくれたのは、ある一冊の本を開いて偶然に読んだエッセイでした。
2年前に読解力を高めようと購入して、難しくてほっとおいた 좋은 생각 
直訳すると <良い考え>という月刊誌を最近読みだしていたので、たま
たま開いたページにあった< 黒の水玉 ブラウス >というエッセイ.. 
お習字を習っていた時、硯と筆を洗っていて墨汁が真っ白なブラウスに
跳ねてしまってできた、墨色の点々.. 洗っても洗っても消えない染み。 
筆者の頭に閃いたのが、アップリケで染みをカバーする事。コットンの
ハンカチの模様のモチーフ、柑橘類や草花、パラソル、島の形に切り抜いた
布をブラウスに当てて、縁取りを刺しゅうして縫い付けていくと、この世に
一つしかないブラウスに生まれ変わったというお話でした。 筆者は最後に
こんな言葉で締めくくっていました。 

 人生も時には望みもしない染みがついてしまう事がある。 消したり
振り落とす事ができない染みを美しい模様で覆い隠す事ができたら
どんなにいいだろう。 私のブラウスを見るに、不可能な事ではなさそうだ。
染みを覆い隠す事できるほど良い模様を探せばいいのだ。それから真心を
込めて刺しゅうする。 過去にしばられず、現在を忠実に生きていく..
着実に歩めばいいのだ。 暗い現実におかれても明るい未来を夢みるなら
悲しい過去が覆われる。 黒い水玉が隠されたブラウスのように...

 
 
d0045037_48db9fe520d66.jpg

 ヒョンジュン君は、会社が説明してしまった以上、それ以上の声明文
を出さない限り、彼が自分の口から何かを言える立場にはいません。 
上司をさしおいて、社員が勝手な行動をとれない、社会人であれば
誰にでも分かる事です。 会社のきちんとした公式説明がなかった
以上、これ以上の事を求める事はできないと思います。 勿論、人間
なら最善を求めるものですが、それが不可能なら、その次の可能な
次善で事をおさめる.. 事も大切だと思います。 

 ヒョンジュン君が急ぎ過ぎないように、ゆっくり歩いていていいんだ
よという気持ちになってもらえたらなと今は思います。 今まで沢山の
良い事を積み重ねてきた彼ですから、今おきてしまった事を補って
あまりある良い事を積み重ねていくと信じています。 

この記事のURL | 未分類 Not assorted | Comment(2) | ▲ top
| メイン |