スポーツ朝鮮 Choa Interview く追記>
- 2017/08/11(Fri) -
2017081101001030500072701.jpg
credit:  スポーツ朝鮮

追記: 表紙のチャングンソクさんをNaver, Daum で検索しましたが
10ページものインタビュー受けているのに、韓国でのカバーはゼロ
です。 映画出演の話題も少しだけ...1987年8月生まれ、まだ入隊
しなくて大丈夫なんでしょうか? もう入隊は済ませているのかな? 
よく分かりませんが、ヒョンジュン君の2ページのインタビューが
カバーされているのとは対照的です。
 

朝鮮日報のスポーツ版ですので、さすがにバランスのとれた報道内容です。
他の媒体とは一線を画しています。 

キムヒョンジュンが日本の月刊誌のカバーを飾った。親子関連法の攻防と飲酒
運転物議で国内活動よりは海外スケジュールを消化中のキム・ヒョンジュンは
最近出版された日本の月刊誌'choa'8月号とインタビューを行った。

2月除隊後初のソロ全国ツアー'キム・ヒョンジュン、日本ツアー2017-innercore'を
成功裏に終えたキム・ヒョンジュンはインタビューで、最近相次ぐ紆余曲折について
"私と永遠にいっしょに歩いてくれというファンたちの言葉に大きな力を得る"、
"そんなファンたちがいるから私が何か失敗したり、ある面で至らない事があったら、
それを繰り返さないために、気をつけなければならないと思う"と話した。

キム・ヒョンジュンは"2年ぶりの初公演だが、アリーナのような大きなホールよりも
う少し小さい大きさの公演場でファンをもっと身近に会いたかった"、"京都、大分、
センダイ、札幌などの都市でより多くのファンに挨拶をするため、多くの努力を傾
けた"と話した。

2017081101001030500072702.jpg

日本ツアー後に新アルバム発売計画も伝えた。キム・ヒョンジュンは"近いうち
に私が直接書いて作曲した曲をお聞きになれるだろう"とし、"アナログ的
感受性で楽しむことができる簡単な楽器の構成で、冬ごろ発売を計画している"
と明らかにした。しかし、"無理したくはない。

ツアーを終えた直後と身体的、精神的な面を考慮した時、新しく始めたい"、
"しばらく休息を取れば次に対する情熱を得られるだろう"と付け加えた。

俳優への再挑戦に対する質問に、日本でドラマ作業中の'ワンピース'を言及し、
"20周年を記念してドラマで作られているそうだよ。もし私が挑戦するならば、
'チョッパー'役がよさそうだ"、"一番好きなアニメだから合った役割があれば
参加したい"と笑った。

彼は'未来のキム・ヒョンジュン'のイメージに対する質問に長い時間熟考する
"除隊した後、未来よりは現実を対面しなければならないと思う"、"今日を向
き合うことが、未来を眺めることよりも重要だと考えるようになった"と慎重に話した。

そして、ファンに向かって"長い時間の間、相変わらず私を待ってくれた皆さん
との出会いを通じて本当に多くの力を得た"、"音楽や他の手段を通して、
皆様たちの愛と大きな愛情に応えてあげたい。ファンにはただの感謝の心だけ"
と重ねて感謝の気持ちを伝えた。

一方、除隊後、飲酒運転で罰金刑を受けたキム・ヒョンジュンは国内外の
ファンミーティングを強行し、正面突破に乗り出した。この6月6日、日本で
シングルの形の新曲を発表してオリコンチャート1位になり、計16都市で
21回の日本ツアーを盛況裏に終わらせた。


lyn@sportschosun.com

           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最近は日本のますメデイアも核心からずれた報道に流れ、重要な事を伝える
という役割は果たしていませんが、韓国メデイアはもっと彼等の世界の中
で書いている記事に、国民とか大衆という言葉を混ぜてはいますが、決して
一般人の目で書いてはいない媒体が沢山です。 

他の芸能人の方に比べてヒョンジュン君の事件は時間がかかっていますが
一般大衆でもよく分かった方から見れば、お金の力で裁判の進行や検察の
動きを早くする事もできるのに、そうはしていないと見る事ができるそう
です。 お金や国会議員レベルから動けば、裁判や事件解決はいくらでも
スピードアップできるのが韓国だそうです。 某俳優さんが何年も前の
事件に対するネチズンの否定的反応でなかなかドラマが思うにいかないの
は、お父様が実業家の富裕層なので、事件がいとも簡単に早期解決和解で
終わった事に、”終わらせた”という印象が大衆の中に深く、その後遺症だ
だと韓国ペンさんから伺いました。 日本にいてメデイアでしか知る事の
できない私達には、目から鱗の視点でした。 

ある意味、ヒョンジュン君は一般家庭の人、本人は有名だけど韓国的な
意味での力、パワー、コネが効く家柄ではなく、一般人として正々堂々
闘っていると言っていいという事。 無理やり、全て無嫌疑で終わらせ
ても、女性家族という関係省が出てきて、より悲惨な事態になっている
ケースもあります。 普通にどんな勢力の力も借りずに、借りれず?
一般人と同じく個人で闘っている珍しい芸能人といえます。 

この記事のURL | 雑誌 (翻訳・写真) Magazines | Comment(0) | ▲ top
| メイン |