Gallery: 控訴してきちんとやってみよう☆
- 2018/02/08(Thu) -
 私がいつも事件経過の分析を見ているブログ主さんと同じ趣旨の記事が
Gallery にもあがっています。 

credit: gallery

항소 가서 제대로 해보자 控訴してきちんとやってみよう。

一審で無罪だった事件も2審にいって覆されるケースが多い
(* これは韓国の事例です )
検事が控訴する場合,  *不利益変更禁止原則が適用されず
一審より、より高い刑が宣告されるケースが多いという

不利益変更禁止とは(Naver) 
刑事訴訟法
第368条(不利益変更の禁止) 
” 被告人が控訴した事件と被告人のために控訴した事件に関しては
原審判決の刑より重い刑を宣告する事はできない。
つまり、今回の場合、検察が控訴すれば、この原則は適用されず、逆に
原審より重い刑を期待できるかもしれないという意味。

懲役刑の有罪を主張したのに、罰金刑が出たなら、検事は当然控訴するだろう。
2審はゲルジュ一審のように、地方法廷 単独判事1名が宣告するのでは
なく、判事3名で構成された合意付加の判決を下すことになる。
一審で、一般常識と,明白に証拠を土台に判断したなら、こんな理にかなわない
論理がなく、文脈さえ右往左往する判決が出るだろうか? 

(* 一審である地方裁判所がいかに低次元であるか? 一人の判事を
抱き込めばOKであるという意味ですね)

常識に反し、証拠をそっくり無力化させる判決を下すとは、全くあいた
口がふさがらない。自身の判決記録に永遠に残るだろうに、このように
するなんて、社会に公論化されたらなら、決して恥ずかしくない判決
であるという事はできないと私は思う。

時には、法律を扱う人達が社会人の常識と成熟がついて来ない
場合がある。 ひょっとしたら、被告人側でより集中力を発揮し、
気力を尽くして、抜け出そうというエネルギーを注ぎこみ、このような
結果をもたらす事ができたのかもしれない。

被告人が上手くやったという事ではなく、闘いは相手がわより、自分が
より切実であってこそ勝てるように思う。 
ゲルジュが切実ではなかった
という訳ではなく、私達は純粋に法と常識に期待をかけたが、
被告人と彼女を取り巻いた勢力は、もっと一丸になって狡猾(悪辣に)
に打ち勝つための全ての事をやったのだと思う
。闘いを始めたなら、そして
私の人生と愛する人達に死ぬ想いの時間を与えた事に対して相応の
対価を支払わせてやると心に決めたなら、

それは同時に世の中が語る 正義、未来に向かう舵だという自覚を
持っていれば、これからは勝つためにもっと集中して最善を尽くさな
ければならないと思って。

ゲルジュの時間を誰よりも大切だと考え、惜しんでいるのであれば
残った日々が長く、その未来は今の現実をいかに過ごすかにかかって
いるので、どうか力の限り、思いきり戦って。
前進する足取り一つ一つごとに 味方になってあげるから

書いてみたら、あれこれ言葉があまりに多くなってしまったね..

                                                   :::::::::::::::::::::::::::::

味方になってあげるって........... どなたが書いて下さったんでしょう? 
今日という今日、さすがに心が折れてしまった方が多いはず。 私もです。 

まるで朝鮮時代に戻ったような、まさに論理も何もなく、決まっているのは
悪いのはあやつである!という結論だけ。 なんたって、医師照会書まで
無視、有効ではないかのような扱いをして、妊娠していないのに、していた
かもしれない? それって、裁判官は最上級の両班で、医師は朝鮮時代は
中人の階級で、両班より下の身分なので、無視できる? とても現代に通用
しない屁理屈を並べたてましたね。 心の中でそう毒づいてました。

そして ハングルでよくも悪くも使われる表現、<手足のテンポがよく合う> 
一人で子供を育てているという判事、お餅をもっともらうために子供まで
法廷に連れてきて、母親が有罪になって泣く姿を子供に見せるようには
なるまいという魂胆 ... 足並みがよくそろっているなあと思いました。 

確かに、悪辣に裏であの手この手つかい、裏勢力 総力戦をかけたのかも
しれません。 いや、きっとそうでしょう。 そうでもなければ こんな
メチャメチャな判決は出ないし..............韓国の地方裁判所のレベルが
分かるというものです。 故に二審で翻るケースが多い、故に二審に
行かねばという事ですね。 

キムヒョンジュンさんと、ご家族、そして私達の失われた時間を取り戻す!
まさに感激時代のシンジョンテの台詞に戻ってきました。

闘いは切実な者が勝つ! 

この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(12) | ▲ top
| メイン | 次ページ