FC2ブログ
刑事訴訟の控訴は誰ができるか? 
- 2018/02/10(Sat) -
 今度の判決で怒り心頭である事、FCのあれなあに?な対応に苛立ちを
覚えている状況は誰しも同じですが。 が、twitter を見ていると
民事訴訟と刑事訴訟の違いなど、混乱しているようなので、僭越では
ありますが、整理させてください。 Gallery を良く読まれている方は
OKさんが何度も説明しているから分かると思いますが.... 

   刑事訴訟は原告(キムヒョンジュンさん)がチェ氏にかくかくしかじかの
被害を被ったので捜査し、法的処罰をしてほしいと代理人を通じて
訴えたものです。 自動的に起訴されるのではなく、検察が取り調べを
して<検察自身>が、チェ氏に罪があると判断したので、<検察>が
チェ氏を起訴したのが、今回の訴訟です。 

 最初、十分な調査、捜査をせずにチェ氏を無嫌疑(*正確には無罪
とは違います。起訴するには証拠不十分である、立件に至らずという
事です。)にしたので、ヒョンジュン君の法律代理人が<抗告> 
(再審査請求)をして、それを地方裁判所の一つ上にあたる、高等裁判所
が再審を認める判断をしました。 ですが、先日説明したように
判断は高等裁判所が行いましたが、裁判は一審に当たる、地方裁判所
からスタートして、先日下ったのは、一審判決です。 


 ではそれに不服の場合は二審、高等裁判所に認められれば進む事に
なるのですが、判決内容に不服として <控訴>できるのは、被告人
である チェ氏か、チェ氏と法廷で争ってきた <検察>のいずれか
です。 検察は刑事訴訟ではヒョンジュン君の側にたって、チェ氏と
闘っている訳です。 事務所が何故 控訴しないのか? ヒョンジュン君
が控訴するよね? と言った言葉を見かけましたが、ヒョンジュン君
の立場にたって <控訴>できるのは、あくまで <検察>です。 
チェ氏も検察も両方が 控訴する事は可能です。 なので、憤まん
やるかたないのは分かりますが、控訴できる立場にいない人、会社に
控訴を迫るのは間違いだと言えます。 

 日本と韓国、刑法はほぼ同じルールなので、日本のサイトから
控訴期間は、韓国の場合 1週間だと Gallery にありました。

credit:   
控訴は誰ができるか?

Q.控訴申立ては誰ができるか。控訴審からの弁護人ができるか
 控訴の申立権者は以下の通りです。
 
検察官・被告人(351条1項)
被告人の法定代理人・保佐人(353条)
③原審における代理人・弁護人(355条)
※②③は被告人の明示した意思に反しないことが条件

 従って,控訴審からの弁護人は控訴の申立権者ではない。
 もっとも,条解刑訴1000頁は「原判決後に選任された弁護人について,
最高裁は,従来の判例を変更して,弁護人を選任した者(30②参照)が
上訴権を有しない場合(353参照)であっても,包括代理権に基づき被告人
を代理して上訴申立てをすることができるとした(最大決昭63.2.17集42-2-299)。

 あと、用語がやはり かなり混乱しているので... こちらを参照願います。



 裁判には,判決・決定・命令という種類があります。このうち,
判決に対して行う上訴を特に,「控訴」「上告」と言います。第1審判決に対
する不服について高等裁判所に対して行うものが「控訴」で
,高等裁判所が
第1審または第2審としてした判決に対する不服について最高裁判所に対して
行うものが「上告」です。

            :::::::::::::

 つまり、私達は勿論、ヒョンジュンさん、ご家族、弁護士さんのお考え
と <検察> の考えが一致するかどうかわかりません。 ヒョンジュン君
を守る立場で戦ってくれるのは、あくまで <検察> であり、
控訴の決定権も <検察> にあります。 


 民事は、人を裁いて刑罰を与える刑事訴訟とは違って、お金の問題で
相互の意見が一致しない場合の争いなので、基本的に利害が関係する
両者の争いであり、従って、控訴も両方がする権利を有しますが、刑事
訴訟はそうではありません。

 このように、利害か、刑罰に値する罪に値するか否かで 民事、刑事
訴訟に分れるので、控訴についても 民事と刑事は違うという事を
今一度 ご理解願います。 
 

この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(9) | ▲ top
| メイン | 次ページ