FC2ブログ
Haze から New Album へ...... ロックが聴きたい
- 2018/05/14(Mon) -

Collage of 2018 Kim Hyun Joong "H A Z E" world tour 
credit: pigmy Paula さま 

 早く Haze 総集編が出ないかな~と首を長くしています。マカオはあまりに規制が
厳しくて、職人さんの出番がなかったので素敵な動画がついに出てきませんでした。 

 想いは次の New Album に飛んでいます。 週末テレビで偶然見た、ナベプロが
育てたアーテイスト特集で、思いがけなく懐かしいグループが出てきました。
嬉しくて、懐かしくて Youtube の森にどっぷり^^ イギリスのロックバンド
< Queen > を武道館に招へいし、それが Queenが飛躍するきっかけになった
との解説に目からうろこ。 ちょうどテレビで紹介されたのが < Killer Queen >
ロックでは珍しく、とても
お洒落な歌詞 で好きなレパートリーでした。
ボヘミアンラプソデイー  は一世風靡したので年代にもよりますが、どこかで
聞いたことがある曲ではないでしょうか? 

 10代からロック歌手を目指してきたヒョンジュン君はどんなロックバンド
が好きだったのか、話してくれるでしょうか? 歌詞も作曲も編曲まで手掛けた
次のアルバム、Take My  Hand はまだソフトなロックかもしれませんが、
いつか、ギターを じゃじゃ~~~ん!と鳴らしてステージに登場して、想いの
ままの歌詞を歌ってほしいなあって思います。 飛んでもなく現実からかけ離れた
歌詞でいいと思うんです。 小粋な歌詞、小粋なメロデイは都会的でお洒落て
彼には似合っていて、個人的には好きでしたが、もっと飛躍したロックらしいロック
に思い切って行ってほしいという密かな願いもあります。 スニーカーで
行けるような...  ファンと交感できる歌いやすい曲もいいですが、うわ~~~
なんて素敵な歌詞だろう~どうしてこんな言葉がうみだせるんだろう?
そんな驚きも味わいです。 それこそ ロックの醍醐味の一つ☆ 


1526304849.jpg

1526304849 (2)

1526304849 (1)

断捨離第二段していたら、昔 オランピア劇場できいたフランスのロック歌手
やら、バレエダンサー、懐かしいパンフレット発見、他の人が見たら古ぼけた
紙にしか見えないけれど、私には大切な思い出。 ぴ~んと張りつめた
空気が蘇ります。 ペンライトがない頃、フランス人はライターをペンライト
代わりに使っていたと思います。 凄く新鮮だった記憶があります。

この記事のURL | Fancam: スペイン、韓国、アジア | Comment(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ