FC2ブログ
イスンマンTV の李教授に暴挙
- 2019/07/31(Wed) -
 多くの方が応援しつつ心配していたことが、イスマンTV関係者におきてしまいました。
twitter でもよくお見かけする評論家の西村氏が詳しく、韓国の方に依頼された事件の
詳細をシェアしています。 (李教授は先日 Geneve 国連にいって韓国政府の主張の
間違いを指摘する活動をしてくださった方です)

credit: 西村幸祐氏のFacebook 

恐れていた反日原理主義者による、韓国人学者へのテロが遂に起きた。韓国の現在の狂乱状態では
起こるべくして起きた言論弾圧テロだ。

幸い大事には至らなかったものの、襲われたイ・ウヨン博士は、今年7月の連合国人権理事会
で日本人と一緒に、軍艦島の徴用工は強制連行ではなかった、と史実に基づいた訴えを起こした。
彼は反日プロパガンダや反日ファシズムという全体主義、北朝鮮の主体思想とも闘う、言論、
学問の自由を守ろうとする数少ない韓国人の一人である。


---------以下はシェア先の引用
実証的研究と言論で反日的歴史歪曲を正し、真実を韓国国民へ広めるべくご尽力されておられる
李宇衍(イ・ウヨン)先生が、乱暴かつ脅迫的行為を受けました。
これまでも嫌がらせ行為はあったようですが、今回は犯人が李先生の所属する落星垈(ナクソンデ)
経済研究所に乗り込み、ビデオカメラで撮影しながら暴れ、脅迫・挑発したにもかかわらず、
警察はこの犯行を重く受け止めず、その場で逮捕せず放免したそうです。
以下は、韓国ネットメディア「THE THIRD WAY」編集者の주동식さんの投稿を日本語訳したもの
です↓

***********************
広く知られるよう、たくさんのご共有お願い致します。
【イ・ウヨン(李宇衍)博士に対するテロ事件】
韓国社会の反日狂気が、ついに良心と思想、言論の自由に対する本格的な不正と暴力、テロに
つながる様子です。
徴用労働者問題などについて、良心的な姿勢で所信のある発言を続けてきたイ・ウヨン博士に対し、
白昼テロがあり、警察は「何でもないこと」とし、犯人を放免したそうです。

昨日(7月29日)午後3時30分ごろ、ソウル奉天洞(トンデムング・シンソルドン)所在の落星垈
(ナクソンデ)経済研究所に、約70歳と35歳ほどの2人の男性がやってきてドアを蹴飛ばして、
大声を上げたり、イ・ウヨン博士の顔につばまで吐く乱暴な行動をしたそうです。

彼らは研究所を訪れ、「ドアを開けてほしい」と求め、この時から若者は小型ビデオカメラ
で撮影を始めました。
玄関の扉を開けず、「何の用件か」と尋ねると、「経済研究所に経済問題を尋ねたがってきた」
と荒々しく答えたそうです。

そのときから彼らは喋るたびに「ドアを開けなさい」、「開けてください」と叫び、用件を
再び尋ねると、「自分がソウル新聞記者」とし、「イ・ヨンフン、イ・ウヨンに聞きたいこ
とがある」と言いました。

何を質問するのかと再び確認すると、彼らはこの時から本格的に「親日派野郎」、「売国奴野郎」、
「君が徴用なんか行ったことがあるか」など大声を上げてガラスの玄関ドアを激しく蹴りながら
「ドアを開け、この売国奴野郎」と吐き出し始めました。

イ・ウヨン博士と研究所側は、この状況を警察に通報しました。 その時から建物の階段で音が
大きく響くくらい彼らは約30回くらいにわたって足で玄関のドアを激しく蹴りました。

耐え切れなかったイ・ウヨン博士が玄関のドアを開けて出て、「私がイ・ウヨンだが、何の用件か」
と尋ねると、顔をつきつけて唾を飛ばし、「お前がイ・ウヨンか。 この売国奴」などと暴言を
浴びせかけながら、指をさしながら繰り返し聞いてきました。

さらに彼らは「顔を知っておいたので、ここでは通れないようにする」と脅迫もしたそうです。
しかし、イ・ウヨン博士は敢えて答えなかったそうです。

老人の場合、イ・ウヨン博士の顔を指で刺し、顔に唾を吐いたりもしました。 騒ぎに驚いた
建物主が下りてきて彼らを引き止めようとしたが、暴力的な行動に驚き、積極的に止めることは
できなかったそうです。

20~30分程経った3時50分から4時頃に警察が到着しました。 警察は彼らを制止しましたが、
しばらく大声が続き、警察とともに階段を降りながら叫び続けました。 一緒に来た若者は
この過程全体を撮影しました。

警察は彼らを特に制裁なしで放免したそうです。 研究所側が「現行犯をどうして逮捕しない
のか」と抗議すると、「私たちが適切に処理する」と答えたということです。
その後、警察は研究所に上がり、「先生の立場では非常に不愉快に思われるが、我々が見た
時は深刻な事案ではないため任意同行した」とし、「その後の状況を電話で知らせる」と
話したそうです。
イ・ウヨン博士は簡単な形式の被害者陳述書を作成し、その後警察は帰りました。

研究所を訪れた70歳ほどの老人は愛国運動連合のオ・チョンドという人で、朝鮮日報にも
行ったそうです。
落星垈(ナクソンデ)研究所側はこの問題に対する対応と法的手続きなどを話し合ってい
るそうです。

(以上)
***********************
李宇衍(イ・ウヨン)先生は、「慰安婦と労務動員労働者の銅像設置に反対する会」
「反日民族主義に反対する会」の代表・主導者であります。

これまで戦時下の日本人・朝鮮人炭坑夫についての研究論文の発表、Facebookやマスコミ・
ネット番組などを通じて、歴史捏造やそれを利用した反日政策に反論し、日韓史の真実拡散
にご尽力され、また韓国での街頭集会では直接、それらを韓国国民へ訴えてこられました。

今月7月頭には、ジュネーブ国連欧州本部のシンポジウムにて、元軍艦島島民の方と共に、
朝鮮人炭坑労働者の真実・朝鮮人の奴隷労働・強制連行という歴史捏造について訴えられ
ています。

言論・研究に反論や異論があるならば、それに対して言論や研究で対抗すればよいのです。
言論や研究で対抗できないから、暴力的に脅し、さらに相手を挑発してその様子をカメラ
で撮影するとは、とても計画的で卑怯で悪質です。
私たちができることは、何でしょうか?
ひとつの方法としてとても有効なのは、情報拡散だと思います。ぜひ拡散・共有をお願い
いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆戦時期日本へ労務動員された朝鮮人鉱夫(石炭、金 属)の賃金と民族間の格差
李, 宇衍落星台経済研究所 : 研究委員
https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_downloa…/…/p063.pdf…
◆韓国で染みついた「奴隷」イメージ 背景に複雑な賃金計算法「『意図的な民族差別』
事実と異なる」韓国人研究者が結論
https://www.sankei.com/polit…/…/170411/plt1704110003-n1.html
◆韓国釜山で1回目の像設置反対集会
https://mediadonki.com/archives/876
◆韓国ソウルで像建設反対集会
https://mediadonki.com/archives/328
◆李承晩TV「5.“強制徴用"の神話」
https://youtu.be/CC4sDzrlNCQ
◆李承晩TV「6. 果たして"奴隷労働"だったのか」
https://youtu.be/rfMnrCUiof0
◆李承晩TV「9. 朝鮮人労働者"民族差別的賃金"の真実」
https://youtu.be/5h5DInKFTjI
◆「地獄の島」は誤解 軍艦島の元島民らが韓国側に反論
https://www.sankei.com/world/…/190702/wor1907020038-n1.html…
◆軍艦島“地獄の島”は誤解 元島民らが韓国側に反論!「賃金の民族差別はなかった」
https://www.zakzak.co.jp/…/ne…/190703/for1907030006-n1.html…
◆国連シンポで主張された「朝鮮半島出身労働者」研究の中身
http://agora-web.jp/archives/2040085.html…
◆国連のジュネーブ本部会議室で開催される<軍艦島の真実>での発言内容
https://mediadonki.com/archives/1005
https://www.facebook.com/seiko.fukusima/posts/1592202184248504

訂正: 70代の老人に関しては、間違ってお伝えしたようです。該当する
内容は削除したので、誤解なきように願います。 有難うございます。
(コメント欄に投稿があり、この訂正が追加されました)


수정) 70대 노인의 신상에 대해서는 잘못 알려졌다고 합니다. 해당 내용은 지웠으니,
오해 없으셨으면 합니다. 감사합니다.

                ::::::::::

 * ご存じのように、今おきている不買運動は、現職大統領の秘書官だった人が陰で
操作していると言われています。政府関係者もうっかり、不買運動を<対応策>と漏らして
しまう発言をした通りです。バラバラで一致団結することが本来苦手な韓国で、あのように
一瞬で整然としたバナーが全国に広がるなんて@_@  在米韓国人が、ローソクデモを見て
あれは、バックに北朝鮮がいてできる、韓国人にはあのような組織的な動きはできない、
苦手であると言っていました。

 頻繁に目にする <市民団体><市民活動家> とは親北朝鮮活動家のことを意味します。
非常に暴力的な団体でもあります。 フジTV産経新聞社、ソウル支局にも北を崇拝する
という、クレージーな大学生が会社に侵入してきたり、プサン領事館にも同じく大学生が
はいりました。ソウルの大使館も同じくガソリンをもって車で突っ込まれるというテロに
あっています。

 一般の人達とは違う人々です。 韓国はほぼ独裁国家になりつつあるといっても過言で
はありません。 朝鮮日報、中央日報は直接大統領から、言論弾圧を受けています。
(おかげで、もう正論は出てこなくなりました) 

 警察も公務員です。 うっかり真面目に仕事をすると、後々逮捕されたり、国に告訴
されてしまうご時世です。 前の検事総長が逮捕されたり、目立つ人、前の政権で功績の
あった人ほど、難癖つけられて見せしめのように刑事処罰の対象となっています。 
<帝国の慰安婦>の著者は罰金で済んで、まだましと言わざるを得ない状況になって
きました。   

 こうした暴力で言論弾圧するところ、どこかに似ていませんか? 香港でおこっている
ことと同じではありませんか? 社会主義国家になるという事は、暴力が正当化される
恐ろしい社会になるということです。 韓国の方々は、まだ次の選挙の機会にと考えて
いるようですが、今の体制なら、国家情報院、メデイア、ネットあらゆる手段を使って
同じ、反日反米、親北の指導者が選ばれるようにするはずです。 

 今の韓国は、超大国でもあるかのように、日本に自分の言うことを聞け、さもなくばと
恫喝する............ 勘違いですが、精神的には超大国の行動パターンをとっています。

 やはり、鈴置高史氏の予想のシナリオに向かっているようで非常に怖いです。全てが
現職大統領が描いている統一朝鮮へ向かう絵図...とは 
こちら

この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ