FC2ブログ
今日の散歩 ⑰-中国、韓国に歴史の通史はないという事実 
- 2019/08/15(Thu) -
悲しい歴史の国の韓国人

 (2014年12月31日発行) 

 前回書いた李氏朝鮮末期で書いた閔妃殺害に関して、新たな事実が分かりました。 
宮脇淳子氏はモンゴルの研究家です。 この本は、中国、朝鮮半島の民族の興亡
(*国家の興亡ではありません)を実に分かりやすく解き明かしてくれるのです。 

                ::::::::::::

 
まず、閔妃殺害事件で分かった真実について著書から引用します。

 - 大院君(テウオンクン)、舅を中国に追放し、国政に関心をもたなかった国王、
高宗にかわって閔妃が実権を握り、一族で宮中を牛耳っていたことが事件の発端です。
閔妃は、日本から派遣された領事、外交官達が、出自が下層階級武士だったため
彼等を嫌っていました。 一方ロシアは貴族階級から外交官を派遣。閔妃と舅の大院君
の権力争いで日本は朝鮮半島の政治に巻き込まれていくのですが...1895年10月、赴任
したばかりの三浦悟楼(ごろう)公使が部下と王宮に入って閔妃を殺害と言われてきた
この事件、教科書に載っている写真が偽物だったことが最近明らかになりました。
これは日本にとって重要な事実です。
偽の閔妃

 何故なら、公使の配下の者はこの閔妃の写真を手にして王宮に侵入し、王妃を探して殺害と
言われているのです。 ところが、背景が映りこんだ同じ人物の同じ写真が見つかり、妓生
や楽隊など下層階級を撮る写真館で撮られたものだったということが、絨毯や置物の比較から
分かったのです。 

 そもそも王宮には3000人からの女官がいて、服を交換して誰かが身代わりになれば絶対分かり
ません (実際に謁見したことがなければ閔妃の顔を知るのはたったの写真一枚) にも
拘わらず、閔妃以外の女官は誰一人殺されていません。つまり、実行犯は閔妃の顔を知っている
人物だったということ、そうなれば犯人は大院君に決まっています (一緒に王宮にのりこんだ
ので) 

 結局、閔妃殺害は、大院君と閔妃の権力闘争に日本が乗せられたということです。 

 *どこまでも卑劣だなと思いますが、宮脇氏が語る、モンゴルから見渡したアジアの平原に
繰り広げられた民族の興亡、そして高麗という李氏朝鮮の前の王朝は何人であったか?
読み解いていくと、反日の根深い思想が腹落ちするようです。
この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ