FC2ブログ
次はリダの全力疾走が見たい ♪ 
- 2012/04/30(Mon) -




  credit:   kimhyunjoong23 by sarah さん Thank you !

     さっきまで 私達結婚しました、農村体験を見ていました^^ ミッションが入っている
  ポストまで 100m 全力疾走する二人、走る姿が 二人のオリンピックでも
  カモシカみたいに綺麗だったのを思い出しました。 ファンブインに応えた100m の
  タイム、 ファンブインがリダは早いほうだと言っていましたね。  先日のdocumentary でも
  ゴール傍で抜け出してリダが 疾走するのに誰も追いつけませんでした。 ストライカー
  のゴール前の数十メートルの速さが リダにあるんですね。 国立競技場 試合内容
  が点数が入ってとても面白かったようです。 行かれた方のコメントが入っています♪ 
  今回の 深海に沈んだ シーズンではサッカー姿が見られず 残念でした。 次は
  試合に出られるといいな~と思いつつ。

  リダの Singapore 入り オーガナイザーから発表で 2日水曜日 午後早い時間の
  到着との事。  前日にしっかりリハーサルできますね。 多分  TV などの取材も
  あって怒涛の5月になりますね。 Singapore の日程は 平日で学校の試験とか 
  やはり若い学生、会社員には 条件があまりよくはないとの事。 Singapore 在住の
  メル友さんから聞きました。 彼女も 若いファンの為に個人的にチケットを購入して
  あげたと書いてありました。  onlykhjtimes が 一人参加の海外組のホテルの
  ルーム・シェアリングの手配までしてくれたので Singapore から香港、台湾にも頑張
  って行くと書いてありました。 アジアファンミ トップバッターの開催、オーガナイザー
  のアピールしていた 電撃的なステージの ファンカムが楽しみです ❤

  2日は キュジョン君のファンミに出かけるので 空港動画はタイムリーにあげる事が
  できないと思います。 帰ってきてからファンカムチェックです。

  韓Fun  今 CNBlue の ジョンヨンハさんがリードしています    
   
    http://topics.jp.msn.com/kanfun/vote/

    可能なPC , スマフォでやってみてください。 でもフェアプレイで。 
    美容院に行ったら iPad 借りてやろうかと。 考えればもっとあると思います。
    海外でもこの投票はtwitter で頑張りましょうと言って参加している言を考えると
    日本のファンの投票がむしろ Henecia Japan の会員人数からすると少ない
    と考えられます。  MANA の時も日本人の投票率は他の国に比べて低い
    ものでした。  勿論 PC 不慣れな人も沢山いるかもしれないけれど、
    これはポチっとするだけの超簡単投票です。 頑張ってやってみて下さいね。
関連記事
この記事のURL | リダ関連 Leader-Related | Comment(2) | ▲ top
<<リダ の 日本アルバム7月4日 Heat リリース  | メイン | 品川駅: これは凄い ☆>>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/30 22:46  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: 反省!!-
  鍵コメN さん、

  こんばんわ^^ 
  リダに不名誉になる事は やっぱりできないですよね。
  もし 他ペンブログでそういう事を推奨していたら
  それをキャップして 韓FUN にお知らせする事は
  可能だと思います。 ファンとしては 明らかに
  告知に書いているルールから 故意に逸脱するのは
  応援している人に 迷惑をかける事になるので 
  慎んだほうが あとあといいと思います。

  Yahoo も リダペンが不正投票しなかったから 
  連続3年を 後日認めざるを得なかった訳です。
  今回 トップバッターに選んでもらえたのも
  フェアプレイでファンが投票したからではないかなと
  思います。  ルール違反で勝っても嬉しくない
  と思いますよね。 システムで 本来なら キャッチ
  できると思います。 

  台湾は前より かなり明るい見通しです。 私達の
  fund が投資されるのはこれからです ♪
2012/04/30 23:30  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |