KHJ事件:記事では分からない家裁調整ー>共同親権の意味(再々追記)
- 2016/04/26(Tue) -
2016042500154252615_1.jpg 
credit:  Focusnews (こちらの記事は Gallery 記事の下にアップしています) 

民事より家裁に関する記事が多いですね。それも刑事訴訟や、民事で証拠提出
できなかった部分はカット💦 そんな中で比較的正確な記事というタイトルで
紹介されている記事に<調停>の意味が...納得です。 さらにこの Focusnews 
にしか書かれていない内容 < 共同親権者 > と実際には指定されたそうで
すが、そこには非常に重大な意味がありました!

credit:  gallery

今回 親子確認訴訟と関連して A氏側は慰謝料、親権者、および養育者、養育費
について訴訟を取り下げた状態だ。(*正しくはまだ。下に説明追記) A氏側が
取り下げる事に決定したのは (正しくは裁判部から調停で提案されている)
養育者と養育費に関連した訴訟をA氏ではなく、子供の名前で訴訟を起こした
ためである。 これについて、今回裁判部では認知請求以外の関連訴訟は
判決を下させないという立場たった。 


* つまり、家裁の強制的な取り下げ要請にチェ氏側は従わざるを得ない状況
にある
いう事です。 前回イジェマン弁護士さんが投げかけた疑問、
子供が自分の養育費や養育権を請求するのはおかしい、チェ氏が実際に請求するもの
であるという主張が採択された結果であるという事です。 Daum やNaver にあがった
記事にこの部分は見つけられなかったのですが...  それとは別に刑事訴訟に
ついてきちんと報道してくれた
記事が一つありました。 

Focus News

キムヒョンジュン・元カノ <親子である> ..親権訴訟に行くか?
認知訴訟終結..両側ともに親権者認定

ソウル家庭裁判所家事2単独イ・ガンホ判事は25日に行われた調整日から
キム・ヒョンジュンとAさんの両側の両方を親権者として指定して、認知請求の
訴訟を終結した。 


この日の調整は、非公開で進行された。

キム・ヒョンジュン側の法律代理人法務法人青坡路イ・ジェマン弁護士は、
「認知請求に関連して、私たちもAさんも、すべて子供と親子で認めたため、
訴訟自体が終結された」とし「養育者は特に指定されていなかった」と述べた。

今後親権訴訟進行するかどうかについては、「私たちが決める問題ではない」とし
「養育費の請求などが必要であると思われる場合は、Aさん側が提起するのでは
ないか」と答えた。

先にAさんは去る9月24日家庭裁判所に親子確認をしてくれとキム・ヒョンジュンを
相手に訴訟を提起した。

Aさん側は裁判の過程で遺伝子検査を実施するよう依頼し、これを家庭裁判所が
受け入れて遺伝子検査実施命令がおりた。

去る9月キム・ヒョンジュン側の法律代理人である法務法人青坡路イ・ジェマン弁護士は
「親子であればキム・ヒョンジュンは、子供の父親としての責任を果たす」とし「本人
も親権を確認したい」と述べた。

当時、ソウル家庭裁判所家事2単独ジョンヒョンギョン判事は9日キム・ヒョンジュン
とAさんに一緒に遺伝子検査を受けるようにと命令した。

これにより、昨年12月14日キム・ヒョンジュンとAさんは、ソウル鍾路区ソウル大医科
大学で親子確認のための遺伝子検査を行った。

以来、同月18日、ソウル大学医学部法医学教室でキム・ヒョンジュンとAさんの子が
親子関係という結果が出た。

一方、二人の間には知られているのは、過去2014年、Aさんがキム・ヒョンジュンを
暴行容疑で告訴した。 以来、二人は和解したAさんは、告訴を取り下げた。

しかし、昨年4月にAさんは、キム・ヒョンジュンの暴行で子供を流産したと主張し、
16億ウォン台の損害賠償請求訴訟を提起した。

これに対してキム・ヒョンジュン側もAさんの主張が捏造されたものだとAさんの
誣告・恐喝・名誉毀損などの疑いで刑事告訴した。

以後、昨年1月にAさんは、キム・ヒョンジュンの子供を妊娠したと明らかに今月初め
に子供を出産した。

キム・ヒョンジュンは昨年5月、軍に入所して試合坡州30師団部隊に配置されて服務中だ。

キム・ギョンヒ記者gaeng2@focus.kr

* ちなみに Focus News は所謂ネット記事やさんではなく、政治経済、文化、スポーツと
内外のニュースを扱う総合ニュースサイトです。 だから中立的な記事が書けたのでは
ないかと思われます。 

追記: Gallery にもう少し詳しい補足があがっているので、一番最後部分に追記しました。

<強制調整> についてさらに Gallery に詳しく説明があがりました。 
credit:  Gallery 

家庭裁判所が下した強制調整については
親権は共同親権にして養育者の指定と、
養育費の請求は、取り下げる提案内容だったね。
ご存知のように強制的に調整は、当事者間の合意によって行われる
任意の調整とは違って、裁判所の判断に下されるだろう。

通常婚姻していない関係での乳幼児であるときは
女性の方に親権親権を与えるのに、
共同親権を付与することは非常に異例なことだそうだ。

昨年から施行されている親権制限制度があり
もし共同親権を持つかが、刑事処罰などにより
もし共同親権を持つ一方が刑事処罰などによって親権を行使しない
場合には付与した親権を制限し、他方の親権を自動的に認める場合
などと一緒にとても異例的に出された決定だという。

強制調停と相手が裁判部の調整を受け入れず、異議を申請することはで
きるが、裁判が再び行われても裁判部の態度が共同親権であるため、
判決で行っても親権は共同親権、養育者指定と養育費は却下される
確率が高いよね。 
(以下略) 

* すなわち、家裁も民事、刑事訴訟の流れでチェ氏に乳幼児でも
親権を与えなかった ..  今後の展開で親権がヒョンジュン君にわたる
含みをもたせた決定だったという事です。 記者の方々がその辺の
法律的知識がないのかどうかは分かりませんが、 今回の家裁の決定の
意味は非常に重要、かつ公正な判断だと言えるのではないでしょうか? 

**ここからがGallery コメント欄に追記された内容です。 

原文(*上のGallery の説明)内容中に誤った内容があって。。。現在、
家裁訴訟がすでに棄却されたのではない。明確に言うと、現在裁判部が両方の立場の
差が大きく、裁判府の判断によって共同親権を与え、養育者指定および養育権者訴訟は、
告訴の取り下げせよという強制調整を下した状態なんだよ。だからすでに棄却された訴訟
という私の原文の内容は間違った内容だった。裁判部が降った強制調停は
当事者たちが異議がある場合、2週間以内に異議を申し立てれば、再び裁判が再開されるんだ。
ただ、すでに現裁判部の判断が強制調停で明らかになったため、裁判が再開され、
再び進行になって判決まで行っても裁判所の判決が現在と変わらないだろうと予想するのだ

まだは女性側で異議申し込みをして裁判が再び再開される可能性もあるため、まだ裁判が
終わったのではなくて..

しかも、裁判所で訴訟を棄却させたのではないということだ。裁判部は女性側に訴訟の取り
下げをしろと調整案を出した状態だと理解していいんだ
。もし女性が異議申請をして
判決まで行くことになると、共同親権とともに、養育者指定と養育費の請求は却下させるだろう
と予想することができる。 女が提起した今回の訴訟が、原告不適格によって(つまり訴訟
要件の欠陥や不適法の理由で)の判決で行っても養育者指定および養育費請求訴訟は
却下されるだろうという話であり、棄却することはないだろう
棄却してしまえば、上訴をしなければならないという話だから。法律用語はどんな単語を
使うかによって完全に別の話となるため、正確な単語を書いてくださいよ (メデイアに
対して言ってます)。ややもすれば他のギャラー達がすでに裁判が棄却されたと誤って分か
るために長くメモを残した。 原文内容修正お願いしてね...

***  又 私見ですが、もしヒョンジュン君が今裁判
中の民事で、暴力を振るった可能性があると裁判部が見ているなら、親権は与えられな
かったはずです。 現在韓国でも若いカップルの児童虐待が増えており、幼児の国で定め
ている検診や予防接種、就学時期になって就学していない児童について、地方自治体で
家庭状況の追跡調査を行うよう最近になり法案化されている位、児童虐待防止に目を
光らせていますから。 そういう意味でも、ヒョンジュン君が共同であっても親権が認め
られた意義は大きいです。 


関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(4) | ▲ top
<<KHJ事件: MBN のメデイアプレイの実態 | メイン | [限定] 新しいお知らせ 他 >>
Comment
-客観的な目-
lafoneさん、こんにちは。
少しずつですが中立な記事が出てることが当たり前のことなのにとても嬉しいです。

牛歩かも知れないけれど前進していってる今、妊娠発覚から今日までの事件推移をリダペンとしてではなく客観的に見てみました。

年末まで会う合意書のために従ったリダ。
そしてそれを望んだチェさん。
その過程でお正月にチェさん妊娠。
両家で話し合いをし、両親は結婚をすすめるがチェさんは同意しなかった。
(リダも同意しなかったのか?)

それでも子供が出来てるのなら
親がリダであるのならキム家も
赤ちゃんの状態が心配だから
チェさんと一緒に病院で赤ちゃんの
状態を見たいと願うがチェさんは拒否。
なぜか逃げ回る。
やっと一緒に病院に行ったけど
超音波写真は日付のおかしい名前もないのを携帯で後日送付。

ここまでリダ側は一貫して子供がリダの子なら責任を取るとチェさんや御家族に伝えている。

それが突然16億ウォンくれとリダに連絡。
リダが拒否すると去年暴行で流産した等々で慰謝料らで16億ウォンの損害賠償訴訟を提訴。

そしてその裁判の期日準備ではチェさんは公的証拠となるものは提出出来ず。
リダ側はチェさんが妊娠も暴行も流産したという事実がないという公的証拠をいくつも複数提出。

ここまで事実のみ書きましたが
妊娠して結婚をすすめられたのに拒否し、責任取るという男性側を急に損害賠償で訴訟。

客観的に見ても女性側のやってることは意味不明です。
正当に報道さえしてもらえれば一目瞭然ですよね。

裁判でもこの矛盾を突き止めて欲しいです。
長々と失礼しました。
2016/04/26 15:16  | URL | みかちっちーな #eYj5zAx6[ Edit] |  ▲ top

-いっぱい拍手\(^o^)/-
22日、そして昨日のまたまたあからさまに内容も数も偏った出方の記事。(昨日はまた同じ事務所の方の勝訴報道と被りましたね。考え過ぎかもしれませんが)
「認知」だの「ふたりの子」だのの表現にあのヨジャのドヤ顔が浮かび、嫌悪感を抱いて落ち込まずにはいられず…今日は悪寒と節々の痛みまで発生>_<していましたが、

lafoneさんのこの記事を読んで、「共同親権者」の意義が判って、一気にテンションアップo(^▽^)o
もう、66拍手ポチしたい気持ちです👆
お仕事の忙しい中、少しでも早くと記事をアップして下さってありがとうございました。
2016/04/26 15:55  | URL | H❤︎JUNKO #J7S1TTU6[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/27 05:27  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 Hさん、こんにちわ!

 法律用語は難しいですよね~そんな意味があったのかと
 まして正確なニュースが書かれないからなおさらです。 
 Galleryのブレイン的な方が懇切丁寧に説明してくれたので
 家裁の調整結果が実はイジェマン弁護士さんのシナリオ以上に
 良い成果だったと知る事ができましたね。 

 少しでも明るい気持ちになれて良かったです。 

 まあ、随分前に書いた言葉を覚えていてくださって
 嬉しいです v-238

 事必帰正 사필귀정

 すべての過ちは、必ず正しい道理に帰する


 曲がりくねって見えていた道が、少しですが視界が
 開けて真っ直ぐな道につながるように思えてきましたね。

 そうですよ! 全ては過去の話になるように
 援護射撃、ガンガン頑張りしょう!


2016/04/28 12:18  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |