2015.05.11 .....入隊前夜でした..
- 2016/05/11(Wed) -
DSC078~1
credit: 写真ない 

正確には入隊して万一年経過、除隊するまで9ヶ月を切ります。 

ヒョンジュン君の瞳、頭の中、心の中、見えません。 今彼には世界はどのように
見えているのでしょうか? Henecian の気もちが見えているといいですね.. 
そして、イジェマン弁護士さんを通じて未来を考える心境になっているのでしょうか?

いつも新しいことに向かって夢見て準備してるから
ついてくる準備をしてて
 


私達の不安を吹き飛ばしてくれるメッセが届けられましたね。
去年、切々たる手紙を書いたその手に、今はペンではなくて、楽器があれば
嬉しいです。  

それでも.....   

一年過ぎたという感慨より、どうしても去年の入隊前日の事が頭をよぎります。
5月5日に、無罪製造機と言われるイジェマン弁護士さん登場で、やっと事件に
真っ直ぐ向き合い、何が飛び込んできても見守ると決め、ブログにもその決意
表明を書きました。 しかし、入隊前日に今民事で法廷闘争している訴訟の
内容、4月に既に受理されていた、今回の16億ウオン訴訟の理由をチェ氏が
テレビで暴露、顔青ざめる展開になりました。 でもイジェマン弁護士さんが
その主張全てに裏づけがない事を詳しく説明して下さり、ほっとしたものの、
夜にDaum とNaver を見て、再び蒼ざめました。 

김현중 で検索すると、TVバラエテイに過去出演したヒョンジュン君の写真と
話題で検索ページが数ページ以上占領され、イジェマン弁護士の貴重な意見は
全てかき消されて、圏外の圏外に押し流されていました。 一体何が起きている
んだろうと、韓国メデイアの異常な現象を目のあたりにして、その向こうに大きな
闇を感じて恐ろしい世界を垣間見た日でした。 

イジェマン弁護士さんの、この日の電話インタビューで明らかにされた内容
には、随分と初めて知る事実がありました。  こちら 
去年、何の根拠も提示されないのに合意書までいき、お金を渡してしまった
理由として、”今のように法律代理人がいなかったので、事件を一人で耐えなければ
ならなかった
” .... この言葉にやはりという想い、彼には法的に彼が調べる術が
ない事をきちんと調べて守ってくれる法律代理人が付けられていなかったという事が
非常にショックでした。 ずっと一年引きずってきた無念な想い、最初の段階で
止められなかった無念さが、どうかこれから一つ一つ何故そうだったのか、解き明か
されてほしい! 切なる願いです。 

そうじゃないと、一年前の今夜感じた、漠然とした大きな不安感、背景に何がある
のかという恐怖が解消されません。 

ヒョンジュン君には見えているのかもしれません。 今の私達にはその表情も
何を想っているのかも想像すらできませんが、彼には今は全てが見えているかも
しれません。 自分に笑顔を見せて寄ってきた人達、握手を求めてきた大人達... 
その人たちの真実が見えている事を願います。 

DSC078~3

イジェマン弁護士さんが、語っていた言葉、改めて Gallery で読みました。

credit: gallery

汚名を着せられた人の立場で考えれば答えが見えます。

”誰であっても、悔しい想いをする人がいてはダメだ” といつも考えます。 
汚名を着せられた人の立場で考えれば、答えが見えます。 

犯人は現場で100種類の証拠を残しますが、天才的な犯罪者は
そのうち50個の痕跡を消すといいます。 しかし、普通の犯罪者は
天才ではないので、犯罪の痕跡を沢山残すものです。 悔しさで
裁判を受ける人達を弁護するなら、そのような痕跡を探さなければ
なりません。

特に、最近では犯罪者がより悪辣になり、凶悪犯罪になるほど、誣告など
犯罪が知能化しています。 

三人成虎 サミンソンホ삼인성호 という言葉があります。 
三人だけの人間が言葉を合わせれば、一人の人間の犯罪者を操作できるという意味です。
弁護士、検事、判事は全てこの犯罪現場にいませんでしたが、陳述や状況証拠を
集め、パズルを合わせて実体的な真実に接近するという事です。 誠実と執念が
あれば、実体的真実に近ずく事ができるという事です。 

どんなに大変でも確信をもって信頼を得られるまで諦める事なく、押し通せば、望む
希望の地へ到達する事ができるという事です。 

出処: 
「私が出逢った e 人」 ヒューマンリスクマネージ法務法人チョンパのイジェマン代表
弁護士にあう  

* もう一つ、弁護士であっても、明らかに不法行為をしていると知りつつ弁護
したり、その不法行為を助ける働きをしたら罰せられる... 当然ですね。 ただ、
今訴訟中の弁護士であれば、訴訟中に訴えるのは(誰かを弁護している仕事中)
道義的に問題がある?かもしれないと Gallery にありました。 それを悪用する人も
いるという事からだと思いますが...   ならば、ネット上に沢山の虚偽の発言を残した方、
チェ氏の犯罪が確定した後にでも、ソン弁護士を訴えられるチャンスはありますね。 

イジェマン弁護士さんのおっしゃるように、 何一つ諦めませんよ~ ! 

あとは、三人の東方の賢者がクリスマスの夜に星に導かれてたどり着いた
ように、現代の賢者3人が <真実> に心を合わせてたどり着いてくれる事まで、見守ります。 


関連記事
この記事のURL | 入隊中のこと | Comment(4) | ▲ top
<<すぐに戻るからGoodbye ... 一年経過  | メイン | 2010.05.09 DSP に残した最後のメッセージ (追記あり)>>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/12 23:02  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
Sさんへ こんばんわ!

 お申し出有難うございます。 
 本日昼にgmail からお返事お送りしていますので
 読んでいただければ幸いに存じます。
2016/05/13 23:07  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/15 18:04  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 Mさん、こんばんわ! 

 そうです。 3月の時にはヒョンジュン君側では事務所が手配してくれた
 弁護士さんでした。何の目的のためか良く分かりません。名前だけ
 秋の和解の時とは別の方だという認識しかありません。事務所が
 雇った弁護士さん達は対メデイアではヒョンジュン君の弁護は一切
 発言なし... 不思議ですね? 

 彼のお父様が何故、個人で弁護士さんをお願いしたいと思ったのか? 
 ファンもよく考えてみるべきだと思うのですが、残念にも同じように
 事件経過を追いながらも、そこはスルーされてしまっていますね。 

 ご指摘の通り、その場で正しい超音波写真が入手できていたら、
 少なくとも周期があっていたか否か、果たしてチェ氏が妊娠していたか
 否か 確認できたはずだと思っています。 数々のおかしな不手際故に
 自ら弁護士を雇い、自ら戦うと決めたのではないかと考えるのが
 自然だと思います。 プライベートな部分を含め、情報があまりに
 ない時点で、あれこれ考えても妄想になってしまうので、個人的には
 プライバシーについては考えておりません。 事件の核心でさえ
 どう展開するかで、又見方が変わるかもしれず、予想はまず難しい
 と思ったほうがいいのではないでしょうか? 
 
 どう考え、想像するかは自由なのですが、私は先走りは控えたいと
 思っています。 おっしゃるように、見守る..です。 
2016/05/15 23:13  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |