KHJ事件 民事: 一般人目撃者の証言
- 2016/06/03(Fri) -
記事の書き方がソン弁護士はハッキリ書かれていますが、A氏と書いている部分も
あり、チェ氏が出廷したのか?という印象を与えますが、まだ確認していません。
証人は一般人のようです。自らイジェマン弁護士さんに連絡した方だそうです。

credit:  SBS 芸能スポーツ


キム・ヒョンジュン裁判、また真実ゲーム...証人 "酒の席で見た" vs
Aさん、司法秩序妨害 を主張

[SBS funE lガンギョンユン記者]俳優兼歌手キム・ヒョンジュンと元ガールフレンドAさんが、
裁判がまた真実ゲームの様相を見せている。 今回は、2014年5〜6月頃Aさん酒の席で
見たと主張しているキム・ヒョンジュン側の証人が登場した。

3日午後2時、ソウル中央地方裁判所民事法廷で行われたAさんとキム・ヒョンジュンの
損害賠償請求訴訟の第一次弁論期日で主婦Bさんがキム・ヒョンジュン側証人として
出席した。 Bさんは、「Aさん2014年5〜6月頃酒の席で見た。」と直接キム・ヒョンジュン
の訴訟代理人イ・ジェマン弁護士に電子メールを送ったと主張した。

Bさんは、「2014年5月30日キム・ヒョンジュンが運営するチキン家では、Aさんとお友達
の群れを見た。 とても楽しく見せテーブルの前には、焼酎のボトルが垂れていた。
肌がとても綺麗し、あざはなかったことに覚えている。」と明らかにした。

また、3日後の2014年6月2日、Bさんはキム・ヒョンジュンの友人が運営する和食
居酒屋でAさんを見たも主張した。 Bさんは、「居酒屋社長と楽しい話を交わす姿
を見た。」と語った。

2014年5月30日と6月2日キム・ヒョンジュンとAさんの事件で重要な期間である。
Aさんは、キム・ヒョンジュンに数回暴行を当該遺産をしたと訴えた。 当時、
検察は傷害罪と関連キム・ヒョンジュンに500万ウォンの罰金刑処分を下したこと
がある。

Aさん側は「Aさんは、ビールを注文したことはあるが、お酒は飲まなかった。」と
主張した。 Aさん側禅ドアの弁護士は、証人Bさんに「Aさんがお酒を飲むのを見たの。」
と尋ねたがBさんは、「空のフラスコは見たAさんがお酒を飲む姿は確かに見ていない。」
と語った。 これBさんは、「私が見ただけの話しようとこの場に出た、(偽証罪で)処罰
受けるため出てきたのではない。」と、自分の主張に信憑性を強調した。

また、Aさんは、「6月2日には、キム・ヒョンジュンさんにトッポッキを作る店で材料を
買ってキム・ヒョンジュンさんの家に帰宅した。」とし「当時、A氏は、体にあざがあったと
病院の記録にも、これを証明する。 当時捜査を行った検査が確認起訴までした事項
を不確実な目撃談に否定する理由を知ることができない。」とし「これは司法秩序を
撹乱するだろう」と声を上げることもした。 (*これがソン弁護士なのか?チェ氏なの
か分からないです)

Aさんは、この日、裁判所に追加の証人2人を申請した。 これ裁判所は弁護以降
しばらく延期した後、非公開で裁判を転換して、証人の部分について調整した

関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(0) | ▲ top
<<KHJ事件: 事務所代表の証言 & 一般人女性証言者は大学講師 (訂正) | メイン | 民事訴訟: KHJ 側2名証言、次回7月8日>>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |