韓国パパラッチメデイアの実態 その② Dispatch &TV Report の関係
- 2016/06/20(Mon) -
    昨日、今日と暑い日が続きます。 韓国語一つ覚えました。 ヒョンジュン君事件のように
何かを覆い隠すためにスキャンダルを発生させることを 물타기 ムルタギ、水で希釈する
という事から、大きな事件を隠して国民の目を反らすという意味でつかわれる言葉だ
そうです。 渦中の事件について冷静な韓国の人達がtwitterにのせてくれるので、今回の
件は下記を覆い隠すためではないか? という記事がありました。 

1 防衛庁、業者の選択ミスで血税100億を失う

2  ガス・電気民営化を推進する政府

3  オキシ―元代表ジョン・リーに対する逮捕状 棄却される


2番目のガス、電気民営化を見た時、ドラマ ヒーラーを思い出しました。あれはソウルの
水道の水質管理の民主化でしたが、特定の企業に利益をもたらす可能性が高い... ドラマは
やはり現実に起こりつつあると思いました。 元記事は xx事件に埋もれたぞっとする
ニュース
 に詳しいです。 ヒョンジュン君の時も、こんな風な視点を早々知る事ができたら
もう少し動揺が少なかったのではないでしょうか? 何度も同じ手法が使われるので、政治
に詳しい仕事の方々はもう分かっているようです。 今回は裏の顔がばれている Dispatch 
は記事一本ですがインパクトあります。 今日は  TV Report 、MBN が実に嫌な内容で
書いています。 同じような顔ぶれ... まさに deja vue .. 

さて、ここからは韓国のあるブロガーさんから許可を戴いて記事を書きます。ただし、全訳
ではなく部分引用でお願いしたい
何故なら、自分の記事には自分が責任を持たなければ
ならないからという条件付きですので、
この趣旨を守る為に、リンクは貼りません。 自分
の考えをいれて書いてほしいという事ですので...  事件発生直後に ドラマ ピノキオに
例えて、< どんなに覆い隠しても、真実はしみだし、やがて全ての人の知る処となる >
という言葉で、事件発生のタイムラインを検証する見事な記事を書いていらっしゃいました。
ソン弁護士、チェ氏がファンを告訴する騒ぎが起こる頃に一度全て記事を消されましたが
今 新しい場所で消した記事を復活してくれています。 

第一弾はヒョンジュンファンなら絶対許す事のできない媒体 DISPATCH についてです。
Dispatch はこの事件の初回報道を含め 3回大々的に単独報道で世間を騒がせ、
総合記事まで書いて魔女狩りを主導してきましたが、それに呼応して悪意的な記事
をフォローするように書いて、Dispatch とともに先頭にたってきたのが TV Report. 
果たして、その関係は ?
 
下記画像は、 Dispatch 住所から Naver 地図でヒットした社屋の写真です。 
住所は 서울시  강남구 논현동 219-18변지  ソウル市江南区ノニョドン 219-18番地

Dispatch住所
dispatch住所3


↑ 決して大きなビルでイングではありません。 そして、Dispatch をフォローするように
いつも悪意的な記事を書いてきて、姉妹関係にあると言われている TV Report は 
事業部として HP にある住所 .... 同一住所です! HP一番下にある住所、ご自身でも
ご確認してみてください   TV Report 

巨大なビルなら違うメデイアが複数入居していても何も疑問はありません。 でもこの
番地にある建物は ↑の通り、この同じ住所にDispatch と TV Report  (事業部)が
ある.....  二つは異なる会社なのでしょうか? 

TVReport住所

韓国ブログから引用します。 

 2013年の記事を見ると、イミョング記者がTVReport 代表とDispatch 代表を兼任している
記事の写真を見ると、同名であるだけでなく、同一人物であることが分かる。 Disptach は
イミョンバグ政権であった 2010年の終わりに前スポーツソウル、The Fact  記者が独立して
創刊した媒体であり、 TV Report はスポーツソウル親会社であるソウル新聞傘下のソウル
TNT所属、インターネット芸能誌と絡み合った関係なのに TV Report をDispatch で買収
したのかどうか、データがなくて分からない。 スポーツソウル、The Fact、TV Report  
Dispatch このような関係が形成される。 キムヒョンジュンの報道に関して、多くの場合
ソウル新聞時代の同僚である、 SBSfurE 記者まで加勢して三角編隊で悪意のある内容
を報道したりしている   引用終わり 

実際にインターネットにあがった Dispatch と  TV Report のイミョング氏の写真と
記事です。 

Dispatch代表1

① トップスターを震えさせる Dispatch、自ら明かすスクープの秘訣は? 
この日の放送は Dispatch のイミョングニュース部長、イムグノ取材チーム長、
ソンウンジュ記者、ソボヒョン記者が出演した。 イミョング氏は写真の男性。
2013年5月7日

② 「人事」 イミョング記者、 Dispatch ニュースグループ代表に就任 

  2013年8月13日 

③ TV Report  人民網 韓国版コンテンツ 交流 MOU 締結 

  2013年 5月29日 同じ男性、 イミョング氏が TV Report 代表で写真に
  映っています。 同一人物に間違いありません。


Dispatch代表2

韓国ブログからの引用 :

下記のキャプチャーの上の記事は 2013年5月20日付け記事であるが、Dispatch も
既にイミョング代表と読んでいる。 正式就任は8月にしたが、それ以前から実質的な
代表として活動した事が分かる。 この記事を読んだ時、 イミョング代表が実業家
なのに、投資家として参加して代表になった人物だと思っていた。 その下の記事を
後で見つけて読むと、イミョング代表は典型的な、いわゆる記事を書く、記者出身の
メデイア通だった。
 記者出身のジャーナリストが収益事業に向けて心血を注ぐとは
何を意味するのか考えてみる事になった  引用終わり 

肩書はあったとしても、サラリーマン記者だった方が、社屋を購入してどうやって
会社を興せたのか? そこも興味ある処ですね。 下記の記者インタビューに登場
する女性記者 (ちなみに、Dispatch の記者は全員女性 )の答えにもヒントが
隠されているように思います。 


Dispatch 記者1


< Dispatch の彼女たち > 

芸能人スクープで話題の中心にたつ Dispatch 事務所を訪問した。 驚くことに
取材記者は全員女性だった。 部分抜粋

しかし 少しいれば裸のクロッキーモデルのようの裸にされそうな心情で訪問した
Dispatch は反転の連続だった。 一応和気あいあいとしていた。 そして取材記者
全員女性だった。 イミョング代表、編集デスクのイムグニョ ニュースチーム長を
除き、現場で取材し、記事を書くのは全て女性だ。 

質問: チョインソン キムミョンヘのようなビッグスクープを爆発させたら
実質的な収益につながりますか? 

収益モデルに関心を示す方々が多いです。 他の媒体に写真を売ったりしてお金を
得たり、何かを得ようとはしていません。 広告だけ見ても Dispatch のサイトはスッキリ
したほうです。 バナー程度はかけますが、記事面に掛かることはありません。 

質問: ではどのように維持されているのですか? 

それは正直お話しできることがありません。 何故かというと私達も知らないからです。
編集権と経営権が明確に分離されています。 代表は編集権を守り、広告バナーで
うるさいサイトにならないようにするために、事業に心血を傾けているという事しか
申し上げられません。 


* 媒体が記事を検索ヒットしてもらい、広告収入を得て維持されるのが普通、その為に
センセーショナルな記事を競って書いている中、じゃあどうやってどこから収益を得ているの
か? 韓国媒体の法則、時には依頼主の意図に沿って記事を書く事で収益を得る... 
と考えられますが.............. 前回の記事では、そもそもの記事ネタも、とある機関から
情報を得ているのではないか? いざという時のために仕掛ける記事ネタを収集して
いる処は別にあるという事が書かれている記事をご紹介しました。 


Dispatch記者2

上は 2013 年の8月13日 イミョング記者、 Dispatch のニュースグループ代表就任。

ニュースグループとは何を意味するのか? ここも気になります。スポーツソウルからの
経歴紹介、スクープ実績に JYJ ファン暴行事件とありますね。 

下は、 思い出したくないですが、2014年8月22日、キムヒョンジュン事件が勃発
した時の Naver を記事が書かれた順番に自分で 並べ直してみたものです。 

韓国ブロガーさんが書かれているように、最初は Dispatch その直後に TV Report が
2本 連続して書いています。 11時22 分が Dispatch  11:27、 11:28に
TV Report が二本出ています。 

20140822a.jpg


20140822_dispatch.jpg
関連記事
この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(0) | ▲ top
<<久々にこの話題ですが...TOPIK | メイン | 韓国パパラッチメデイアの実態 その① Dispatch 疑惑 (追記)>>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |