キム・ヒョンジュン側、裁判所に追加の証拠提出。「病院から出た証拠] 追記
- 2016/07/08(Fri) -

<チェ氏がわ証人発言内容> 記事をわざわざTV Report とかあげる
必要ない内容です。 証人はチェ氏の大学の同期生。 妊娠、流産
についてはチェ氏から聞いた話。 あざを見たと言っていますが、それ
もチェ氏から KHJ に殴られたと聞いただけです。 妊娠テスト機の
写真が友達に送ったのと裁判部に提出したものが違うとKHJ側が
指摘。 🐖弁は何回も妊娠しているからだと💦 苦しいです。 

証人の証言は友達や親しい間がらより、他人の証言のほうが重い
のが一般的です。 しかも全て、聞いた話ですし.. 

[OSEN =バクパンソク記者]元ガールフレンドAさんと民事訴訟第二の
弁論期日を控えている歌手兼俳優キム・ヒョンジュン側が7日、新しい
証拠を裁判所に提出した。

キム・ヒョンジュン側の法律代理人はOSENに「7日に2件の書類を
裁判所に提出した」とし「産婦人科整形外科できた事実照会応答に、
既存の提出した証拠とは異なる新しい事実を含んでいる。
キム・ヒョンジュンの無実を補強する証拠だ」と述べた。


Aさんは、キム・ヒョンジュンについて、昨年4月暴行と流産よる
精神的被害を理由に16億ウォン相当の損害賠償請求訴訟を提起し、
法律的な攻防を繰り広げている。 先月6月3日、この訴訟に関連して、
最初の民事訴訟弁論期日が開かれたことがある./pps2014@osen.co.kr


credit:  Star News  (公正な報道のStar News click にご協力を!)

歌手兼俳優キム・ヒョンジュン側と元ガールフレンドAさんが法廷で会う。

8日午後2時、ソウル中央地方裁判所(民事25部)では、キム・ヒョンジュン
の元ガールフレンドAさんがキム・ヒョンジュンを相手に提起した
損害賠償訴訟弁論期日が開かれる。

この日、裁判所は、午前10時に原告側証人尋問を行った後、
午後2時キム・ヒョンジュンとガールフレンドAさん呼んで尋問する
予定である。

キム・ヒョンジュンはこの日の休暇を出て裁判に出席する。
キム・ヒョンジュン側弁護人によると、キム・ヒョンジュンは、
正式な書類を提出して休暇を出て、裁判を待っている

이같이 양쪽 당사자가 재판에 출석하게 된 것은, 재판부가 이
사건이 원고의 주장으로만 진행되고 있다고 판단했기 때문이다.

このような両側当事者が裁判に出席することになったのは
裁判部が事件が原告 (チェ氏)の主張のみで進行されている
と判断したためである。


裁判所はこの日のガールフレンドAさん、キム・ヒョンジュンの順
に訊問した後、必要に応じて追加で反対尋問まで進行する。

先月開かれた弁論期日で裁判所は、「当事者の訊問が必要である。
原告を先に訊問と 続いて被告を訊問したい。必要であれば、この日、
両者を一緒に呼んで反対尋問まで進行する」と明らかにした。

今回の裁判は、非公開で進行される。 今回の事件が、男女間の
内密の部分をカバーして双方が立場が異なり激しい攻防が予想される。
裁判所は、本人の訊問のプロセスが公開される場合、その内容が
真実かどうかとは別に、プライバシー侵害の可能性があると判断、
裁判を非公開に向けた。

もし二人の本人訊問の後反対尋問が行われれば、ガールフレンドAさ
んとキム・ヒョンジュンはこの日、初めてのように法廷に立って訊問を
受けることになる。 この日の裁判でキム・ヒョンジュンとAさんの反対
尋問が行われることができるか注目される。

先にAさんは昨年9月に子供を出産した後、自分が産んだ子供が
キム・ヒョンジュンの親子とソウル家庭裁判所に親子確認訴訟を起こした。
以来、遺伝子検査の結果、Aさんが産んだ子供は、キム・ヒョンジュン
の実施で明らかになった。 しかし、親権者と養育者は、指定されず、
別途訴訟が進行される予定である


一方、Aさんは昨年4月7日キム・ヒョンジュンを相手に16億ウォンを
要求する損害賠償請求訴訟を提起した。

                               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::

新しい証拠提出、 そして Star News の事実のみ、さらに裁判長の
貴重な判断根拠をきちんと書いてくれた記事が心強い一日の幕開け
です。

スポーツ朝鮮も素晴らしく公平な良い記事です。 経過を正しく
書いています。

キム・ヒョンジュン、今日(8日)、裁判所に出頭...元カノ和解金の真実を言う

スポーツ朝鮮ベクジウン記者]歌手兼俳優キム・ヒョンジュンが8日、法廷に立つ。

8日、ソウル中央地裁でキム・ヒョンジュンと元ガールフレンドAさんの民事訴訟
2番目弁論期日が開かれる。 この日の弁論期日は、午前10時と午後2時、
二度に渡って行われる。 午前10時に開かれる弁論期日には、双方が
申請した証人が参加し、公開裁判で進行される。 午後2時に行われる
弁論期日には、キム・ヒョンジュンとAさんが直接出席するため、私生
活露出の危険を考慮して、プライベート裁判で進行される。
キム・ヒョンジュンは、現在軍服務中であるが、今回の弁論期日に出席
するために休暇を出した。 今回の弁論期日には、キム・ヒョンジュンと
Aさんが初めて対面尋問をするほど二人が何を話してするかが関心事
に浮上した。 裁判所は、被疑者Aさんから尋問する計画である。
キム・ヒョンジュンは、証人の身分でAさんに脅され、6億ウォンを
与えるされた経緯を説明する予定だ。

キム・ヒョンジュンは、2014年からAさんとの泥沼の戦いを開始しました。
2014年5月16日、Aさんが妊娠のニュースを文字に前きた5月30日
キム・ヒョンジュンとの争いがあった。 この過程で、Aさんは暴行を受け
流産と主張したが、キム・ヒョンジュン側はおしたりはしたが、暴行では
なかったと、Aさんの妊娠は嘘だと対抗した。 以後Aさんは、2014年
7月25日A整形外科でジム器具にぶつかったと肋骨骨折の診断を受けた。
しかし、2014年8月18日にはB整形外科で他人に殴られたと文を変えて
6週間の傷害診断書を発行した。 そして2014年8月20日キム・ヒョンジュン
を訴えた。 これに対してキム・ヒョンジュン側Aさんが、他の整形外科を
探して文を変えた点が疑わしいと誣告罪で刑事告訴をした。

2014年9月16日キム・ヒョンジュン側Aさんに6億ウォンの和解金を渡した。
Aさんは、6億ウォンを受ける代わりに、合意事項などについて口を閉じる
ことにした。 そして2014年9月17日和解せずに告訴を取り下げすると明らか
にした。 しかし、2014年12月Aさんは、キム・ヒョンジュンの済州島旅行に
訪れて一晩を過ごした。 そして、2015年1月、再び文字で妊娠の事実を
明らかにした。 以来、結婚説が流れてもしたが、キム・ヒョンジュン側は
これに対して否定した。 するとAさんは、2015年4月7日、妊娠による精
神的ストレスなどを理由に、10億ウォン、6億ウォンの和解金の内訳を
口外したという理由で、違約金6億ウォン、合計16億ウォンの損害賠
償訴訟を提起した。 これに対してキム・ヒョンジュン側Aさんが合意条項
を口外したので、違約金6億ウォンと虚偽の事実などの不法行為として
受け入れ行った和解金6億ウォン、名誉毀損にデヘン損害賠償金などを
出しと12億ウォン以上の追加反訴を提起すると同時に訴訟詐欺未遂
、かじり、恐喝、名誉毀損の疑いでAさんを刑事告訴した。

* これこそ真実ですね。 クリッククリック、お時間のある方は
お願いします。 

関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(0) | ▲ top
<<詳しい内容があがってきました。 (午前の部) | メイン | 祈り >>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |