詳しい内容があがってきました。 (午前の部)
- 2016/07/08(Fri) -

KHJ 側弁護士団 頑張ってくれたと思います。 チェ氏にもこの
ように切り込んでくれると思います。 

credit:  Expo 

キム・ヒョンジュンと元ガールフレンドAさんの16億損害賠償請求訴訟の
対立が拮抗

キム・ヒョンジュンの元ガールフレンドAさんがキム・ヒョンジュンを相手に
提起した16億ウォンの損害賠償請求訴訟第二の弁論期日が8日午前、
ソウル中央地方裁判所民事法廷で行われた。

この日キム・ヒョンジュン側Aさんが病院で虚偽診断書を要求したという
病院側の証拠を提示し、「通常の妊娠した状態で腹部を重点的に
強打あたりたら病院で腹部検査を受けるのにAさんは腹部の話を全く
しないなかった。また、当時の病院でX-ray撮影をするとき、妊娠しているか
どうかを尋ねると、「妊娠していなかった」と答えた」と明らかにした。


続いて「Aさんが妊娠したと主張し、証拠た証拠は、妊娠中の簡易テスト
機しかない。病院では妊娠の事実があらわれなかった。また、Aさんが
裁判所に送ったテスト機の写真や友人に送ったテスト機の写真が
明らかに異なっている
。妊娠テスト機は、通常、 1時間経過すると、
フェードという。しかし、Aさんが提出したのは1年前ものであること
にも二行が鮮明た。だけでなく、妊娠証拠を出すため、産婦人科で
妊娠診断書を要求した。Aさんの妊娠と流産は科学的に確認さ
れなかった。また、Aさんは妊娠中なのに自転車に乗った写真を
Twitterに上げた」と伝えた。


これと共にキム・ヒョンジュン側の代理人は、Aさんがキム・ヒョンジュンが
告訴4件の容疑で、すべて無嫌疑処分を受けたことについて疑問を
提起し、「警察、検察の調査が正確に行われていなかった」と主張した。

(* よくぞ言ってくれました  )

これに対して、Aさん側の代理人は真っ向から対立した。 Aさん側の
代理人は「キム・ヒョンジュン側で告訴人に対して調査をしたことが
ないそうだが私たちは継続的に当事者間の新聞、対面が必要で
あると着実に申し上げた。しかし、むしろキム・ヒョンジュンは、
出席していないとしながら、代理人が出席した。キム・ヒョンジュンは、
絶対協力しなかった。Aさんは臨月の体を導いて調査を受けた。
警察と検察が熱心に捜査した結果が出てきた結果だ」と声を高めた。

続いて「キム・ヒョンジュンは、過去のAさんに中絶を強要した。だから、
Aさんが中絶に行った中断されたものである。このような事実を
見ても、被告代理人の主張は事実と異なることを言いたい」と主張した。

また、この日の法廷には、原告(Aさん)側の法律代理人に証人
申請をしたイム某氏が姿を現した。 Aさんと同じ大学の同期で、
普段はほとんど毎日のように連絡して過ごすと明らかにした
イムさんは、Aさんがキム・ヒョンジュンに暴行された痕跡は
自分の目で直接確認しており、Aさんが妊娠と流産をするたびに、
自分に発表したと主張しした。

両側の対立がきっ抗うち、この日の午後2時には、Aさんと
キム・ヒョンジュンの当事者審問が行われる。 その新聞は非公開で行われ、
裁判所は二人の新聞を終えた後、状況に応じて反対尋問を行う
可能性もあることを示唆した。

先にAさんは、過去2014年8月キム・ヒョンジュンを暴行致死と
傷害の疑いで告訴した後、キム・ヒョンジュンの謝罪を受けて
告訴を取り下げたが、翌年2月キム・ヒョンジュンの子供を妊娠し
たと主張して親子論議がふくらんだ。 続いてAさんは、同年4月
キム・ヒョンジュンを相手に最初の妊娠の流産で精神的な被害を
被ったとし、16億ウォンにのぼる損害賠償請求訴訟を提起した。

credit:  Star news 

歌手兼俳優キム・ヒョンジュンと元ガールフレンドAさんが妊娠し、暴行、
流産などに関する証人尋問でも一寸の譲歩なしに対立した。

8日午前10時、ソウル中央地方裁判所民事法廷(民事25部)東莞では、
キム・ヒョンジュンの元ガールフレンドAさんがキム・ヒョンジュンを
相手に提起した損害賠償弁論期日が開かれた。

この日の弁論期日には、Aさんが要求された証人Bさん(Aさんの友人)
の証人尋問が行われた。 原告(Aさん)、被告(キム・ヒョンジュン)側の
証人に二人の間に行われた流産、暴行、妊娠などの事実かどうかの
確認に集中し、対立を立てた。

原告側代理人ソンジョンムン(ソンエンパートナーズ法律事務所)弁護士は、
BさんにAさんが2014年5月キム・ヒョンジュンの子供を妊娠したという
ニュースを知らせたという事実かどうか、後にAさんがキム・ヒョンジュン
と関連し、妊娠や暴行などを記載した時期について確認した。

Bさんは、Aさんと大学時代から親しく過ごした間、キム・ヒョンジュンと
関連した話をテキストメッセージと電話通話で交わした。

これソンジュンムン弁護士は、BさんにAさんが2014年5月中旬キム・ヒョンジュン
の子供を妊娠したという内容を直接聞いたかと尋ねた。 Bさんは
、ソンジョンムン弁護士がした質問を多く認めた。

Bさんは、Aさんが2014年5月の妊娠のニュースをお知らせしてくれた、
続いて同年6月キム・ヒョンジュンから暴行を受けたというニュース
も触れたと​​言った。 また、当時、自分が直接Aさんの体(胸、肩、腕など)に、
私はあざを目で見た打ち明けた。 暴行の話を聞いて、子供に尋ねAさん
が下血を言及して "流産したようだ」とした。

また、Bさんは、Aさんがキム・ヒョンジュンが当時ドラマの撮影時に
出会った俳優Cと関連した悩み、問題を打ち明けて、頻繁に連絡
して過ごした間と明らかにした。

続いて、被告側の証人尋問が行われた。 まず、キム・ヒョンジュン側
の代理人イ・ジェマン(法務法人青坡路)弁護士は、BさんにAさんが
キム・ヒョンジュンの子供を妊娠したと主張した2014年5月を皮切りに、
2014年12月8日まで行われた一連のことを尋ねた。

イジェマン弁護士は、病院の記録をもとに、妊娠に関連した直接的な
証拠を見たのか確認しうとした。 また、妊娠中や暴行そして流産の
過程までBさんがAさんから聞いた内容の具体的な時期、時間等に
ついて詳細に尋ねた。 これと関連しBさんは、具体的な時期との時間は、
正確にいつと記憶はありませんしながらも、「Aさんから直接話を聞いた」
とした。

続いて、被告側の別の代理人ジョンジュヒェ((有限)太平洋)弁護士は、
Bさんにキム・ヒョンジュンとAさんの同居事実かどうか、キム・ヒョンジュン
を直接見たことがあるのか​​も尋ねた。

Bさんは、Aさんと一緒にキム・ヒョンジュンを直接会ったことはない
と明らかにした。 自分以外のAさんの友人は、直接見た話を聞いた。
特にAさんがキム・ヒョンジュンと同居について「同居」という単語を
直接使用しなかったが、「行ったり来たり」は、話をしたと証言した。
Bさんは、同居をしても女性の立場から、簡単に言うことができる
部分ではないと説明した。

原告側はAさんがBさんにキム・ヒョンジュンとあった一連の出来事
と関連し、直接悩みを分かち合ったながら証言が事実だと主張した。
一方、キム・ヒョンジュン側Aさんの病院診療記録、医師の所見など
をもとに、Aさんがキム・ヒョンジュンから暴行を受け流産というの
は事実ではないと主張した。

裁判所は、Bさんの証言と関連Aさんとキム・ヒョンジュンの同居の
有無、妊娠と流産の時期、暴行時期、妊娠回数などについて
追加で尋ねた。 Bさんは、これと関連し、同居については、先の
答えと変わらず、妊娠時期と流産と暴行については、Aさんが
いちいちすべて言わなかったが、彼女が直接言及したことは
あると明らかにした。

裁判所は、この日の午後2時には、Aさんとキム・ヒョンジュンの
反対尋問が非公開で進行すると言いながら、Aさんと
キム・ヒョンジュンの立場をすべて聞いてみることにした。

一方、Aさんは昨年4月7日キム・ヒョンジュンを相手に16億ウォン
を要求する損害賠償請求訴訟を提起した。 また、昨年9月には、
自分が産んだ子供がキム・ヒョンジュンの子供とソウル家庭裁判所
に親子確認訴訟を出し、遺伝子検査の結果、Aさんが生んだ
子供がキム・ヒョンジュンの実子で明らかになった。

 
関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(0) | ▲ top
<<堂々正面から法廷に入りました☆ 終了予定午後8時(早くて) | メイン | キム・ヒョンジュン側、裁判所に追加の証拠提出。「病院から出た証拠] 追記>>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |