刑事訴訟担当の新しい弁護士さんはこんな人☆
- 2016/07/14(Thu) -
KOR9788967992521.jpg

credit:   こちら

8日の午前の部で、同居していたかどうかについて証人に質問したのは
新しい法律事務所、太平洋のチョン・ジュヒュエ弁護士さんでした。 
Star news 記事でお名前発見☆ やはり、Star News だけはかなり
詳しい報道をしてくれていました。 

ソウル大学法学部出身、あのソウル地方裁判所、東部で判事をした
実績あり! この方が書いた本から人柄が知れるのではと思います。
(google 翻訳のままであげています) さらに、女性にしか分からない
部分についてもチェ氏の嘘に突っ込んでくれそうです☆  

「耐えなさい、お姉さんたち」は、仕事と育児の間で苦労しているワーキングママ
に育児をしながらどのように職場での自分の成長を遂げて成長するのか、また、
仕事と育児のバランスを維持しながら、どのように仕事と家庭の幸せを実現
するのかについて非常に具体的であり、現実的なアドバイスをいっぱいに
詰め込んだ本である。
 
전주혜((유한)태평양) 
著者:チョンジュヒェ
著者 チョンジュヒェは二人の子供を育てる16年目ワーキングママであり、20年
以上の職場生活をしてきた彼女には、いくつかの呼称がある。職場では、
「ジョンジュヒェ弁護士」、家庭では「ママ」。そして、もう一つの呼称は「秘密の伝道師」
である。職場生活をしながら、またはワーキングママとして新しい人生を始める
後輩たちに、彼女は自分の「秘密の伝道師」と自称する。後輩たちに、より良い
職場生活をすることができる方法はもちろん、仕事と育児を両立するノウハウ
を提供するためである。 「耐えと、お姉さんたち "には、仕事と育児、より良い
「自分」を作ることができる著者だけの特別な秘訣がそっくりそのまま盛られている。

学歴、キャリア

ソウル大学校法科大学を卒業。米国ジョージ・ワシントン(George Washington)
大学訪問のコース。第31回司法試験合格、司法研修院第21期修了。
1992年〜2014年22年間の裁判官で働いてきて、ソウル中央地裁部長判事、
ソウル東部地方裁判所部長判事、司法研修院教授などを歴任した。現在の
法務法人(有限)太平洋弁護士を務めている。著書には、「司法研修院の
秘密講義」がある。

仕事と育児の両立、そして
より良い「自分」を作って下さい

社会の多くの分野で女風(女風)が激しい。また、女性の社会的進出が
増えて子供を産んでからもずっと仕事をするワーキングママが増えている。
しかし、一方で「育児の壁」を越えられず仕事を辞める」団子女(経歴断絶女性)」
も引き続き生じているのが現実である。この本は、仕事と育児の間で苦労
しているワーキングママに大きく二つに提示している。
まず、働くことを夢見てきた女性であれば、自分の夢に向かって「堂々とさ
らになさい」ということだ。ママとしての生活もありますが、人生の​​主人公は、
「自分自身」であるため仕事と育児の間で「仕事を続けなければならか、
やめるべきか?」を心配するとき、その決定は、第三者ではなく、独自の
視点で自ら下さなければなら。この本には、ワーキングママの現実がいくら
大変でも、自分の夢を考えながら、遠くを見耐えていくのが正解」という
著者の経験から湧き出たアドバイスが含まれている。
第二に、育児をしながらどのように「職場で成長して成長するのか」の
方法論である。ワーキングママになるというのはランニング試合で一人
で走るが、子供を背負って走るようなものです。だから、まだ子供が幼い時、
自分の発展の時間を持つのは難しい。しかし、人生は100メートルランニング
ではなく、42.195キロのマラソンである。子供が育ってワーキングママは
子育ての負担でますます脱し、自己発展を遂げることができる。
ワーキングママのための既存の本では、仕事をしながらどのように
「子供をよく育てるか」に焦点を合わせた場合は、この本は、子供を育て
ながらどのように「職場で成長して成長するか」に焦点を当てたとい
うことに特徴がある。


この時代にワーキングママに
生きていくということの意味

誰も結婚前に「果たして私よくやったのだろうか、これから上手にできる
だろうか」という心配をする。結婚は新しい人生の始まりだからである。
以前とは異なる生活の開始という点で結婚が「新しい1章」に該当する
場合、お母さんがされているのは「別の2枚」に該当する。ところが、
出産を控えた妊婦、特に職場の女性は、「私は子供をよく育てること
ができるか」という心配をたくさんする。このような心配があまりにも
先に新婚当初から「子供を生まなければなら一つ、いけないのか?」
気にする職場の女性もたくさんある。
ママであることは、この世界は、何にも変えることができない「最高の
祝福」である。しかし、仕事と育児二つを並行することは絶対に簡単
なことではない。概して共働き夫婦であっても家事は主に女性が
務める家庭が多い。育児はなおさらである。このような都合だから
結婚して仕事一帯で、また家事は家事に抱えて生きるところは
むしろ一人で住んでいる方を選択するという女性が多く生じる。
たとえ結婚しても子供のいない受け方を選択する夫婦も生じる。
見方をすれば、仕事の女性には結婚が「ゴセンムン」である。
果たしてこの時代を生きていくワーキングママたちに解決策は
ないのだろうか?
この本は、目の前の現実が大変でも、より遠くを見て、ぜひ
バーティという励ましのメッセージと一緒に、キャリア放棄の
瞬間を克服して、境界女(キャリアを続けて継続女性)で生き
残る秘訣を提示している。


16年目「ワーキングママ」が伝える
私の子供を生かす幸せの指針

この本には、20年以上の職場生活をしてきて培ってきた著者なら
ではのノウハウがそのまま含まれている。特に、「姿勢」、「評判
不変の法則」、「トレーニング論」、「コアバリューをアピールせよ」
などは、職場生活を今まさに開始するワーキングママたちに大き
な助けになるだろう。また、「チッカー論理」、「ネットワーキングの
活用法」、「メンターメンティー」などは、ワーキングママとして仕
事と育児との間のバランスを維持しながら、お母さんはもちろん、
子供も一緒に幸せになれる具体的かつ現実的な方法を得る
ことができる。
この本の著者も16年目ワーキングママだからこそ、「初心者ワーキング
ママ」の苦情に十分共感しながら「今大変でも参考耐えながら夢に
向かって進んでなさい」は、励ましと日?育児を両立することがで
きるアドバイスを含んでいる。社会の中で能力を発揮しようとする
夢を持つあなたなら、もう今仕事と育児の間で困難を経験する
ワーキングママであれば、必ず読むべき本である。
 
 
20代には分からなかったが、40代になってようやく初めて知った
ことなので、社会第一歩をする後輩たちにぜひ話してあげたい
言葉がある。上記の人を評価するとき、最も注目見ることは「姿勢」
ということ。 「姿勢」とは、仕事に対する心構えである。本当に最善
を尽くしたい気持ちを持っているかが何よりも重要である。
- <上では、以下が広々と見える>の中で

私は今のところは、私が望んでどこでも、または私の性になって
いないところでも今、私の足に付けている、ここで熱心にしなけれ
ばならもっと良い明日を約束することができる。 ......最初のボタ
ンをよく挟むことが重要かのように、最初にいくつかの評判を築い
ていくかが重要である。そしてそう積もった評判はよく変わらない。
しかし、最初のボタンを誤って挟んだと、あまりにもイライラする
必要はない。人生に3回目があるとするの評判を変える機会を
「チャンス」と書くことができる。そのチャンスで最善を尽くしてみ
ると「私が欲しい私自身」になることがあります。
- <最初の3年にすべてのことが決定される>の中で

私日とは、「私堂々と作ってくれて、私を私らしくすること」である。
屋台の死んだ魚ではなく、ポルトクポルトク走る魚のように私に
活気を吹き込む酸素のような活力ある。ところが、仕​​事をやめて
おけば私の自信を持って、私の堂々は消え、「私らしさ」と活力を
失うことになるではないか。このような事実を肌で感じながら、
私は「絶対に仕事をやめてはならないなろう」と念を押した。日
を大切にするあなたなら、仕事をやめてはならない。
- <絶対仕事をあきらめてはならない>の中で

人生はマラソンで、あなたは今の半分も来なかった。今どこに
いるのにすぎモクメル必要はない。あなたはまだ半分のレース
が残っていて、あなたの努力次第で十分に補うことができる。
今仕事と育児の間でとても大変落胆させて、または、仕事をや
めようか悩んでいるあなたなら、これをぜひ考えていただきたい。
目の前の現実だけを見ていないように。遠くてみろだ。今は大変
でも、5年後、10年後には、必ず異なるという希望を持つとだ。
- <遠く見通してみろ>の中で

私の人生に大きな影響を与えることを決定する際に私がしたい
側に決定しなければ物足りなさもなく、後悔もない。ように他人
のせいにもしなくなる。 ......ママとしての生活も重要ですが、
私の人生も重要である。いや、はるかに重要である。私の人生
の主人公は誰誰ママではなく、「自分」であるからだ。日によっ
て喜びと幸せを感じるあなたなら、決して仕事をあきらめては
ならない。あなたが幸せでなければ子供も幸せである。
- <お母さんが幸せでなければ子供も幸せである>の中で

ワーキングママとして問題なくしっかり場合に限り、を歩んで
きた人はいない。危機は誰にでもある。ワーキングママであれ
ば、少なくとも1回ずつ合わせされている危機、その解決策は
何だろうか?私が会ったワーキングママがバックであれば、
バックの両方かのように言うの解決策はこれである。
「耐えと、無条件耐えなさい!」
- <支えるのが正解である>の中で

仕事と育児だけにも忙しいワーキングママはなかなか自己
啓発や発展の時間を賭けることが容易ではない。働いて、
子供の世話、残る時間に自己啓発をしようとしてみると、
生涯行っても時間の賭が難しい。このような
ワーキングママにお勧めしたい、自己啓発の秘法がある。
まさに「するしかない状況」を作ることである。時には自分を
追い込ん付けなければならない。
- <時には自分を追い込ん付さなければならない>の中で

子供が幼い時仕事と育児二匹のウサギをキャッチする勝手にされず、
疲れだけだ。何でも適当な時期があるもの。忍耐を持って待っていると、
必ずチャンスは来る。長い呼吸を持って、仕事と育児の間でバランス
をとっていく着実に努力してみると、必ず二匹のウサギを捕まえ
ることができる。だから、心配しないでください。余裕を持とう。
- <仕事と育児、二匹のウサギを捕まえることができる>の中で

* 人間味がありながら、ヒョンジュン君のように仕事に取り組んで
いる処もあり、人間として理解を示して頂けそうな方ですね。 

関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(0) | ▲ top
<<Gallery: 動かぬ証拠 2014年5月偽装された妊娠争点① 更新 | メイン | Gallery から全世界のHenecia へ >>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |