KHJ事件民事訴訟最終弁論記事① (訂正あり)
- 2016/07/20(Wed) -
最初にあげたメデイプレイがかなり最初に流れていますが、どうやって
ファンクラブ会員かどうか照会できたのでしょうか? 法廷を通じて照会
を行ったのでなければ、事務所または事務所関係者から、個人情報の
流出があった可能性がありますが.... 証人の身分照会が正式に法廷で
許可を得て行われたものかどうか、個人的に関心があります。 
それにしても、友達なら偽証罪は問われず、ファンクラブ会員というだけで
偽証罪告訴? 又脅迫していますね....

credit: expo

エックスポツニュース=チョ・ウニェ記者]キム・ヒョンジュンと元ガールフレンドの
Aさんとの間の16億ウォン台の損害賠償請求訴訟の最後の弁論期日が開かれ
た中、キム・ヒョンジュン側Aさんの2次妊娠と暴行による流産がすべて嘘だと
主張した。 Aさん側は原因と結果を上塗りしてAさんの人格殺人が行われている
と話していた。

20日午前、ソウル中央地方裁判所民事法廷でキム・ヒョンジュンの元
ガールフレンドAさんがキム・ヒョンジュンを相手に提起した16億ウォン台の
損害賠償請求訴訟の最後の弁論が行われた。 去る8日、Aさん側の証人尋問
と原告、被告当事者出席のもと、当事者の訊問があり、当事者の訊問が
予想よりも長くなり、この日の最後の弁論期日を持つようになった。

まず、Aさん側は「被告側の準備書面を見た結果、ほとんどが証言付言
繰り返したことについて対応する必要がないように見える」と話を切り出した。
Aさんの法律代理人は、過去弁論期日にキム・ヒョンジュン側が「妊婦はX線
撮影をするといけないX線撮影をした」という理由をあげに対して「事実を
誇張してX線撮影自体が妊娠ではないと主張することは、残念だ」とと述べた。

この問題についてキム・ヒョンジュン側は「X線撮影をしたということ自体
を問題視しない。ただし、X線撮影を行う整形外科医に妊娠するかどうか
を尋ねられたとき、原告、自ら妊娠ではないと答えた。また、この日の腹部を
迎えたとしていない診断書にも記録されなかった」と反論した。

以来、Aさん側は「過去論争に出席した被告側の証人は、ファンクラブの
会員である。偽証罪でする予定だ」と話したりもした。 続いて、 "基本的
に被告の主張は、原因と結果を糊塗したものである。被告ではなかった場合、
現在のような残念な結果はもたらされない。自分の危難の責任を原告に
なぜ転嫁する。被告が暴行し、中絶を強制的にし、最後まで原告を訴える
ことによって精神的苦痛を与えたことは、被告であっても理解できない」
と述べた。

また、「被告が自分が正しいとした根拠は、信憑性が落ちる。 原因と結果
を糊塗するのは正しくない。被告の契約が解除され、さらにファン層も崩れ
るなどの問題は、残念だが
、それを招いたのは、被告である。被告側は
2014年以降、証拠がない。今でも証明されていないという事実を言って
原告と原告代理人の名誉を毀損している」とし「被告は原告に名誉殺人、
人格殺人を強行している」と声を高めた。

一方、キム・ヒョンジュン側は"具体的な科学的証拠を掲げていない"、
反論した。キム・ヒョンジュン側は"被告の母親は、何度か遺書を書いて
極端的な考えをしたという。被告も危うかった"、"被告は、芸能人である
ため、マスコミに出れば出るほど、被害を見る。
被告は原告側で、意図的にマスコミに報道をすることにすることで、
やむを得ず対応するようにした"と話した。

キム・ヒョンジュンの弁護の代理人は"最も重要な争点は事実の照会
確認書によってすべて虚偽であることが明るみに出ている。もうずいぶん
前に現れているが、原稿がこの裁判を1年半も引きずってき、情況だけで
妊娠と主張している。それは妊娠に騙されたという証拠であるだけでなく、
裁判部を欺瞞した訴訟である” と主張した。

さらに、"被告は妊娠したという話を聞いてだまされた。軽いもみあいが
あったということは分かっているが、妊娠の事実を信じた。もみ合いを暴行
で歪曲して中絶したとマスコミに打てば、説明する術も無く、戦々恐々とした

* 실갱이 もみあい、喧嘩という意味でした。

この時から脅迫された被告は死のような恐怖を受けたが、これを見つかる
とより大きな脅迫を受けないかと見て消した。これによって莫大な被害を
被った"と付け加えた。

キム・ヒョンジュン側は、産婦人科と整形外科の事実確認の照会書を提出し、
"2次妊娠自体もなく、流産に対する客観的な資料もない。原告の主張が
虚構であるしかないのは2回目の妊娠の事実そのものがないからだ
被告はこの事件を通じて女友達を殴った破廉恥漢ではないということを
明らかにしたいと思っている。原告の主張は虚偽事実の適示による
名誉毀損に該当する"と話した。

先立って、A氏は今年2014年8月のキムヒョンジュンを暴行致死事件と傷害
容疑で告訴した後、キム・ヒョンジュンの謝罪を受けて牛を取り下げたが、
翌年2月、キム・ヒョンジュンの子供を妊娠したと主張して、実子の議論が
巻き起こった。 さらに、A氏は同年4月の金ヒョンジュンを相手に最初の
妊娠の遺産に精神的な被害を被ったと、16億ウォンに達する損害賠償
請求訴訟を提起した。 

* ソン弁護士の弁論の中に気になる言葉...< 契約が解除され... > 
もう契約していないとは事務所の事でしょうか? よく分からないです。
別記事もチェックします。

 
関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(4) | ▲ top
<<KHJ事件 民事訴訟最終弁論記事② | メイン | Gallery から 本日最終弁論は公開で☆>>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/20 13:01  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 S さん、こんばんわ! 


 期待していなかったので、それでも expo とかまあまあこちらの主張も
 書いてくれている記事はあります。そして Dispatch と TV Report の
 記事なしにちょっと心が軽いです。 静かに黙って消える気かしら?
 Dispatch も本当は刑事でさばいてほしいですが..

裁判長の話で希望が生まれました。 いいソンムルになるといいですね。
 やっと終わりが見えましたね。 本当に長い時間です。
2016/07/20 23:12  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/23 22:01  | | #[ Edit] |  ▲ top

--
おはようございます。

申し訳ありませんが、鍵コメの質問は、
無かった事にしてください。
お騒がせしました。すみません。
2016/07/24 08:51  | URL | ひかる #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |