韓国の自浄力が問われる法律
- 2016/07/28(Thu) -
  韓国で今日、とても意味のある司法判断が下りました。 社会に蔓延する賄賂、
リベート、諸々の不正の温床となる金品のつけ届けを正す法律、キムヨンラン法が
国会で成立しているにも関わらず、憲法に違反するのでは?という議論が巻き起こって
いたそうですが、本日、違憲ではないという最高裁判断が下り、9月28日から施行
されることになりました。

 国会議員が対象から抜けているのが大きな片手おちですが、逆にここで妥協した
から国会を通過しているのでしょう。 ヒョンジュン君に関係する部分は対象が
私立学校教員、ジャーナリストも対象になるんです。 そのため、接待が普通、
取材と接待がつきもののジャーナリズムからの反発も大きく、放送や媒体を通じて
接待、つけ届けが減ると経済が打撃を受けるなどと展開していて(昨夜のKBS
も同じく) ひんしゅくを買う程でした。 韓国記者協会、インターネット報道機関、
私立学校、幼稚園関係者、そして今ロビー活動が社会問題になっている弁護士
協会が、国会を通過した法律にたいして憲法違反では?と見直しを迫って
いた事への正式司法判断が下ったという事です。

 記者協会、インターネット報道機関といいますから、媒体に関わる全てが
接待漬けだったという事ですね
。 なくなったら困る💦 みたいな... 

   職業人のモラルを追求するこの法案を作った人が キムヨンラン氏、韓国
の最高裁の判事を務めた女性という処が素晴らしいです。 韓国をクリーン
な国にするために頑張っているのは 女性ですね☆ 先日の検事さんに
続いて、<発見、法曹界の素敵な女性 > という視点でチェックしました。

不正の請託と金品などの授受の禁止に関する法律

credit: Daum 百科事典

「キムヨウンラン法」は、「不正請託と金品などの授受の禁止に関する法律」を
提案者の名前を取って呼ぶ言葉だ。 既存の法律で処罰していない公職者の
不正を防ぐために考案されており、提案後、激しい反発で3年近く漂流した。
しかし、セウオル号の惨事の後、不正腐敗を清算しなければならないという
世論が高まる新たに注目され、2015年3月3日、国会を通過した。

国会通過後もキムヨウンラン法を巡って強い賛否両論が起こった。 この法律
により、食事もてなし、クリスマスプレゼントなどが萎縮して内需景気を萎縮さ
させかねないという反発と「腐敗清算」という法の趣旨を守らなければならない
という賛成世論が拮抗した。 これを反映するように法制定後施行令が出てく
ると通常、数ヶ月かかるのに対し、国民権益委員会は、法通過後の1年2ヶ月
ぶりの2016年5月9日になってようやく施行令案を出した。

キムヨウンラン法の支持者、キムヨウンラン

この法律の最初の提案者であるキムヨウンラン前最高裁判事は、大韓民国
の司法史上初の女性最高裁判事である。
最高裁判事任命当時16年ぶりの
40代の最高裁判事であり、司法研修院ライダーによる年功序列を10年以上
超えた破格の人事で話題になった。 女性の*宗中資格を認めて
戸主制と死刑に反対し、良心的兵役拒否者の代替服務制の導入に賛成した。
女性などの社会的弱者と少数者の権利を伸長しようと努力したという
評価を受ける。

*宗中資格とは、同じ氏、祖先をもつ人たちの集まりで、祭祀を行ったり
運営、財産分与は成人男子だけに限られていたのを 2005年にこの女性
最高裁判事が、会員資格を女性にも認める決定を下したもの。 宗家の
当主に女性もなれるという事ですね。 

金英蘭(キム・ヨンラン)は、最高裁判事退任当時に"退任後、弁護士活動をしない、
最高裁判事の経験を生かして社会に還元できる案を探してみる"と宣言して
'前官礼遇'慣行が蔓延した法曹界に警鐘を鳴らしたりもした
彼は退任後、西江(ソガン)大学ロースクール客員教授として講壇に立った。
金英蘭(キム・ヨンラン)は、国民権益委員会委員長を務めていた2012年8月、
同法律を提案し、同年夫の姜智遠(カン・ジウォン)弁護士が、大統領選挙
出馬を宣言すると、委員長職を辞任した。

* 
「高位官職だった人に、退任後にも在任時と同じ礼遇(待遇)を施すこと」。
法曹界でも蔓延しているとされる悪習。 例えば Natural Republic の会長の
不正事件で罪状が軽くなるようにロビー活動したのも、検察OBの弁護士。
検察を高位で退職し、弁護士事務所を構えて、かつての部下、現役検察
判事、検事などに、プレッシャーをかけて、自分のクライエントに有利な
判決、罪の軽減などを図っていると言われています。 

この法律はこうした悪しき習慣にかなり厳しいものになるので、弁護士から
も反発があったようです。 残念なことですが...   

**   この法律で、お金があれば何でもできるという考えが通らなくなる世の中
になるといいですし、 接待を受けて記事を書くなどどいう、報道の片隅にも
おけない記者たちに襟を正してほしいです。 ソンジョンムン弁護士もきっと
困るだろうし.....  ジャーナリズムも対象だから、MBN のような総合ジャーナリズム
も、違反したら受けるダメージが大きくなります。 国民の不正を許さないと
いう流れが、社会の自浄作用につながるといいのですが....  

詳しい内容はこちら↓ とても細かく決められているので、違反したら的確に
摘発できる内容です。 

「職務関連性」に関係なく金品授受処罰

金英蘭法の核心は、職務関連性や対価性を考慮せず、公職者の金品
授受を処罰できるようにしたことにある。これは既存の刑法上の賄賂罪
よりも一層強化されたもので、これまでには'スポンサー検事'主)私'ベンツ女性
検事'主)事件のように公職者が金品授受をしても、公職者の職務とは
関係がないと無罪判決につながる場合が多かった。

金英蘭法では同一人物から1回に100万ウォンまたは毎会計年度に
300万ウォンを超過する金品をされると職務と関連があるかどうかに関係
なく刑事処罰(3年以下の懲役や3千万ウォン以下の罰金)するようにした。
100万ウォン以下の金品の場合には、職務関連性を計算して該当する場合
にのみ過料(2倍以上5倍以下)を支払う。 また、金品を提供した人も同じ
ように処罰される。

米国の反腐敗法職務関連性かどうかを問わず、公職者の金品授受を
処罰している。 米国は「賄賂と利害衝突防止法」第209条の規定により
公職者が、政府外から金品などを授受すると、1〜5年以下の懲役や
罰金に処する。 この法は提供者が、何の請託をしないで、単純に金
品などを提供した場合にもかかわらず、処罰する。

金英蘭法は、公職者の配偶者を通じた金品授受も禁止した。配偶者
が公職者の職務と関係ある金品を授受した場合、公職者がこれを
知っていながら通報しなければ公職者が刑事処罰や過怠料処分
を受ける。公職者は配偶者の金品授受事実を知っている直ちに
所属機関長に申告しなければならず、申告すれば刑事罰や過料
賦課などを減軽し、、免除を受けることができる。

食事基準三万ウォン、プレゼント万ウォン、慶弔費10万ウォン代・
慶弔費など合法的に許容される金品の範囲は施行令で決まる。
国民権益委員会は5月9日に発表した施行令案で、公職者などが
職務と関連がある人から万ウォンを超える食事のもてなしを受け
ると、過怠料を払うことになる。 団体で食事のもてなしを受けた
場合1当たりの接待費用はn分の1で傷つけたかどうかを問い
詰めている。

また、プレゼントの金額は五万ウォン以内で、慶弔費の上限額
は10万ウォン以内に制限した。慶弔費には慶弔目的に送る
花輪が含まれ、慶弔目的がなく昇進プレゼントなどで花輪を
送るなら五万ウォンのプレゼント基準が適用される。

外部の講義についた上限枠も設定した。公職者の場合、長官級は、
原稿料を含め、時間当たり40万ウォン、次官級は30万ウォン、
4級以上は23万ウォン、5級以下は12万ウォンを上限と決めた。
言論人や私立学校教職員の場合には、民間人という点を勘案して
職級別区分なしに時間当たり100万ウォンまで謝礼金を受けられ
るようにした。

国民権益委員会は2016年6月22日までの立法予告期間中
に公聴会などを開いて意見の収れん手続きを経ている。国務
調整室と法制処の審査と閣議の議決を経て施行令が最終確定
されれば、9月28日、法案と共に施行される予定だ

不正請託、金がやり取りされなくても処罰金英蘭法は不正請託と
関連した処罰規定も強化した。従来は刑法130条によって不正請託
の見返りに金品が行き来した場合にのみ収賄、背任収賄などで
処罰したが、金英蘭法はカネを受け取っていない不正請託も
処罰対象に規定した

外部の講義の上限額も設定した。 公職者の場合、閣僚は原稿料
を含めて時間当たり40万ウォン、次官級は30万ウォン、4級以上
は23万ウォン、5級以下は12万ウォンを上限額に決めた。 ジャーナリスト
や私立学校教職員の場合には、民間人であるという点を勘案し
職級別を問わず時間当たり100万ウォンまで報酬を受けることが
できるようにした。

不正請託の事例を△・許可などで法令を違反した請託△入札競売
など職務上の秘密漏えいの要求など15つに提示し、公職者がこれ
を受け入れる場合、2年以下の懲役または2千万ウォン以下の
罰金を受けることになる

不正請託をする人に対する処罰は'第3者を通じた不正請託'の
場合だけを決めた。本人が直接依頼するケースまで禁止する
ことは、合法的な苦情提起まで妨げる危険が大きいという懸念
によるものだ。当事者が第3者を通じて、公職者に不正請託した
場合、千万ウォン以下の過怠料を支払わなければならず、
この時、第3者が公職者の場合第3者も3千万ウォン以下の罰金
を払わなければならない。当事者が第3者をため、公職者に
依頼すれば、2千万ウォン以下の過料が賦課される。

一方、国会議員など選出職公職者は不正請託の例外と規定され、
議論が広がっている。国会政務委の審査過程で'選出職公職者
が第3者の苦情を伝達する行為は不正請託に該当しない'は
条項を挿入したもの。これを置いて'特権を守る'という批判が
提起されている。

利害衝突防止'立法は可能か

もともと金英蘭法は、金品授受と不正請託禁止、利害衝突防止
など三つの部分で構成されたが、利害衝突防止条項は国会の
審議過程で欠落された。利害衝突防止条項は国会議員や
上級公職者などの子供・就業のロビーなどを防ぐ内容だ。

利害衝突'という公職者その自分や親族が職務と私的利害関
係があり、職務遂行に不適切な影響を及ぼすことができる場
合を指す。公職者が個人的な利害関係が職務を遂行するこ
とや職務関連者と金銭・不動産などの取引すること、所属
機関に家族が採用されるようにする行為などをいう。

会は、利害衝突防止条項を設けて'制限の対象に包括的
なので違憲の可能性が大きい'、除いた。これと関連して'
第2の金英蘭法'と呼ばれる'公職遂行の透明性の保障と
利害衝突防止のための法律案'が国会政務委の法案小委で
係争中や19代国会が終わると自動廃棄される予定だ

金英蘭(キム・ヨンラン)法をめぐる論争

金英蘭法の施行を控えて提起される論議は主に経済に
及ぼす影響に当てられている。政治圏を中心に食事のもて
なしやプレゼントの提供などが減り、外食業界と花卉業界
などに影響を与え、内需萎縮が懸念されるという批判が
提起されている。

朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は2016年4月26日"このまま
施行されれば、経済を過度に萎縮させないか懸念される"、
国会レベルの再検討を要請した。農畜産業界は"金品授受
の対象に国内の農畜産物を除外しなければならない"と主張した。

* 賄賂が横行しないと国家経済が成り立たないという
指導者💦 びっくり、びっくり@_@

これを反映するように権益委が出した施行令案は既存の現行
の公務員行動綱領より緩和されたという批判を受けている。
現在の行動綱領はプレゼントの授受を原則的に禁止しているが、
施行令では五万ウォンの限度で許容し、心づけ授受が依然とし
て現われ、慶弔費は、行動綱領の五万ウォンより2倍の10万
ウォンに増えた。食べ物の接待は三万ウォンで同一だ。


一方、金英蘭法を施行しても、内需経済に及ぼす衝撃は
微々たるものであり、むしろ不正腐敗を減らして経済活性化
に肯定的な効果を及ぼすことができるはずとの見通しも出ている。
 現代(ヒョンデ)経済研究院は2012年に起こした'腐敗と経済成
長'報告書で"OECD平均水準に合わせて清廉になれば、韓国
1当たりの名目GDP(国内総生産)は138.5ドル、年平均成長率
は名目基準で約0.65%ポイント上昇するものと期待される"と
明らかにした。

また、法の対象が広すぎるという批判もある。現在、憲法裁
判所には金英蘭法がジャーナリストと私立学校の教員まで
適用対象に含める問題に対する違憲確認の憲法訴願審判
が進行中だ。大韓弁協、記者協会などは2015年3月、金英蘭
(キム・ヨンラン)法が国会で可決されると、法の施行以前で
あることにも異例的に憲法裁判所に違憲確認の憲法訴願審判を
請求した。

上の件に、今日結論が下ったという事です。 

これで少しはお金があれば何でもできるという社会の体質が
クリーンになるといいですね。

関連記事
この記事のURL | 未分類 Not assorted | Comment(4) | ▲ top
<<Gallery より:8月10日公判は公開で予定 (追記あり) | メイン | キム・ヒョンジュン、口頭弁論の要旨提出…宣告後に控えて五分五分>>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/29 23:58  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 Gさん、こんにちわ!

 そうですね~国が決めても守らないって韓国語の先生が言ってました。
 その辺は日本人には分からないですね、よほどの悪法じゃない限り
 秩序というものを重んじるか重んじないか?です。 あちらは儒教の
 悪い面、序列思考を重んじすぎですね、都合よく。 

 いつの世も守る人、守らない人に別れるのでしょう。 ただ、これまで
 ほど、お金で全てが解決とはいかない、逆にお金で解決すると危険
 だとなる事を願うばかりです。

 民事の判決では、チェ氏の主張全てに証拠がないという事は明確に
 判決文に書かれるのではないでしょうか? ただ、民事では相手を
 罰する事はできないので、チェ氏および一味に刑罰を下せるのは
 やはり 刑事訴訟です。 刑事訴訟は国の刑法にそって判断されます。
 民事は二者間で意見の一致をみない案件、金銭などの問題について
 調停、判断を下すものですので、今回はチェ氏が主張する内容を
 立証できないので、請求額を認める事はできないという内容に
 なるのかな?と思いますが、詳しいことは素人なので分かりかねます。
2016/07/30 18:12  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/31 13:55  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: 刑事に望みを・・・・-
 Gさんへ 

 こんばんわ! 
 6億、普通にはもらえない金額です。 それを脅し取った事が恐喝にも
 ならない.. 書類的にどんな処理をしたのか、全てをひっくり返される
 ことになる検察... そこをどのようにしたら突破できるのか、一縷の
 良心を期待したいところです。 何が正義か正気を失っている組織
 に打開策はあるのか? でもここの扉をあけないと、実刑判決まで
 もっていけないので、弁護士の皆さんも必死だと思います。 

 ご推察のそこは外せないですね。 本当の意味で自由になれる日まで
 見守る必要がありますね。 忍耐心の塊になりそう💦
2016/07/31 21:40  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |