「翻訳」 Queen : イジェマン弁護士インタビュー
- 2016/08/25(Thu) -
Star News の聞き取りなんかしている間に、インタビューがあがって
いましたね。 まずはイジェマン弁護士さんの Queen から。 

credit:  cozy

Queen :  
キムヒョンジュン一億賠償判決一審勝訴まで
担当した弁護士に聞いた2年の訴訟、フルストーリー

俳優キムヒョンジュンが、2年間続いた元GF チェ氏との民事訴訟に完勝した。
チェ氏が彼にたいしておこした16億ウオンの損害賠償請求訴訟で、裁判部は
むしろ芸能人である彼のイメージと名誉に致命的な損傷をおわせたチェ氏が
キムヒョンジュンに1億ウオン賠償しろという宣告だった。 最後まで偽りの
主張をしたチェ氏の罪質が悪いと見た裁判部の今回の判決まで2年余の間
粘り強く法廷で闘った訴訟フルストーリーをイジェマン弁護士(法務院チョンパ)
に伺った。 

キムヒョンジュンに過去2年は悪夢そのものだった。 まるで妊娠した彼女の
腹に暴力をふるい流産させた破廉恥犯と自分を見る世の中の視線をさけて
暗澹とした心情で家に引きこもること何日目... 事件が解決される前に
入隊しなければならなかった彼の心境は誰も推し量る事はできないだろう。
しかし、もうキムヒョンジュンの悔しさ全てがほどけた。 彼を崖っぷちに
追いやった <妊産婦暴行><妊娠中絶強要>など、チェ氏の主張の
全てが事実ではないと明らかになった。 去る8月10日ソウル中央地裁
第25民事部(部長判事 イフングオン)はチェ氏がキムヒョンジュンを相手に
起こした16億損害賠償請求訴訟でキムヒョンジュンの手をあげてくれた。
今回、裁判部で最も大きな争点になった部分は、<原告の2回目の妊娠>
と被告の暴行結果流産について事実か否かだ。 裁判結果、チェ氏は検査
当時、妊娠が確認されず、再検査を勧めた病院側の言葉を聞かず、その後
酒を飲んだ事が確認された。 これはチェ氏も認めた部分だ。 又、 チェ氏
は整形外科でレントゲン撮影をした時、妊娠していないか尋ねた質問に
妊娠中ではないと答える一方で、流産と月経による出血を確実に区分しな
かった事実が裁判を通じて明らかになった。 

これに対して、裁判部は < チェ氏が知人と対話中、出産の意志がない
事を明らかにした点などを推察してみた時、原告は根拠ない主張をしている
と、これ事実のように外部にインタビューまでし、むしろ被告キムヒョンジュンの
名誉を棄損した > として原告 チェ氏は被告キムヒョンジュンに慰謝料
を支払うように判決を下した。 

長いので折りたたみます。

 
2014年から始まった今回の事件は、長きにわたった闘いだった。 同年
8月チェ氏はキムヒョンジュンを暴行致傷容疑で刑事訴訟しながら、世の中に
初めて知られることとなった。 その後、彼女はずっとキムヒョンジュンに常習的
暴力を振るわれたとして、妊娠と流産が繰り返されたと主張してきた。 
そう話した彼女が突然、愛する人を許すことにしたと言って告訴を取り下げた。
知ってみると、和解金6億ウオンを受け取った後だった。 彼女はここで
留まらなかった。 翌年4月 キムヒョンジュンを相手にもう一度、」精神的
被害補償を要求し、16億ウオンの損害賠償請求を起こした。 KHJ の暴行で
子供を流産した、妊娠中絶を強要されたという事が主要な争点だった。 既に
和解金を渡したところで、 キムヒョンジュンとしては、彼女の主張が嘘である
だけでなく、これによる名誉棄損など被害が大きく、チェ氏に損害賠償請求
する反訴をおこした。 過去2年の間、泥沼の闘いを キムヒョンジュンの完勝に
導いた法務院チョンパ代表弁護士に、この間の訴訟に関して伺ってみた。 

Q1  今回の民事訴訟に、ほぼキムヒョンジュン氏が完勝しました。 裁判結果
が出て、キムヒョンジュン氏はどんな反応を見せたのか気になります。 

裁判が終わった翌日、キムヒョンジュン氏から長文のメールが一通届きました。 
証拠、全て出た状態でしたが、それでも心配はあったであろうに、裁判結果が
良かったので、安堵したんでしょう。 その間、女を殴った男だと社会的
視線にどれだけ苦しんで来た事でしょう。 今はだいぶ良くなったけれど、
事実、今回の訴訟を引き受けて、初めて会ったヒョンジュン氏の状況は
非常に深刻な状態でした。 外への出入りも全くせず、家でさえも全ての
灯りを消していたんです。 一人にしておいては本当に大変なことをしでかす
と思われました.. チェ氏の脅迫で精神的ストレスと恐怖感が極限に達し、
パニック障害と帯状疱疹を患いもしました。 ヒョンジュン氏の母親は
ヒョンジュンが死ぬ姿を見る事ができないから先に死ぬと、最初に遺書まで
書いたんです。 幸い、裁判結果が良かったので、無念さがほどけました。 
トラウマは生涯、癒えない事があるといいますので、家族がまだひどく
心配しています。 

Q2  今回の訴訟以前にキムヒョンジュン氏がチェ氏に6億ウオンを与え
和解した事実があると理解しているのですが、罪がなかったら、何故 
そのような大金を与えるまで、合意しようとしたのか、疑問に思う人が
多いです。 

ヒョンジュン氏は 2014年5月30日、チェ氏と喧嘩があっただけで
暴力をふるった事実はありません。 チェ氏が同年5月15日
妊娠テスト結果をメールで送り、妊娠したという言葉も、6月1日結局
流産したという言葉まで、どんな疑いもなく、信じたんです。 巧妙に
この期間があって、ヒョンジュン氏は暴行で流産したというチェ氏の
脅迫に対抗する事さえできなかったという事です。 一旦 世の中に
このような話しが知られたらと恐怖を覚えたキムヒョンジュン氏が
口止めに9月15日、6億ウオンを与えました。 訴訟進行過程で
結局 チェ氏の流産は勿論、妊娠の事実全てが嘘だったという事を
知ることになりました。 

Q3  では6億ウオンはどうなるのでしょう? 又請求する計画ですか? 

当然、おこってもいない事で不当な利益を得たのですから、ある程度
事件が一段落したら、訴訟を通じてもう一度、返却してもらうつもりです。 
ヒョンジュン氏の名誉回復のためにも、それが良いでしょう。

Q4  キムヒョンジュン氏とチェ氏の間に残る裁判はまだありますか? 

昨年7月ヒョンジュン氏がチェ氏を相手どって恐喝、訴訟詐欺、誣告、
出版物による名誉棄損など 4個の罪名で刑事告訴をしました。 
ところが、6月に入り、東部地方検察がヒョンジュン氏やチェ氏を
全く調査せず、警察の起訴意見を覆し、全て不起訴処分にしました。 
罪の有無を荒そう機会さえありませんでした
。 従って、又抗告
しました。 今回の裁判結果が今後進行される刑事告訴にも
有利に適用される事と期待しています。 

Q5  チェ氏がキムヒョンジュン氏の名誉を棄損したとして、一億ウオンを
支払えという判決が出ましたね。 一億ウオンは我が国で精神的
損害賠償金額として認める事ができる最高額だと伺いました。 最近
キムヒョンジュン氏以外にも、芸能人のイメージ棄損を口実に恐喝
脅迫をおこなう事件が多く発生しています。 芸能人への荒らしも
大きな問題になっています。 今回の判決が我々の社会に少なくない
影響を及ぼすようです。 どのようにご覧になっていますか? 

今回の判決は罪のない有名芸能人の名誉棄損は勿論、我々の社会
に警鐘をならす、新しい道しるべになるでしょう。 芸能人の
有名税を足元を捕まえる、そうでなければダメだ式の訴訟が乱発する
事を制止する効果まで加える事でしょう。 その間多くの芸能人が
裁判の結果に関係なくイメージ棄損で、人生そのものがダメになって
しまうケースがあまたありました。 これからは、我々の社会も民事
裁判で加害者の行為が悪意的で、反社会的である場合、実際
損害額より遙かに高い損害賠償をするように懲罰的 損害賠償制度
が導入されなければならないのではと考えてみます。 

キムヒョンジュン事件経過

2014年8月: チェ氏、暴行容疑でソンパ警察にキムヒョンジュンを告訴
同年 9月: チェ氏、暴行告訴取り下げ(6億ウオンで合意書作成) 

2015年4月: チェ氏、昨年の妊娠暴行流産について16億ウオン損害賠償請求訴訟
   6月: 16億損害賠償請求訴訟 一回目弁論準備期日 
   7月: 2回目弁論準備期日
   9月: 3回目 ”
   9月: チェ氏 出産、実子確認訴訟準備 
  10月:  4回目弁論準備期日 
  12月: キムヒョンジュン実子確認結果発表(チェ氏子供、KHJのDNAと一致) 

2016年3月: 5回目弁論準備期日(チェ氏 申請で4月に延期) 
   4月: 5回目弁論準備期日 
   6月: チェ氏がキムヒョンジュンを相手におこした16億ウオン損害賠償
      請求訴訟関連一回目弁論期日 

   6月: 東部地検、キムヒョンジュンがおこした告訴案件不起訴処分
      (キムヒョンジュン 抗告) 
   7月: キムヒョンジュンーチェ氏、16億ウオン損害賠償請求関連
      2回目弁論期日 (直接 出席) 
   8月: キムヒョンジュン勝訴 (チェ氏の16億請求訴訟全て棄却判決
      キムヒョンジュンに1億ウオン賠償判決) 

         ::::::::::::::::::::::

若干、荒い部分は午前に修正予定です。 

次はお父様のインタビューですが、夜も更けたので、木曜日の課題と
致します。 

このインタビューで、東部地方検察が、どのように刑事告訴を処理したか
世の中が知ることになるのは、良かったと思います。 どう思うかなんて
気にいたら何も始まらず、プレッシャーをかけても裁判に持ち込む事が
優先。 法廷に出れば、証拠が全てですよね。 刑事告訴がスピード
アップされますように ☆

イジェマン弁護士さんは太平洋さんと一緒に最後まで刑事も戦って
くれそうですね?  
関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(0) | ▲ top
<<女性東亜 キムヒョンジュンのお父様のインタビュー (訂正) | メイン | 「翻訳」 K Star 16億訴訟判決の意味は?(訂正)  >>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |