女性東亜 キムヒョンジュンのお父様のインタビュー (訂正)
- 2016/08/25(Thu) -
昨夜は、イジェマン弁護士さんのインタビュー、紙媒体からなので
全て手うちで翻訳していたら、uzooshin0606 様のブログで
タイピングして下さった原稿を発見。 今朝は翻訳機も使えました。

credit : uzooshin0606 さまのブログ

女性東亜キム・ヒョンジュンお父様インタビュー

キム・ヒョンジュン裁判の後、
彼の父に会う

韓流スターのキムヒョンジョン(30)をある朝、那落の底に落した元ガールフレンド
のA氏との訴訟戦で、裁判所がA氏が起こした16億ウォン台の損害賠償請求
を棄却した。 裁判部は、むしろA氏にキム・ヒョンジュンの名誉を毀損した
責任を問い、1億ウォンを賠償するという判決を下した。1審ではあるが1年4ヵ月に
渡った法廷攻防でキム・ヒョンジュンが勝利したことになった。

8月10日、ソウル中央地方裁判所民事合議25部(部長判事イフングォン)は
"'キム氏の不法行為による精神的被害に対して賠償せよ'、昨年4月、
損害賠償を請求した理由に挙げたA氏の主張は、すべて証拠がない"と
明らかにした。

A氏はキム・ヒョンジュンと交際した2年の間、計5回妊娠したと主張して
二番目の妊娠中の2014年5月末、キム・ヒョンジュンに腹部を殴られ
流産したと主張してきた。しかし、裁判部は'A氏が妊娠しているか
どうかを確認するため、産婦人科に行ったが、妊娠が確認されて
おらず、妊娠中と主張した5月30日未明には、キム・ヒョンジュンをはじ
めとする知人たちと酒を飲んだ事実が確認された。また、A氏が
キム・ヒョンジュンに暴行を受けたと主張した翌日、産婦人科に行く
こともないまま、整形外科を訪問してレントゲン撮影をし、
この時妊娠しているかどうかを問う医師質問に、(妊娠中)ではないと答えたこ
とがある。Aさんが一人で妊娠テスト機で検査した後、キム・ヒョンジュン
にSNSなどで妊娠の事実を知らせたことはあるが、実際に妊娠して暴行
のために流産したと見るには困難な情況が発見されるなど、A氏の主張を
認める証拠が不足する'という概要で説明した。

裁判部は2014年10月に妊娠(4回)をして中絶手術を受けたというA氏の主張
も信憑性がないとし、その理由について"月経開始日などを突き詰めると、
妊娠自体が不可能な状況と判断され、中絶手術の記録はもちろん、
その頃、病院を訪れた記録そのものが確認されていない"と 明らかにした。

裁判部は、むしろ"A氏が事実でない内容でマスコミとインタビューをして
キム・ヒョンジュンは芸能人としてのイメージと名誉に致命的な損傷を受けた"、
"A氏はキム・ヒョンジュンに1億ウォンを賠償せよ"と言い渡した。判決後、
六日が過ぎた8月16日夕方、キム・ヒョンジュンの父キムフンソン氏に会った。

法廷とマスコミで行われた退屈な争いの末、キム・ヒョンジュンの手を
あげた判決で、悔しさを解いたと考えて要請したインタビューだったが、
彼の家族は依然として'地獄のような時間'を耐えていた。

Q 裁判の結果に接して気分がどうでしたか?

心配が多かったが、ひとまず、安堵しました。

Q  キム・ヒョンジュンさんはどんな反応を見せましたか?

A氏の賠償要求が全て棄却されたので、何よりも妊婦暴行犯では
ないと明らかになったことについて喜びました。2014年8月、暴行容疑
で最初に告訴された直後、ヒョンジュギが私に電話して泣きながら
言った話があります。

'아빠, 나 진짜 안 때렸어요. 폭행하지 않았어요.
저, 여자 때리는 사람 아니잖아요.
저 좀 믿어주세요'하고 오열 하더라고요

アッパ、俺、本当に殴ってないよ。 暴行してない。
僕、女を殴る人間じゃないだろ。
僕のこと、信じてくださいと 嗚咽しました

だから ”アッパはお前を信じるよ。 私の息子は
女を殴る人間じゃないから ”と慰めました。 
ところが、どこへ行っても、女を暴行した奴だと見るので
トラウマが生まれました。 アメリカにいる叔母が報道を見て
私に ” 子供は産むことができる。 だけど、女を殴ったら
だめ!” と語りました。 親族がこのように話すほどなので
他人の視線に耐えるのは、どんなに辛かった事でしょう。
しかし、心の傷は生涯、癒えない事もあると言います。

* 子供は誰でも産めるが、教育をちゃんとしなさいとお父様を
たしなめた言葉のようです。 

Q  キムヒョンジュン氏は軍生活をうまくできていますか?

今、上等兵です。来年に除隊します。軍隊では忙しく過ごします。
かえってよかったと思います。軍隊行く前には、真っ暗な部屋にだけい
ました。一日中です。もともと昨年5月、軍隊行く前にコンサートをして
韓国のファンたちには恩返ししようとしていました。 場所も仮契約した
状態でした。ところが直前にA氏が'暴行の結果、流産'を主張し、損害
賠償請求訴訟を提起しました。世論が'妊婦暴行犯'に流れるので、
ファンに申し訳なく思うと、明るいところに出ることもできないんです
家の外に出ることもできず、食事もせず、お酒一杯飲むと倒れて寝ました。
精神的ストレスと恐怖感が極限に達してパニック障害の症状を見せも
して帯状疱疹も患いました。

Q  息子を見守る家族も大変だった事でしょう

気苦労は言葉で全て語るはできません。本当に大変でした。
一日一日 家族は生死を行きつ戻りつするほどでした。
人々が息子を破廉恥犯だというので、母親である妻は耐え切れず
3回も遺書を書き、極端に思いつめました。 ヒョンジュギはヒョンジュギ
なりに悩みました。 その時、葬式(初喪, 身近かな人の葬儀)が出る
のではと思いました。 私達夫婦は毎日涙が溢れました。 どこに行っても
顔を上げる事ができず、息も殺して生きていました。 人々が集まって
話をする姿さえ見ても、ヒョンジュギと私達家族の悪口をしているように
見えました。 周囲で、”ヒョンジュンのお父さん、どうしましょう” と
心配してくれる言葉が ” 息子の教育を何故こんな風にしたんだ?”
と悪口を言っている言葉に聞こえました。

事件の始まりは、2014年8月A氏の告訴のだった。A氏は"2014年5月、
キム・ヒョンジュンに暴行された。この2年間の交際期間、キム・ヒョンジュン
に持続的な暴行を受けたが、妊娠と流産が繰り返された"と主張した。
ところでA氏は9月に突然"愛する仲なので、許すことにした” と告訴を
取り下げたが、公開した理由とは違って、キム・ヒョンジュンから合意金
6億ウォンを受け取った事実が明らかになった。しかし、2015年4月、
再びキム・ヒョンジュンを相手に、精神的被害などを理由に16億ウォン台
の損害賠償請求訴訟を起こしており、キム・ヒョンジュンはA氏の主張を
全面的に反論し、名誉毀損などを理由にAさんに当たるので
A氏に反訴を出した状態だった。

Q  2014年9月Aさんに暴行致傷の告訴を取り下げる前6億ウォンを渡した
理由は何ですか。暴行をしていないと主張しながら。

ヒョンジュンは当時、初の警察調査でも5月30日A氏と争いがあったが、

暴行はしなかったと供述しました。

しかし、問題はキムヒョンジュンが2014年5月15日Aさんが妊娠したが、6月1日、
流産したという言葉を何の疑いもなく全て信じたため、その間にあったいざこざ
を口実に"キムヒョンジュンに暴行され、流産した"と主張しているA氏に対抗
しなかったんです。 そうしていると8月22日、マスコミに暴行の告訴事件が
(世に)知られ、十日だけで一万余件の関連記事が出たんです。9月12日には
A側の弁護士が"まだ提出していない資料がある"とマスコミとインタビュー
をしました
。A氏の告訴でコーナーに追い込まれたヒョンジュンが、そのような
マスコミの報道を自分の息の根を締めている脅威と受け取るしかありませ
んでした
。その時ヒョンジュンはワールドツアー中であるため、国内で行わ
れる状況を打破したり対処するのが困難な状態でした。

ヒョンジュンは真実の如何を離れ、自分が妊婦を暴行した破廉恥犯と追い
詰められる事自体がとてもいやで怖かったんです。それで6億ウォンを
やった訳です。私もお金を渡した事実を昨年2月になって知りました。
自分なりに家族に心配かけないように話していないんでしょう。

Q キムヒョンジュン氏が合意金を渡した後にも関わらず、なぜA氏と
続けて会ったのか不思議に思う人が多いです

Aさんにまた妊娠したとし、ヒョンジュンを訪ねて来ました。周辺で再び
A氏が'暴行の結果流産'を主張すれば、芸能人として、これ以上活動
できないからA氏に背を向けないように助言する上、何よりAさんが妊娠し
たというから、ヒョンジュンとしては再び会うしかなかったです。
その時、ヒョンジュンは産婦人科に行ってみようとしたが、A氏は産婦人科に
一人で行こうとし、産婦人科の診察の結果、'子袋が見える'は内容の
文字メッセージをヒョンジュンに送りました。

( * 周辺とぼかして、でも誰かが行動を促したというニュアンス
 をにじませて語っている点に注意)

後に2014年12月8日A氏がキム・ヒョンジュンの強要で産婦人科で妊娠中絶
手術をしたと主張したが、産婦人科の事実照会によれば、妊娠自体、
ありませんでした。 従って、妊娠中絶もなかったんです。しかし、
これを知らなかったヒョンジュンはA氏を続けて会ったし、その本当の子供を
持つようになったのです。A氏は2015年1月3日、ヒョンジュンにまた妊娠を
通告し、二日後に子供と買う住宅購入資金を要求しました

ヒョンジュンがまず実子かどうかを確認しようとするや2015年4月7日、
最近判決した16億ウォンの損害賠償請求訴訟を提起したんです。

Q  それなら6億ウォンを返してもらう計画ですか。

そうしたいです。ありもしないことでお金を受け取ったんですから。
そのお金をもらうのが目的というよりそれでこそ完全に名誉回復に
なりそうです。

Q 今回の判決でキムヒョンジュン氏も、もう自分の立場を十分に明らか
にすることができるように見えます。

私もそんな期待感はあるが、まだ控えます。 裁判がまだ残っ
ているからです。 子供(A氏が昨年9月、産んでキム・ヒョンジュンの実子
で確認)問題も解決しなければならないが、話をするのが怖いです。私たちは
一貫して法から、判決の私はとおりにやって責任を負うと言っても、芸能人
だ見ると話が広がって歪曲されるのがとても怖いです。 子供の家の
近所にも行けていません。

Q  子供に逢いたいですか

逢いたいです。ヒョンジュンにどれほど似ているかも知りたいです。
一度も見ていない。私たちが見と要求したらまたどんな問題が起こると
思ってです。家事訴訟を経て、面接権が持てれば、その時逢えます。

Q  現在、望むことは。。。

ヒョンジュンと関連した裁判が一日も早く終結されたらいいですね。
それで、全ての真実が究明されることを願います。ヒョンジュンを大事
にしてくださったファンの皆さんに心を表現する道はこれしかないですね

これでキム・ヒョンジュンとA氏に残った裁判は?

キム・ヒョンジュンは昨年7月A氏を相手に恐喝、訴訟詐欺、誣告、
出版物による名誉毀損など4つの罪状で刑事告訴した。しかし、検察
が共に不起訴処分にして罪の有無を争ってみる機会すらなく、
キム・ヒョンジュン側は控訴している。


法曹界では、今回の民事訴訟でA氏が主張した'妊娠中に暴行'や'流産
慫慂'などの争点が事実と見ること難しかったり、虚偽とわかっただけに、
今後、進行される事件もキム・ヒョンジュンに有利だろうと見込んでいる。


キム・ヒョンジュンの法律代理人である李在萬(イ・ジェマン)弁護士は"
A氏は2014年5月に妊娠もしなかったにもかかわらず、暴行を受けて
流産したと虚偽の主張を行っており、同年12月8日にも妊娠中絶を強要
されどころか、妊娠もしていないことが明らかになった。それでも
A氏側は判決が言い渡されるまで、引き続きキム・ヒョンジュンの名誉を
毀損した。そのためにキム・ヒョンジュンはもちろん、彼の家族らも正常
な生活が不可能なだけに、地獄のような時間を送っており、
キム・ヒョンジュンの中国ドラマ16部作出演契約がキャンセルされ、
韓流に打撃を与えるなど個人を越えて国家的に大きな損失を被った"、
"今回の判決ではキム・ヒョンジュンの慰謝料も裁判所が認定する
名誉毀損の最高賠償額の1億ウォンを策定したのはA氏の名誉毀損
行為が非常に罪質が悪いと判断したこと"と主張した。李弁護士はまた、
"検察の捜査を通じ、キム・ヒョンジュンさんの悔しさが全て明るみになって
名誉も回復すること"と話した。

一方、A氏の法定代理人であるソンジョンムン弁護士は"今回の民事
訴訟結果は満足できない"、"民事に対する控訴はもちろん、
キム・ヒョンジュン側の刑事抗告に対する対応に関しても(A氏と)
論議されたものがない"と明らかにした。 (* 控訴もソンジョンムン担当と
判明 )

          ::::::::::::

*  一応、てにおはの間違い、タイプミスなどを訂正いたしました。 

改めて事件経過を見ると、ヒョンジュン君のスケジュールを十分把握し、
反訴とか、弁護士にあって相談するとか、十分な時間をとれない時期
を選んで、2回とも爆弾を仕掛けている事が浮き彫りになっているように
思います。 勿論、ライブ公演予定ですから、公開されていて誰にでも
分かる日程です。 入隊が近いのも誰にでも分かる状況です。 二回目
の時には、ソウルの空港で Dispatch 記者が待機していた状態でしたね...

イジェマン弁護士さん、お父様、内容が重複する部分もありますが、
お父様はヒョンジュン君にかわって、ファンに対しても語りかけて
下さっているように感じました。 なかなか、感想は書けない内容ですね..


関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(4) | ▲ top
<<KHJ 側も民事訴訟控訴 | メイン | 「翻訳」 Queen : イジェマン弁護士インタビュー>>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/25 14:06  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: 呆れと怒り-
 N さん、こんばんわ!

 はい、全くおっしゃる通りです。行間を読めば、お父上の悔しさが
 晴れていない事がひしひしと伝わります。 とにかく悲劇を免れた
 のはイジェマン弁護士さんの危機管理能力のおかげですね。
 入隊前に、様々な過去の事例を話して元気ずけてあげたのも
 弁護士さん..

事件経過でいつが重要なポイントだったか? 
 ここまでイメージ破壊されずにすんだ対処はいつだったか?
 を振り返れば、ちょっと想像つかない言葉ですよね...
5月11日、妊娠さえしていなかったというイジェマン弁護士さんの
 重要な発言がかき消されたしまった日。 翌日もかき消したのが
 何だったか? きちんと全てに目を見開いてみなければ平行線
 ですね... お父様とヒョンジュン君の決意がどこまでなのか?
 期待したいのですが、あらゆる意味でパイオニアになって
 ほしいと思っています。 
2016/08/25 22:09  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

--
お父様の絞り出すようなお言葉が…どれほどの苦痛をもたらしているのか想像できます。長いです。どの国も裁判は長いですね…。長さゆえに
あきらめる方も多いと聞きます。お父様の精神的な強さがリダを
救っているのでしょうね。
ファンへ向けた言葉に思えます。直接言えないけれど信じてと
言っているように思えます。
リダが女性に暴力を振るうなどということを信じるファンはいません。 今までの日本ツアーで見せた自然な気遣い優しさ。あれが嘘なら私達の目は一体何を見ていたと…
顔やドラマじゃなくて一緒につくったライブの想い出があるから
信じられます。質素な装置のステージでリダとファンとで創り上げた時間は マスゴミの皆さんには解らないでしょうね。マスゴミです!

2016/08/26 17:31  | URL | pira #-[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 pira さん こんばんわ! 

 確かに、裁判に行くのを諦める理由は、時間の長さと経済的理由だと
 言います。 韓国では嘘による起訴、誣告罪に該当する告訴が
 多いのは、それを逆手にとって合意でお金を稼ぎたい輩がいるから。 
 本当に被害にあって悔しくても涙を呑んで訴訟を諦めている人は
 多いと思います。 

 おそらく、お父様は人のいいヒョンジュン君より、事件の本質が
 見えているから、真実をヒョンジュン君に知ってもらうためにも
 頑張っていると思います。 だから芸能人やめても人生取り戻そう
 という言葉になるのかな? 前の雑誌での言葉ですが..

今後の刑事訴訟への決意、そしてもしかしてもう一つ伝えたい
 内容があるとしたら... 記事に書きました、行間を読んで下されば
 幸いです。
2016/08/27 00:13  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |