News Town イジェマン弁護士インタビュー (訂正&追記)
- 2016/09/01(Thu) -
100727sj021.jpg

今日はイタキス初放送記念日♡ 韓国で2010年9月1日 MBC で初回放送
がありました。 予定していた韓国旅行、なんとこの日に帰国予定で初放送
を韓国で見る事ができなかったパボであります💦 ま、見ても眺めただけで
全く内容は分からなかったと思います。。。

前回と若干重なる箇所はありますが、イジェマン弁護士さんが、最近、韓国
芸能界が見舞われている美人局による芸能人スキャンダルについて
法律的見解を述べています。 もう、この道の第一人者になってしまいまし
たね、イジェマン弁護士さん....

credit:  Newstown

有名芸能人対象のお金巻き上げ'  美人局に関する'法律的分析
KBS1TV'愛と戦争'夫婦クリニック委員長李在萬(イ・ジェマン)弁護士

お金を巻き上げる目的で芸能人たちを相手に、性的暴行を受けたと主張す
る事件が相次いで(事実が)裏返りつつ、芸能界に警戒警報が発令された
かのような雰囲気だ。これは芸能人の場合、真実と嘘が明らかになる前に
性的暴行の場面という単語自体だけでも大きな傷を与える恐れがあるためだ。
既存の事件を見たら、芸能人の場合、世論裁判を憂慮し、いったんお金で
解決しようとする行動が見られる。有名芸能人たちの場合はさらにひどい。
別名、美人局のような女性たちに(世論の)判決としては芸能人としての生命まで
終わりかねないという懸念のために彼らに振り回されるしかない。

しかし、最近発生した数件の事件をみれば、弁護士の積極的な事実究明で、
告訴した女性らが逆に誣告および恐喝で処罰されている。世間の注目を受け
たタレントのキム・ヒョンジュン関連事件は裁判所が"A氏(ガールフレンド)の
主張でキム・ヒョンジュンの名誉が毀損された"、"A氏はキム・ヒョンジュンに1
億ウォン及びこれに対する遅延損害金を支払え"と判決した。

グループJYJメンバーであり俳優パク・ユチョンを性的暴行容疑で最初に
告訴した女性は誣告、及び恐喝未遂容疑で拘束起訴された。続いて映画俳優、
オム・テウンを告訴した元マッサージ店女性従業員の場合も性的暴行の主張
の信憑性に疑問が提起されている。

(* 注: ニュースを読むと、マッサージ店といっても、オープンな空間で
普通のマッサージを受けられる場所だったと記載されています。 一応
オムテオンさんの名誉のために) 

本誌は、法務法人'青坡'の李在萬(イ・ジェマン)代表弁護士とのQ&Aを通じて
この問題を深く探ってみようと思う。李弁護士はヒューマン リスクマネージメント
KBS'愛と戦争'の夫婦クリニック委員長を務め、国民に分かりやすく明確な法律上
の常識を伝授する事を率先した。特に名スター、チャン・ウンヨン、チョン・エリ、
ユン・ヘヨン、チュ・ビョンジン、ソン・イルグク、チュ・ジフン、オム・エンランなどは
もちろん、キム・ヒョンジュン事件に至るまでスターたちの訴訟にはいつも彼の
名前があがっていた。<編集者註>

Q.イジェマン弁護士さんはキム・ヒョンジュン事件弁護を引き受け、1審で裁判
部から過去8月10日"A氏(ガールフレンド)はキム・ヒョンジュンに1億ウォン及び
それに対する遅延損害金を支払え"という判決を引き出しました。この事件は、
現在どんな状態ですか? 

A.1審で敗訴したA氏(ガールフレンド)が1審の裁判部の原告敗訴の判決に
不服とし、昨年8月24日に控訴状を提出しました。これにキム・ヒョンジュン側も
25日に控訴状を提出しました。ソウル中央地裁民事合意25部は、先日10日
A氏(ガールフレンド)がキム・ヒョンジュンを相手に起こした損害賠償請求を
全部棄却しました。

昨年6月頃、2の産婦人科と2つの整形外科の事実照会回答により、暴行に
よる流産の主張や妊娠中絶強要が嘘だというのはすでに明らかになった部分
でした。このような核心的な事実は、控訴審の裁判でも変わらないものと見えます。

Q.グループJYJメンバーであり俳優パク・ユチョンを性的暴行容疑で最初に
告訴した女性は誣告、及び恐喝未遂容疑で拘束起訴されました、映画俳優、
オム・テウンを告訴した元マッサージ店女性従業員の場合も性的暴行の
主張の信憑性に疑問が提起されています。先に'誣告'について説明を
ちょっとお願いします。

A.'誣告罪'とは他人を刑事処分又は懲戒処分を受けるようにする目的で
公務、または役人に対して虚偽の事実を申告する罪です。これは、虚偽申告
を通じて被誣告者の法益を害することはもとより、国家の司法体系を篭絡して
適正な懲戒機能を害する重大な犯罪で、我が国の刑法は誣告罪について
10年以下の懲役または1,500万ウォン以下の罰金に処するようにしています。
誣告の疑いで有罪判決を受けた被告人の数は毎年1,100人水準で統計的に
およそ実刑25%、執行猶予40%、罰金刑35%水準で処罰されています。

(*つまり、嘘の刑事告訴をして、警察、検察に不要な業務負担、時間の
浪費をさせた事への罪という事です。韓国であまりに嘘による告訴が多い
ので、この誣告罪は重いようです) 

誣告罪においては、虚偽事実の申告方式は口頭に基ずつ書面に、関係が
ありません。 書面に基ずく場合でも名称を必ず控訴状としなければ
誣告罪が成立するという事ではなく、犯罪公正要件事実や、懲戒処分
要件事実を具体的に明示しなければならないという訳でもありません。

捜査官署または監督官署に捜査権または懲戒権の発動を求めるほど、
虚偽の事実を公表したとすれば、誣告罪は十分に成立します。もし、
申告事実の一部に虚偽の事実が含まれているとしても、その虚偽部分
が犯罪の構成に影響を及ぼす重要な部分がなくて、ただ、申告した
事実を誇張したことに過ぎなかった場合に
は誣告罪に該当しません。

(* 前回の刑事訴訟、無嫌疑はこういう判断を下したという事
ですね。 まさに蛮行 .. )

Q. イジンウク、オム・テウンに類似の事例で誣告罪で処罰された例
があります

2007年チュビョンジン氏を、強姦致傷で虚偽告訴した女性は誣告罪で
捜査を受けていたところ、海外に逃避して、現在、起訴中止の状態で、
公訴時効が中止されているために今でも帰国すれば空港で逮捕されます。
そして2009年のソン・イルグク氏が取材を要求する自分の顔を殴り、
全治6ヵ月の傷を負わせたと虚偽告訴したフリーランサーの女性記者は、
誣告罪で懲役8月の実刑が確定され刑務所で服役したことがあります。

Q.朴裕仟(バク・ユチョン)や性的暴行事件では'恐喝未遂'も適用にな
りました。'恐喝未遂'についても説明をちょっとお願いいたします。

A.、恐喝未遂を知るためには先に恐喝罪に対する説明が必要だと
思います。'恐喝罪'は人を恐喝して財物や財産上の利益を取得したり、
第3者によってこれを受けさせた場合に成立する罪です。簡単に
言って"今月末まで1億ウォンを入金させない場合
全部暴露してしまうよ"と述べたものです。この時、恐喝罪の手段に
なっている暴行、脅迫は上記の例示からも分かるように、相手の
意志・自由を制限するほど害悪を告知するものであれば十分で、
組織暴力団が"お金をくれないと面白くないと思って"と言った場合
のように行為者の職業、不良な性行、経歴などに期して要求に
応じない場合、不当な不利益がもたらす危険があり得るという
疑念をもたらすことにする場合にも恐喝罪が成立することができます。

恐喝罪は財産犯罪であるため、たとえ上記のような脅迫を受けたし
ても実際に財産上の損害が発生しなかったら、'未遂'にとどまること
になります。つまり脅迫して金を受け取っていれば、恐喝罪、脅迫は
言ったが、お金を受け取っていなかったら'恐喝未遂'で処罰されることです。


Q.パク・ユチョンや類似の事例で恐喝、恐喝未遂などで処罰された
例があります。

2010年イル氏について、虚偽の事実を明記し、名誉を毀損して、
テ・ジンア氏に脅迫メールを送って1億ウォンを要求した作詞家は
恐喝未遂などで、懲役2年が言い渡され、2015年、イビョンホン氏に
動画で脅したモデルのイ某容疑者は、恐喝未遂などで、懲役1年2月、
共犯のガールズグループのメンバーのキム氏は懲役1年が言い渡され
たことがあります。

Q.朴裕仟(バク・ユチョン)や事件の場合は性的暴行容疑で最初に
告訴した女性が無罪および恐喝未遂容疑で拘束起訴されたが、その
理由は何ですか。

A.この事件について、検察は調査の結果、朴裕仟(バク・ユチョン)や
パクユチョン氏に暴行を受けたという話を聞いた告訴人の彼氏が組織
暴力団出身のファン氏とともにパク・ユチョン氏のマネージャーに
数回会い、5億ウォンを要求したと明らかにした。ソウル中央地検女性
児童犯罪調査部は警察に虚偽告訴状を提出したと判断し、これを
通じて金品を恐喝しようとしていたため、告訴人を無罪および恐喝
未遂容疑で拘束起訴したものです。事実かどうかは裁判で明らか
になるはずです。

Q.、オム・テウン氏を告訴した元マッサージ店女性従業員が過去に
飲み屋の店主を相手に常習的に俗称'マイキン(前払い金)'詐欺を
行った事実明らかになり、性的暴行の主張の信憑性に疑問が
提起されています。この事件をどう思いますか。

A.、告訴人が詐欺犯として、下手に性的暴行の主張を嘘だと見るこ
とはできないのです。ただ、犯罪の前歴や手口、経済的な状況など
を考慮すると、誣告事件に飛び火する可能性も排除できないため
にこのような言葉が出るようです。警察の立場では、実体的真実
を確認するため、誣告である可能性も排除せず、多角的に捜査す
ることだけだと思われます。

現在まで明らかになった告訴人の犯罪の前歴、詐欺事件で法廷
拘束されてから3日ぶりにオム・テウン容疑者を性的暴行の容疑で
検察に告訴したもの、現在、告訴人に詐欺の被害者の事業主たち
に返済しなければならない金額にも相当な量の個人的な債務が
あるという点、告訴人が主張する暴行事件は6ヵ月前の仕事だと
いう点などからして、供述の信憑性に疑問があることはします。
検察の捜査結果を見守らなければならないです。

Q.現在歌手兼俳優朴裕仟(バク・ユチョン)や容疑者を性的暴行の
容疑で告訴した女性4人のうち2人が現在、誣告などの疑いで検察
に引き渡されており、女優の李ジンウク容疑者を性的暴行の容疑で
告訴した女性も誣告の疑いで捜査を受けるなど、有名芸能人を
相手に性的暴行主張をした一部の女性たちが誣告事件被疑者に
捜査受ける事例が相次いでいます。これまでは芸能人らの類似
事件を引き受け、無罪を多く引き出しましたが、注文したいことが
あるならば、お願い申し上げます。

A.有名人らの事件はほとんど隠したり、自ら解決しようとしてさら
に大きな問題を作るのが日常茶飯事です。既存の事件を見ると、
口止めのためにひとまず、一定額の金を与えたが再び巨額の
金を要求された時、これに真っ向から対応する過程で、マスコミ
に露出され、さらに大きなわざわいを招く場合があまたです。 

このような過程で大金が行き来しということを知っている犯罪者
たちはこれを利用して個人の利益を取ろうとするものであるだけ
に格別に気をつけなければならず、初期から法律専門家たちの
助力を受けて積極的に対応することが望ましいのです。何よりも
有名芸能人たちの人気を悪用し、相手を脅迫巨額をだまし取って、
偽りで他人の名誉を失墜させるものは、芸能人の生活を破壊す
るのはもちろん、犯罪者自身の生活まで破壊する重大な犯罪
行為であることを肝に銘じてほしいです。

[木曜ホットイシュー"李在萬(イ・ジェマン)の法律コック"]

        :::::::::::::::::::::::::::::

ずっと心に掛かっていた事を見つけました! 

チェ氏は、最初の告訴の段階で警察は証拠が不十分と言っていました。
つまり、暴行、常習的暴行は嘘に基ずく告訴であった訳ですから、
警察は、チェ氏を誣告罪であげるのが、普通の手続きであったはずだ
という事です。 警察からして、何らかの圧力があり、通常の捜査が
なされなかった可能性がありますね。 

ヒョンジュン君の場合、ここでしっかり弁護士がついていれば、他の
芸能人と同様の流れで、早期解決ができた、そこで恐喝されている
事実をも相談できる弁護士であれば、二回目も未然に防げたという
事です。 ヒョンジュン君の場合は、弁護士さんはかなり時間がかかって
和解専門を担当につけました。  やはり、常識的な判断、流れで
対応が行われたとは思えません。 さらに、 Dispatch から脅迫された
という事実は、ヒョンジュン君があくまで事務所から聞いた話でしたね。
でも、民事で証言しているので、それを証明するものがあるか否か
分かりませんが、宣誓して臨んでいる証言なので、そこは事実なの
でしょう。 

刑事では Dispatch も是非調べて、どんな風に脅迫したのか、事実
関係が明らかになってほしいです。 そこに大きな流れがあると
思われるので。 ここが、重要であり、周辺の壁から崩していけば、
カードを手にできるかも....既に電話照会などで情報を入手している
のかもしれないですが... 

弁護士は、たとえ依頼人であっても、何かは話していないのでは
ないか? 嘘の部分がないか、疑う事から始まるようです。 真実
と思われた事も、誰か一人からの話だったり、検証していく事で一つ
一つの意外な事実を掴んでいく、地味な調査を法廷の外ではして
いるようです。 ヒョンジュン君がチェ氏から脅迫された事実を証明
する別カードは民事では使わず、刑事訴訟に使うおつもりのようですし
法廷にさえ入れば、素晴らしいお力を発揮して下さると期待します。


* ちなみに、ソンイルググさんの事件は 2008年1月17日、
フリーランスの女性記者から、自宅入口でインタビューを拒否した
時、殴られて歯が折れたと、全治6か月、謝罪を要求されたのが
きっかけ。 1月27日に名誉棄損損害賠償訴訟、イジェマン弁護士さんを
刑事訴訟をおこします。 一審判決は同年j9月12日、既に3月
にイジェマン弁護士さんが、歯が折れたのは事件の前だったと
明らかにしていたので、当然の判決。 それでも女性が控訴したの
で刑事訴訟は二審まで行き、一年後の2009年8月19日、女性記者
は、実刑判決8っか月で、現場で拘束されました。 

一審は非常にスピーデイでしたが、二審までいったので、訴訟を
起こして一年7か月かかりました。 

それでも、刑事告訴して、10ヶ月もたって無嫌疑にしたヒョンジュン君の
ケースに比べたら、比較にならないほど速い解決です。 

つまり、ヒョンジュン君の場合、他の芸能人のもっと深刻な事件よりも
遙かに解決までの道のりが長くなっている、最初の警察での対応から
違っていた事が今にして分かります。 
一見、チェ氏のお金目当ての
要求が表だって目立ちましたが、 本当の狙いはやっぱり違うと
いう心証が深まります。 

関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(2) | ▲ top
<<Gallery :荒らし告発に関する意見聴取  | メイン | 9月の壁紙: スンジョの秋 ☆ >>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/03 22:02  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 S さん、こんばんわ! 

 Oさんも取り調べにいらした時に弁護士のアテンドがありませんでした。
 SP さんだけに写真を沢山みて思いました。 他の芸能人の方の場合
 必ずそこの弁護士ありなのですが、警察に弁護士が同行しないって
 おかしいです。又、事件が微妙な動きになっています。彼も守られるか
 どうか、見守らないとです。 

 もし、初期対応を間違えたという認識があれば、あとの対応はもっと
 誠実に対応していたのでは?とは考えられないでしょうか? 
 特に 2015年の5月11日の KBS への対応なしは、意図的であったと
 言われても仕方がない、ありえない対応です。 既に一般人の中では
 最近の有名人でもない方まで露出することに疑惑をもっている人が
 それなりにいます。 

 誓約ですか? そうした事実があればどこかで明らかになっていると
 思いますが、二番目の事件以降、色々チェーンメールで妄想記事が
 書かれましたので、そういう中にあったのかも💦 私は少なくとも
 知りません。 本当に、演技指導者として雇われたのか否か?
 事務所も否定していませんが、チェ氏が事実を言っているとも
 思えません。 

 民事で勝つための証拠と、事件の犯罪性を暴くための証拠とは別に
 あると思います。 あとは、どこまで明らかにするかは本人と
 ご両親の意向も組んでいるかもしれません。 もしパイオニアに
 なるなら、全てを明らかにしたほうが良いかもしれませんが...

ただ、他の所属芸能人さんたちは、今どのような心境なのか
 心穏やかではないと思います。 オムテオンさんも展開によっては
 何か理由があるかもしれませんね。 
 
 
2016/09/04 00:22  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |