イジエマン氏インスタ&TV Reportの反撃の背景
- 2016/09/26(Mon) -
真実は道を失わない


2016.08.10 사실과 진실 승소 2016.09.23 진심은 길을 잃지 않는다
#김현중#김현중명예회복#이재만변호사#법무법인#청파

今日はもう一つ、嬉しいインスタがあがっていましたね。 イジェマン弁護士の
揺るぎない信念と決意が私達に大きな力をくださいます。

< 事実と真実 勝訴 08.10 >
< 偽りのない心は道を失わない 09.23 > 


            ::::::::::::::::::::::

二日前のDispatch 家族メデイアの報道の意味について考えてみました。
ちょうど、韓国メデイアについて詳しく知るきっかけをくれた韓国の某ブロガー
さんも似たような考えで記事を書かれていましたので、そちらも引用させて
いただきながら (事前に許可を得ています)背景について書きます。 

まず、以前書いたように民事は利害、主張が食い違う両者の調停的意味合い
(金銭、権利などをめぐって)を持つので、裁判がカバーするのは、裁判を
提起した原告の主張する範囲に限定されます。 しかし、刑事訴訟は検事の
任意で捜査対象を拡大できるところが大いに違います
。 従って、今回
軍検察は、チェ氏の提訴したキムヒョンジュンの誣告、名誉棄損がチェ氏の
主張通りか否かだけではなく、チェ氏の主張を疑った時点で、事件の勃発
時点までさかのぼって、 Dispatch の部長まで調査対象になりました。
 
その結果、チェ氏の主張こそが誣告である(嘘に基ずく裁判の要求)と
判断したので、立件するどころかキムヒョンジュンは無嫌疑という判断を示し、
チェ氏の告訴は却下された訳です。  

ちなみ、軍検察は国防部に属し、普通の検察は法務部に所属します。
地裁、高等裁、最高裁まであるのは同じ。 ただし、パクソンジェ弁護士が
いうように、軍検察より司法制度の上で、普通の民事の裁判が上級なのか
否かは、Daum やNaver で調べただけでは分かりませんでした。 

個人的に、国家情報院につながる疑惑濃厚な Dispatch に調査が及んだ
事は驚きでした。 背後関係までは行けないだろうなと、あまりに存在が
大きく、Dispatch 関係以外の背後も難しいのではと思っていました。 
ところが、最も大きな権力をバックにしている Dispatch に調査が及んだ事は
恐らく、背後にいる関係者にとっても非常に驚くべき事だったのではないか? 
それが、あの家族メデイアの、判決内容を堂々否定し、棄却されたチェ氏の
主張を全面に打ち出して来る理由...  ではないか? と考えられます。 

 引用: 

< キムヒョンジュンは悔しい被害者だった> 2016.09.23 

軍検察の調査内容を詳しく報道した記事を見た ( NewsTown) 
知ってみると、恐ろしい事は、このような真実が完璧に埋められる処であった
という点だ。 チェ氏が強欲にも16億民事訴訟を提起したおかげで、民事
法廷で真実が現れ、チェ氏が Dispatch にメール全文を公開し、支援しよう
と精一杯気勢をあげたので、軍検察にキムヒョンジュンを誣告と名誉棄損で
告訴したおかげで、又別の真実があぶりだされた。 
キムヒョンジュンは
悔しい被害者だったという言葉が正しかったのである。 

詳しい内容が出ている記事は 一つだけ、 News 1 記事は要約した内容
を言及したが、それ以外の芸能記事は報道さえ、しないか、報道をしても
重要な内容は全て抜いて、薄めた内容を報道したので、相変わらず
不公正なメデイア報道の現況が続いている。 キムヒョンジュン事件は
メジャーな芸能誌が先頭だってチェ氏の行動を積極的に手助けし、
怪しい集団が出たインターネットで嘲弄を広め (イルベの事)、ネチズン
が魔女狩りを手伝ったために、結局34億に及ぶ巨額要求する処まで
なったのを忘れてはならない。 

ニュースタウンの記事から抜粋すると

キムヒョンジュンおよび Dispatch イム某部長の各 陳述によると
元カノ チェ氏がキムヒョンジュンを告訴する前に Dispatch 側に暴行、
流産と関連したメール内容、および診断書などを提供した事実が
明白に認められたにも拘わらず、チェ氏がこれを一切否定している点 

(*当時、KHJ は会社がDispatch から聞いた内容を話したのだと
思われます。 同じ内容を Dispatch が話したので、そこは両者一致。
チェ氏だけが、Dispatch に渡していないという陳述をしたという事。 
では、Dispatch がどうやって、メールを編集して記事にあげたり、
診断書写真を記事にあげられたか? って突っ込まれていると思います) 

イジェマン弁護士は ”8月の民事訴訟判決と、今回の軍検察の判断は当然
であると見る” とし、 ”特に今回の判決は有名人であるという事のために
魔女狩り的な被害を蒙り、我々の社会をゆがめた現象に大きな警鐘を鳴らす
機会になるだろう”と語った。 

追記: 9月24日、TV Report が刺激的記事を打ち出し、Naver メインに
あがり、国家情報院級のイルベのアルバ活動総動員の日が再現された。 
彼らは、Naver メインの記事に記事をあげ作戦を展開する時、パターンが
同じだ。 何故、又暴行事件を打ち出しながら、過激に魔女狩りをするのか
理由がうかがえる文だ。 

< Naver TV Report 記事にアルバ集団総動員した件 >

誰かが語ったように、合意する事が勝つ事だという論理のためだ。
特に、チェ氏が有罪となれば、 Dispatch を共犯関係として調査しない訳
にはいかないほど、 Dispatch が深く関与している。
 そして Dispatch 
最大の弱点は 2014年、罪のないキムヒョンジュンを無慈悲に女性を
殴った暴行犯に仕立て上げ (*全治6週間は重罪だと、罪状の内容まで
書いていましたよね?) 大々的なメデイアプレイを主導して社会的関心を
別の処に向けさせた。 しかし、そんな事実が露見すれば、大事になる。
従って、2014年の魔女狩りを再現しながら、メデイアプレイをしようと
しているのだ。 

キムヒョンジュンは芸能人であり、チェ氏は一般人である為に、魔女狩りに
長く苦しめば、キムヒョンジュンが不利になり、合意になるだろうと考えて
いるようだ。 しかし、長引けば長引くほど、Dispatch が蒙る打撃も
並大抵ではない。 Dispatch,  TV Report, カンギョンユン (SBS fun) 三人が
チェ氏と結託した蛮行をコメントで継続して (大衆に)知らしめれば、戦いが
長引くほど結局、ダビデとゴリテア * の闘いのように、 Dispatch が
受ける打撃が少なくない。 ナジヨン (Dispatch 記者) は脇役であり、
イ某部長が調査を受けた。 その次にどこまで調査が進行するか分からない。
従って、あがいているのであり、早く合意で終わらせようと望んでいるに
違いない。 

*ダビデとゴリテア 旧約聖書サムエル記からで、弱小な者が強大な
者を打ち負かすという事を意味するたとえ)


Dispatch 姉妹 TV Report , それとグルのカンギョンユン(SBS funE) が
援護射撃するので、今日のようなアルバ集団が総動員した記事に
チェ氏と結託したDispatch の蛮行を知らしめるコメントを付けるのが
いい。 2014年 Dispatch がどのように大韓民国の大衆を騙し、
国民的関心事から目をそらしたのか積極的に知らせる機会と見ればいい。 

引用終わり 

           :::::::::::::::::::::::::

又、長々になってしまいましたが、要は確信犯のメデイアグループは
切羽詰まっている、もっと攻撃的に出たとしてもそれは <あがき>で
あり、 その記事は、逆に一般人に故意的に誘導した報道だったと
知らせる絶好の機会だと思えばいいという事。 

何だか気が楽になりませんか? 

もう四の五の言っても、負けたのは単純に <証拠>が出せなかった
からですよね? 無い袖は振れない、ない証拠は捏造でもしなければ
出せない、だけど、文書偽造も重大、さあどうする?(爆) 合意だ、合意だ!
と鐘楼を鳴らしているだけと考えたら、とっても気分が楽になりました。

イジェマン弁護士さんがおっしゃるように、

< 偽りのない心は道を失わない 09.23 > 


関連記事
この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(0) | ▲ top
<<大学祭垂れ幕 その後... 最後まで誠実に対応 | メイン | たまには和んで☆>>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |