[単独]キム・ヒョンジュンvs前カノ 第二2ラウンド。来年1月11日の控訴審再開
- 2016/12/12(Mon) -
お知らせをいただき、いよいよ刑事訴訟が?と期待したら、残念、民事の
第二ラウンドでした。

credit: OSEN

OSEN =バクパンソク記者]妊娠の暴行と流産と関連して争いを繰り広げている
キム・ヒョンジュンと前カノAさんの損害賠償訴訟の最初の控訴審が2017年
1月11日に行われる。

12日法曹界によると、キム・ヒョンジュンとAさんの最初の控訴審期日が2017年
1月11日に決まっ
た。 キム・ヒョンジュンを相手に損害賠償請求訴訟を提起した
Aさんは、1審敗訴の判決を不服として、8月24日控訴状を提出した。 これ
キム・ヒョンジュン側も控訴状を提出している。

先にキム・ヒョンジュンは、公式報道資料を通じて、去る(抜けていますが
8月)10日チェ氏と民事訴訟の判決で勝訴した。 所属事務所によると、裁判所は、
16億ウォンを賠償してくれというAさんの主張をすべて棄却し、むしろキム・ヒョンジュン
さんにAさんが1億ウォンを支給するように判決を下した。

Aさんは、過去2014年キム・ヒョンジュンとの子供を妊娠したが、彼の暴力により
流産したと主張してキム・ヒョンジュンを訴えた。 以来、和解金を受けて刑事告訴
をキャンセルしましたが、以来、昨年4月に再びキム・ヒョンジュンを相手に
損害賠償請求訴訟を提起した。

* 久々寝た子を起こされたような記事ですが、全く酷い内容ですね。 和解金を
もらったのは 2014年9月で、その時は流産の話はなかったのでした。 あくまで
流産節を持ち出したのは、入隊日前日 5月11日でした。 反論がイジェマン弁護士
さんによって出されても、 ゴミのような過去テレビ出演の記事が放出され、その
貴重な反論が遠くに流されてしまったのを呆然として見ているしかできなかった事
忘れる事はできません。 

民事は進むのが早いですが、除隊前一か月に又この事件でクローズアップされる
と思うと、痛ましい気持ちになります。 

ただし、誣告罪でありながら (これは刑事訴訟の案件ですが) さらに裁判を
提起するとなると、それが退けられた場合はさらにチェ氏が蒙る賠償額金額が
あがるはずなので、そこに注目☆ 

相手側は弁護士交替していますね。もう🐖弁は出ないんですよね。。。

ヒョンジュン君が提起した刑事訴訟の抗告はいずこに ???  


関連記事
この記事のURL | 未分類 Not assorted | Comment(0) | ▲ top
<<お散歩にも慣れて | メイン | [限定] 確認の件延長 12月11日(日) 23時まで>>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |