控訴審から太平洋が弁護人
- 2017/01/11(Wed) -

 ついに、地上波 KBS で今日の控訴審が報道されたようですね。 K star が
KBS 報道を伝えています。 翻訳 こちら 
チェ氏の一方的暴露に加担して、でっちあげ報道が深刻だと裁判でみなされ
た KBS ですが、何もなかったように登場、でも地上波で今後刑事訴訟もとり
あげられる可能性ありますね。 今日は Dispatch も TV Report も登場せず。
SBS FunE は無難な内容...

 こちらは Biz Center 

キム・ヒョンジュンvs前のガールフレンド、16億の訴訟2R開始... 今日(11日)
の控訴審初公判

ム・ヒョンジュンと元ガールフレンドAさんの16億ウォン訴訟第2ラウンドが始まる。


11日午後2時、ソウル市瑞草区、ソウル中央地裁でAさんとキム・ヒョンジュン
の損害賠償請求訴訟が進行される。

原審では、Aさんの訴訟を棄却しキム・ヒョンジュンの反訴を受け入れ、Aさんが
キム・ヒョンジュンに1億ウォンを支給するように判決を下した。 Aさんは、原審
判決に不服してすぐに控訴し、キム・ヒョンジュン側も控訴状を提出した。

控訴を控えてAさんは、法律代理人を再整備した。 Aさんは、大手法律事務所で
ある法務法人世宗の手を握ってICT専門の弁護士を選任した。 Aさんは、
キム・ヒョンジュンと交わしたテキストメッセージ、通話内容などを根拠に
キム・ヒョンジュンに暴行を遭い、流産を勧めされたと主張してきたため、新しい
弁護士がどのような弁護を展開するか見守ることだ。 検事出身の弁護士も選任した。

キム・ヒョンジュンは、原審を担当していた法務法人太平洋と控訴審も任せた。
部長判事出身の弁護士を選任していたキム・ヒョンジュンが、控訴審でも勝訴でき
るか関心が集中されている。

一方、Aさんは、2015年4月7日キム・ヒョンジュンに妊娠と暴行、中絶勧め、そして
出産の16億ウォンの損害賠償請求訴訟を提起した。 しかし、原審でAさんの主張
の根拠が不足しているだけでなく、Aさんが放送とメディアのインタビューを進行し
ながら、むしろキム・ヒョンジュンの名誉が毀損されたので、損害賠償金1億ウォン
を支給するよう判決を下した。

          :::::::::::::::::::::::

この控訴審から、刑事訴訟を見据えて、太平洋一本で戦う事になります。 

刑事訴訟でチェ氏が起訴された事実はさっぱり広がりませんね。 まだどこかが
とめる攻防戦を水面下でしています。 

ではまた ☆

関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(0) | ▲ top
<<Gallery OKさん:不起訴処分の事件が逆転起訴の意味  | メイン | ついに、チェ氏起訴される!>>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |