キム・ヒョンジュンの元ガールフレンドの詐欺未遂で起訴...民事訴訟の中で、刑事訴訟の必要性
- 2017/01/18(Wed) -


友達から、法律専門家が見るヒョンジュン君の事件に関する記事を
お知らせいただきました。 実刑判決の可能性があると書いて
下さっているのが、嬉しいです。 

イユンフェ弁護士さんのブログです。 

[刑事専門弁護士]キム・ヒョンジュンの元ガールフレンドの詐欺未遂で起訴...
民事訴訟の中で、刑事訴訟の必要性


歌手キム・ヒョンジュン氏の元カノとの法廷攻防が再びホットイシューに
浮上しています。

キム・ヒョンジュンガールフレンド事件...民事訴訟の中で、刑事訴訟進行

キム・ヒョンジュン氏は、巨額の損害賠償訴訟を進行していますが、民事訴訟と
は別に元ガールフレンドが名誉毀損と詐欺罪で公訴提起された事実が明らか
になり、話題になっています。

ソウル高裁は「刑事訴訟の結果を見守る」と明らかにしたんです、なぜ民事
裁判所が刑事判決の推移を見守ってみるとするか疑問が生じることがあります。
民事事件と刑事事件は厳然と手順が異なる別個の裁判です。

今日はキム・ヒョンジュン事件を通して民事訴訟進行中の刑事訴訟を並行
する必要性について話してみましょう。


民事訴訟が明確な証拠の欠如に長期化した場合、刑事訴訟を並行して
心理的圧迫を加える手段として活用することができます。 刑事判決は、
誰にでも相当な心理的負担になるからです。

また、刑事判決は民事裁判所の立場から「有力な証拠」になります
民事裁判所は、刑事裁判所の判断に拘束されないが、刑事判決文の内容が
民事裁判所の判断の有力な基礎になることができるのです。 事実上
「証拠の確保」の観点から刑事訴訟を活用することもできます。


キム・ヒョンジュン側が元ガールフレンドを名誉毀損罪と詐欺未遂で告訴は、
元ガールフレンドを実際に処罰しようとする意図であることもあり民事訴訟を
早期に確定する布石と解釈することもできます。
現在民事訴訟が
キム・ヒョンジュン側に有利に流れてはいるが、訴訟が長期化する兆しがあり、
2審はキム・ヒョンジュン側に有利に終わっても上告審まで続く場合、訴訟期間
はもっと長くなります。上告審で訴訟の結論が覆される可能性も排除することが
できません。そして訴訟とは、その結論の有利・不利も問題だが、訴訟が長引く
ことそのものが苦しいことです。 
このような状況で、形事訴訟の有罪判決を受けて民事訴訟を早期に確定し、
芸能人として失墜されたイメージを回復して芸能界に復帰しようとする意図が
あり得ます。


(現在まで報道された事実関係だけ見れば、キムヒョンジュンの元恋人は
民事賠償責任のほかにも実刑を言い渡される可能性もありそうですね。
ただし事実関係が引き続き新たに明らかになっているために訴訟経過を
見なければなりません。)

           :::::::::::::::

新しい事実が出ている..........  期待したいです。 可能なら周辺まで捜査を
広げてほしいです。 軍検察は Dispatch の編集長を捜査に召喚して
いましたね。 何故、偽診断書で最初の報道から 6週間は、原告が訴訟を
取り下げても、検察が罪を訴求できる罪状に相当する、さらに罰金刑の
金額まで具体的に書いた意図は何だったか? 基本的にチェ氏が嘘をつい
たとしてもメデイアはそれを確認しないであげたら、名誉棄損ですよね?
本当は名誉棄損では済まない悪質な意図があったのでは?ですが....

一番知りたい事の一つは、チェジュドの居所を教えた人は誰? 
チェジュドに一人でチェ氏は訪ねていったのですが、逢って慰めてやれと
悪魔のささやきをした 弁護士? 芸能関係者(お父様の発言が最後の
インタビューで 芸能関係者に変っています) は 誰だったのか? 
誰の指示でそんな事をささやいたのか? です。


子供の件は、刑事訴訟で勝てば親権が得られるので、 DNA 検査できます
よね? もし、そこでさらなる偽りが分かれば、追記起訴ができます。 
その場合、 是非! 🐖弁護士も起訴してほしい、こうした事件が根絶
されるように頑張ってほしいです。 

関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(6) | ▲ top
<<[単独]キム・ヒョンジュン前カノA、検察に証拠操作首根っこ捕まえれる | メイン | 風の子 ヨンシム ☆彡>>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/18 14:32  | | #[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/18 17:01  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: 実刑を望む・・・-
GO さん 

 新年おめでとうございます☆ 

 2017年 一気に明るいニュースに溢れていますね。 
 今日、訴状の内容が出ましたが、それは検察の取り調べ結果..
事件の発端まで食い込めるか否かは、太平洋にかかっていますよね。 
 必ずしも検事の意のままに進むのではないので、太平洋に粘り
 強く、最初の事件から名誉回復を頑張ってもらいです。 
 
 そうなんです。お父様も慎重ですが、全てが明らかになる事を
 願っています。
2017/01/19 00:07  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 ま40 さん、こんばんわ!

 訴状の内容が明らかになったばかりですが
 やっと光を見た想いがします。  
 太平洋の弁護士さんには、検察の見解だけでなく 
 もっと踏み込んで、最初の事件から全てが
 嘘だった事を証明して、全てにおいて潔白で
 あるという事を立証して、名誉回復を勝ち取って
 ほしいです。

 願わくば、全貌が明らかになりますように☆彡
2017/01/19 00:24  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-再鑑定まで!-
lafoneさん、こんばんは!
待ち望んできたニュース(T_T)
今回も記事だけではなく、分析や解説、思いも載せてくださり、ありがたく読ませていただいています。
圧力をかけてきた者たちが手を引いた結果の逆転起訴と想像される反面、
「この起訴内容では重刑は望めず、執行猶予が付く可能性もある」という(リダペンではない方の)コメントを目にし、チェが有罪になったとしても逮捕はないところで手打ちになる筋書きなのではと、つい疑ってしまったり…未だに顔も氏名も報道されずですし。

リダ側の願いであった名誉の回復という点では本当に大きな前進ですが、彼女に罪の重さを思い知らせるだけの重刑が課せられ、再鑑定が実施されてこそ、また心から笑い合い、ときめき合うスタージが迎えられると思っています。
あまりにも傷つきましたから、リダのプライベートとはいえ「再鑑定まで!」の思いは消せません。欲張りでしょうか^^;
2017/01/20 00:01  | URL | H❤︎JUNKO #J7S1TTU6[ Edit] |  ▲ top

-Re: 再鑑定まで!-
 H❤︎JUNKO さん こんばんわ!

 良いニュースがおもいがけず飛び込んできて、幸先よしって
 思います。 ア..○○劇場さんの事ですよね? あちらは
 自称するほど、韓国事情に詳しいとも思えず、去年は合意
 すべしなんて書いてましたね。

 ドラマでは、(ある意味日本も同じですが)検事と弁護士が
 駆け引き、取引きする事はあります。一番望むものが得られて
 ウインウインになれるなら。 今回はヒョンジュン君が
 チェ氏を訴えて、その訴えが受理されたという事なので
 検事は、ヒョンジュン側に立って、チェ氏の犯罪を証明して
 いく立場です。 でも太平洋の弁護士さんと全く同じ意見と
 いう訳ではないかもしれません。 ヒョンジュン君側の意志が
 恐喝、誣告をどうしても勝ち取りたいというものであるなら
 その意志に沿って、それを立証すべく弁論していくと思います。 

 しかしながら、恐喝の部分が民事でも認められなかったのは
 何故か? カカオだけで立証が難しいのかもしれません。 
 ヒョンジュン君側が、それよりも最初の6週間で罰金刑を
 受けた件を、暴力はなかった、故に無罪と完全に覆して
 <完全な潔白> を最も勝ち取りたいのであれば、それを
 優先する事もあり得ると思います。 

 100%嘘で相手を訴え、かつ損害賠償請求した場合 
 しかも こんな巨額請求訴訟をおこして執行猶予付きに
 なった事例が韓国にあるか否か?ですが...恐らくないのでは
 ないでしょうか? 

 ちなみに、恐喝、誣告 ともに最高10年ですが
 実際の適用は2年とか、それ以下です。

 ソンイルググさんの場合、実刑判決8っか月、現場で
 拘束、執行猶予なしです。 

 最近のパクユチョンさんの事例でも求刑は2年。 
 
 初犯であるにしても、巨額な詐欺ですので、韓国なら
 どうでしょう? 太平洋の弁護士さんは、部長検事出身
 ですので、もし 検察でそういう手うち的な、落ちどころが
 あったら、情報は得られると思いますが.. 難しい事件
 なので 学閥、検察出身のネットワークが強い弁護士さんに
 イジェマン弁護士さんも託していますので、信頼して
 まずは見守りたいと思います。 

2017/01/20 23:27  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |