イジェマン弁護士インタビュー
- 2017/04/19(Wed) -
20170419105522.jpg
credit :  asia news

久々 イジェマン弁護士さんのインタビューがあがっています。
二審から引き受けて勝訴したチュビョンジンさんの事件が司法修学院の
試験に出たそうです。 そして今年の法曹人に選ばれるという名誉まで
喜ばしいです。 

今年の法曹人に選定された李在萬(イ・ジェマン)代表弁護士に道を聞く
キムテヨン記者が会った人-法務法人青坡李在萬(イ・ジェマン)代表弁護士

法務法人青坡の李在萬(イ・ジェマン)弁護士は、世間の視線が集中された
東亜(トンア)グループ、双龍(サンヨン)グループ、三星(サムスン)グループ
など企業人だけでなく、多くの芸能人の事件を勝訴に導いて記者たちから
'無罪製造機'、'法廷の勝負師'。'芸能人の守護天使'という別称を得た有名な
スター弁護士である。法の日を迎えて真実の側に立って正義を具現する'今年
の法曹'李在萬(イ・ジェマン)弁護士に会って国民の順法精神の涵養と法の
尊厳性、そして勝訴弁論ノウハウについて尋ねた。

(中略...  ヒョンジュン君の事件、芸能人の巻き込まれた事件について
語っている処だけにしました) 

Q6.リスクマネジメントの代表的な成功事例事件は?

キムヒョンジュンが元ガールフレンドから傷害罪で告訴された時も、これに
対するマスコミ対応をしなくてわずか十日で実に 一万件を超える一方的
な報道でイメージに致命的な損傷を受け、瞬時に再起不能の状態に陥りました

この翌年、その彼女が再びキムヒョンジュンから暴行されて流産したなどの
理由で、キムヒョンジュンを相手に16億ウォンの損害賠償請求をすると、
キムヒョンジュンは、弁論とリスクマネジメントを私に委任しました。
その時、キム・ヒョンジュンの前の彼女に対する一方的な暴行で流産したと
いう荒唐無稽な主張まで報道されると、報道当日相手のマスコミ操作に対応して
証拠を提示し、キム・ヒョンジュンのイメージの損傷を最小限に防ぐことが
できました。その後に暴行流産が事実でないことが明らかになり、前の彼女の
16億請求は全て却下されて、むしろ暴行、流産の報道で金ヒョンジュンの名誉
を毀損した不法行為が認められての金ヒョンジュンに1億ウォンを賠償する
判決を言い渡された事件がリスクマネジメントの代表的な成功事例の一つです。

Q7.法廷攻防で最も熾烈な事件は何か?

法廷は一寸の譲歩もなく熾烈に争点を争う戦場です。1年に百万件以上の
訴訟で、両当事者の一人は必ず虚偽の主張をします。しかも、誣告、偽証は
裁判部の判断を紛らすため、司法正義具現に大きな障害物になります。誣告や
偽証など犯罪の手口は日増しに精巧で知能的かつ大胆になります。ソン・イルグク氏は、
最高の韓流スターとしてイランで、朱蒙が放映されていた時は視聴率が80%を
超える程度だったが、フリーランサーの女性記者を暴行し、全治6ヵ月の重傷を
負わせたと告訴されて国民俳優として道徳的な神社イメージが奈落の底に落ち、
1日朝に女性記者を暴行した犯罪者と報道されました。事件現場にはソン・イルグク氏や、
相手側の目撃者2人があったが、相手側の目撃者の不利な偽証のために熾烈な法廷
攻防を繰り広げました。事件の実体的真実はCCTV動画に隠れているのでCCTV
分析を行うため、放送局装備の支援を受けており、被害者の主張の虚構を証明す
るために身を切る寒い冬の夜、ジミー・家を動員して現場の再現、動画を撮影する
とき、ソン・イルグク氏が俳優生命をかけて、真実を明らかにしたいと
代役もなく数十回を走りながら、現場の再現をした記憶がします。

ソン・イルグク氏は1審で名誉毀損に対する1億ウォンの損害賠償訴訟でも勝訴
して名誉を回復しました。2年余りの法廷攻防と捜査を通じて相手側の無罪、
偽証を明らかにしてソン・イルグク氏の傷害など無嫌疑の確定を受けて勝訴
した事例が最も激しかった事件で記憶されます。

李在萬(イ・ジェマン)弁護士は"法治国家で、法は人間に傘のような存在だ。
法を分からなければただの雨を迎えることになる。知っている法が力になる
世の中だ"と力説する。国民の統合と社会的合意の中で、国家は成長するこ
とができる。
韓国も同じだ。法務法人青坡李在萬(イ・ジェマン)代表弁護士は、真実の
側に立って国民が念願する正義を具現しては、法治主義に立っている大韓
民国の建設の主役にその役割を全うして多くの国民が注目している.

真心は道を失わない'は座右の銘を持って法曹人の召命に従うイ・ジェマン
代表弁護士の目が'自由、平等、正義'に輝いた。

20170419104422.jpg 

 過去になったことに ~したら、~していれば はありませんが、それでも
イジェマン弁護士がおっしゃっりたい事伝わります。 初期対応で弁護士に
対応させていれば、メデイアの書きたい放題でイメージを失墜しなかった事、

 そして第二の事件も、KBS が放送前に事務所に電話、メールで一週間も
かけて事実確認の打診があったのに、対応がなかったために放送され、入隊
前日にして天下の悪者にされてしまった事。 既にイジェマン弁護士が
いらしたのに、打診はなかったのでしょうか? イジェマン弁護士さんは
KBS 報道に即、否定する記事を出しましたが、事務所対応がなかった為に
打ち消されてしまいました。 本当に守るという事はメデイアに対峙する事
であり、物理的に守る事とは異なったはず...  

   何度も書いていますが、イジェマン弁護士がハッキリ言ってくれている
ようで、何が本来の対応であり、何が足りなかったが故にこうなったのか
明らかにしてくれたように思います。 


関連記事
この記事のURL | KHJ 事件&裁判の経過 | Comment(3) | ▲ top
<<今日のヨンシム  | メイン | 最近..>>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/21 20:09  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: 崔氏-
 鍵コメUさん 初めまして!

 守るという意味の解釈もファンによってかなり違うようですね..
確かに 事件のうわっつらだけ見れば解雇されても仕方ないはずという
 考えもありですが.. 事務所はDispatch から暴露報道前に内容について
 打診を受けている訳ですから、Dispatch 報道も、KBS 報道も何故
 防げなかったのか?私は疑問です。 力はある事務所なので..

DSP 出た理由は韓国ペンはほぼ知っていますが、公には言ってないので
 本人が言わない事はファンも語れないので.. ぼんやりと言えば
 本人の意志ではなく、そうならざるるを得ない状況が発生したという
 言い方に留めますね。 

 チェ氏にはバックいますよね~ 一般人で有名でもないモデルさんが
 こんなに裁判で複数トップクラスの弁護士は雇えません。 本人の
 目的以外にも、ミッションありますよね。 

 さらにびっくりは🐖弁護士が整形して、ビジュアル変えています。
 弁護士でありながら、証拠もないチェ氏を弁護した🐖弁こそ
 訴えてほしいと思っているのですが..

子供いたら、どこかで見せびらかすと思うのですが、何故か
 ひっそり... ファン全員が再鑑定望んでいると思います。
 ご家族も望んでいるのではと思うのですが...  

 
2017/04/21 23:45  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/22 06:03  | | #[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |