韓国の歴史を知る旅 (追記しました)
- 2018/02/05(Mon) -
 韓国を初めて訪れた2005年から、いつかはきちんと歴史に向かい合わねばという
想いが意識の底に沈んでいました。それまでの知識は近代史に関する限り、高校
で学んだ日本史でちょこっと触れられた知識にとどまっているだけであり、
何となく戦争で日本が被害をもたらした国に行くのは憚られると避けて来た
だけでした。

  でも、ここ数年間、特にエスカレートしてきた韓国側の報道を読むにつけ、
異常さを感じるようになり、戦後70年後を生きている自分たちが何故こんなに
もどかしさ、苦しみを感じなければいけないのか、ネットにあがった関連記事
を何年間も拾い読みしてきました。そうする中で何故、明らかに事実ではない
事を国民、あるいは世界に向けて発し続けるのか、その精神構造を知りたいと
考えるようになりました。 勿論、そんなややこしい事に煩わされず、Kpop 
を楽しみたいという想いはありましたが、不快指数が限界まで高くなった今、
心を解き放つうえでも、正面から向いあう必要性を感じるようになったのです。 
 
 ハングルの勉強がある程度区切りがついたので、冬から読み始めました。
最初は<帝国の慰安婦>から読み始めましたが、途中でそもそも日帝時代
やら、その前の李氏朝鮮時代やら、抜け落ちていた両国の近代史を埋めた
いという想いが強くなり、下記の本に出会いました。 読みたかったのは
日帝時代を生きた朝鮮半島出身の方が記憶する時代、生まれる直前の王朝
時代をどう見るか、研究者として史実に基ずいて書いているものでしたが、
まさにこの本は、その欲求を満たすものでした。この本は日本、韓国で
発売されていますが、韓国では読まれていないのではと思います。

nikkan_heigoの真実
韓国がタブーにする日韓併合の真実 単行本 2013/12/21
崔基鎬 アマゾンリンク <- ここをクリックすると多数の読者コメント
を読む事ができると思います。 

ドラマでも描かれている李氏朝鮮500年がどんな時代だったか、
両班という特権階級がむしばんで国の形がなかった末期 
国庫は枯渇し、官職を高いお金で売って賄っていた時代
官職を買って役職に就いた者は<賤民>という庶民からむしりたい
放題だった時代、その中で浪費を続けた最後の王様の両親の時代に、
様々な思惑から鎖国政策を解いて、初めての外国、日本と結んだ
日韓修好条約(明治初期)。しかし、日本とそうした条約を結んだ以降
に王様・妃がばらばらに自分の権利を守ろうと中国(清)やロシア
に何度も寝返ったり、密通したり...現代に似ていると 笑ってしまいました。

忘れてましたが、日本が清国との戦争に勝利した後に結ばれた
日清条約で、初めて朝鮮半島は中国からの<独立>を果たせたとあります。
日韓修好条約で沢山の若者が日本に来て、明治時代の日本を見て
半島の近代化を図りたいという願望を抱くも、身分制度を維持したい
両班、王族によって全員が命を落としています。 この著者は、李氏
王朝では自ら近代化を図る事はできなかったと結論ずけています。 
<帝国の慰安婦>のようにこういう書き方をすると、発禁になって
たのではと思います。少なくとも韓国では無視されている主張です。
だから<韓国人がタブーにする>というサブタイトルがついている訳です。  

又、<朱子学> と呼ばれる儒教原理主義のような思想が、500年の
間 李氏朝鮮王朝時代に深く社会に浸透してきた事、それが近代化を
妨げた事についても詳しく書かれています。 率直に言って、私達が
感じる 政治家や韓国メデイアのおかしな理屈が これに由来するもの
ではないかと個人的に思いました。 それと、絶えない勢力争い、朝鮮では
儒教の徳の中で < 孝 >を最も価値観高く見たのに対し、日本は
<忠> を重んじた。 <孝>は祖先を大事にする -> 一門の
守り、一門の繁栄を図るという内に向かったのに対し、日本の <忠>
では、個人や一門ではなく <公益>、公に向かっていった事、つまり
徳川時代350年と 李氏朝鮮 500年の歴史が、両国民の精神構造
に大きな影響を与えたという分析をしており、大いに納得できる点で
した。 現在の韓国の政党同士のつぶし合いの歴史には異常を感じる
ばかりでしたが、<孝>転じて、抗争がずっと繰り返されてきた
朝鮮時代と繋がっている印象です。

追記:
さらに朱子学という名の儒教の悪影響として、中国の体制をそっくり
真似た李氏王朝では、<武>より<文>が上、儒教を治めた人が
一番の権力者階級に納まり、<武>を始め、額に汗する仕事、例えば
<医術><技術>などは、両班の下のクラス、<中人>と呼ばれる
階級に据え置かれました。世界のどこの国にも<武>より弁が立つ
<文>で優れたものが上に立った歴史はありません。日本も<武>
サムライ社会です。 私達が詭弁と感じる、ロジックがないとしか
言えない屁理屈を述べ立てる政治家たちは、既に存在しない両班
の末裔のように感じます。 <履行しない>という事は<守らない>
という宣言ですが、それでも <破棄>ではないという論理、どこで
通用するのでしょうか? 中味をなくして、でも言葉尻で中味が
既になくなった合意を破棄はしていないと言い通す事が平気で
できて、それが不思議に思われない国は世界でもごく僅かだと
思います。

最近フランスのマクロン大統領がかつての植民地を訪れてスピーチ
した際、女子大生から<我が国は電力不足のために、夜勉強できない
のですが、どうしたらいいでしょうか?>と質問を受けて
<私はフランスの大統領です。あなたの国はもう植民地ではなく
独立国家です。あなたの質問は、あなたの政府に問いかけるべきもの
です>と答えたそうです。とてもフランス人らしい明快なロジックです。
 
かの国の大統領にも、<国民が納得しない>という理由をあげた時、
<もう貴国は独立国です。自国の問題はトップであるあなたが
対応すべき問題です。> と言ってほしかったなぁと思います。
日本語の不便な処は、こういう当然の論理を口にしにくいという事
ですね。 大人げないという印象をもたれがちです。でもマクロン
大統領の言葉はすごくフランス語らしい、日常的に行きかう表現です。

帝国の慰安婦
帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い 単行本 – 2014/11/7
朴 裕河  Amazon link 

こちららはご存じのように大学教授が書いた研究書です。韓国語、日本語
ともにパク教授自身が書いたもので、日本語版は翻訳本ではありません。
慶応大学に留学して日本にも長く滞在していたので、日本語に全く問題ありません。

可能な限り沢山の資料文献、写真、実際に慰安婦だった方々にも直接インタビュー
して書かれたまっとうな研究書ですが、パクウネ政権時代に、韓国挺身隊問題
対策協議会 (*慰安婦支援団体と言いつつ、ずっとアジア女性基金、今回の
合意に反対し続けている市民団体)に支援を受けている慰安婦達が名誉棄損で
告訴。 一審では無罪になったのに、ムンジェムン政権下では 二審で有罪
最高裁で争う事になっています。  

恐らく、発禁になっている理由は <強制連行はなかった>と主張して
いる事が、政治的に非常に不都合である事、日本に一方的に責任を求める
事はできない、何故なら ほとんどの場合が自国民である朝鮮人の女衒が
貧しい農村の女性達、あるいはその親をだまして連れていったケースで
ある為、もし法的責任を問うなら、直接かかわった自国の民間人にまず
問うべきである..... などなど 政府に非常に不利益な内容を書いているから
だというのは明白です。 

慰安婦だった方々を侮辱しているとか名誉棄損と非難されていますが
沢山の事例にあたり、そうした不遇な境遇から国を離れてアジア各国の
戦地に散った女性達に同性としての痛みをもって書かれた著書である
事は確かです。タイトルは固いですが、読み始めるとすっと心に入って
来る素直な視線と文章でした。

又、何故20万人という数字が生まれ、一人歩きするようになったかも
記載しています。 日本でも戦争時代あった、女学校の生徒が人員が不足して
いる工場などに駆り出された時、彼女たちを <挺身隊>と呼んでいました。
併合により、準国民だった朝鮮半島の女性達も (女学生)同じく
学校で<挺身隊>に入る手続きをしています。 挺身隊=〇〇婦とある時点
で間違った <韓国挺身隊問題対策協議会>という団体が、その間違いを
正さず拡散して来た事が背景にあるそうです。 

驚くべき事に、韓国でこの問題に関する情報はこの団体のHPから発信される
情報が全てといっていい位の基本データであり、そこでは1965年に結ばれた
あらゆる戦後処理、補償問題を解決した 日韓基本条約のことも、その後に
作られた 女性のためのアジア平和国民基金についても、事実は一切伝えて
いないそうです。 そうした事実を指摘している事も、政治的には不利と
いう事なんでしょう。 日帝時代に女学生だった韓国人女性で、アメリカ
在住の方も、朝鮮半島での挺身隊と日本国内での挺身隊と同じ扱いだったと
先日 Yahooの記事で語っていました。 

私が<帝国の慰安婦>を読みたかったのは、現在あまりに両極端な二つの
声しか聞こえて来なくなった状況で、偏った一方の主張に基ずいたもの
ではなく、可能な限りきちんと資料にあたった著書はないかと思っていた
からです。 以前は、韓国人自身も <もう、世界に嘘をつくのはやめよう>
という声を発していましたが、今はそうした声は全く聞こえてきません。 
韓国のメデイアを読むと、日本が過去一度も、何もして来なかったかの
ように書いている処ばかりです。 

何故、そうした声は消されていったのか? 

それについて答えてくれたのが、この著書、日本に留学後、帰化した
呉 義花さんの書かれた本です。 

韓国併合への道

アマゾンリンク  こちら 

やはり、李氏朝鮮末期の朝鮮半島の政治、半島情勢について、および併合
の背景についても書かれていますが、最初の著書になかった部分、1980
年代以降、2000年代に行われた韓国での大きな言論弾圧について扱って
います。 

現在 <帝国の慰安婦>の著者、パク教授が遭遇しているような言論弾圧
があったという事、韓国人自身が 韓国の過去史を真っ直ぐに見つめ、
韓国人自身が反省すべき事実があるという事について発言した大学教授の
方々が、操作された世論によって教壇からも、仕事も奪われていった事件
が多々あったために、口を閉ざさざえるを得なかったという現実がある
からだと..  少しでも体制に不利な発言をした人達は、社会的に抹殺
されたという事です。 
何故 世論が正論に沸騰、反発するかというと、
1965年に結ばれた 日韓経済協力協定に基ずいて行われてきた日本による 
経済援助などについて、国民は一切知らされていないという現実があるから
です。いつか日本の首相の Facebook でもこの問題で炎上した事
があったのですが、韓国人にたいして 日本をよく知るフランス人があらわれて
日本の経済協力について何も国民に知らせなかった国の政府に問題があると
指摘していました。  

故に、<漢江の奇跡>はこの経済協力なくしてあり得なかった....なんて
発言した人は、当然のように大バッシングで社会的に抹殺されていたいた
はずです。

韓国人は何故 自国の歴史をそのままに見つめられないのか? 
近代史の中にも沢山の語られないタブーがあります。 
それが何故なのか? は まだ理解できていません。 

一つ言える事は、私達が沢山目にするおかしな政治家の発言、メデイアの
報道が全てではないという事。 本当は沢山の意見、声があるけれど 
うかつに発言すると <親日>というレッテルを貼られるので、口を閉ざして
いるのが真実であるようです。今は声高に叫んだもの勝ちな世界.. 故にうんざり
するのですが...

正直、このような事をここに書いていいのか、分かりませんでしたが、私自身も
書く事で、これらの問題のストレスから解放されたいという事、 もし私と
同じように理解しがたい隣国について悩んでいる方がいらしたら、お役にたつの
ではと <入門書>としてご紹介した次第です。

極論だけが叫ばれて、真実が見えにくくなっている今だからこそ、研究書という
丹念に史実、資料を読み込んで書かれた著作を読む事は、道しるべになると
思います。 

そして、目にしているもの、耳に聞こえて来る事の中に、あまり真実の声はない
かもしれないという事を心に留めておくだけでも、隣国に対する感情が違って
来ると思います。
 
関連記事
この記事のURL | 韓国の旅 & 韓国ドラマ | Comment(4) | ▲ top
<<CNBLUE ジョン・ヨンファさんの事務所がファンに謝罪 | メイン | もうすぐ一年.... (追記) >>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/05 11:20  | | #[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/05 17:01  | | #[ Edit] |  ▲ top

-Re: 有難うございます-
鍵コメさん こんばんわ!

 ? 特徴あるHN 記憶をかすめました。
 なんと、除隊の花輪にご参加くださっているではありませんか^^ 
 その節は有難うございました。 で、その後が大変でしたね。
 何名かの方が同じ病を患っていらっしゃるようです。順調に
 回復して、今回ライブに参加できるまでになり、本当に良かった
 です。これからはチーズや乳製品控えめに、そして軽い運動を
 心がけてくださいね。 ライブに行けば有酸素運動になるかも^^

 日本という地理的不幸のせいか、日本ではどこを見ても、その
 国々のニュースが多いですね、いささかウンザリです。海外の
 ニュースサイトでは韓国は特にほとんど取り上げられません。
 もう日本もかの国のメデイアにいちいち気にかける事はやめて
 外交、そして国際舞台できちんと正確な情報を伝える努力に
 傾注してもらいたいですね。 

 さすがに強制的にまではされてないので、作品を選ぶ自由は
 俳優さんにはあると思うので、国から受けた教育に何も疑問
 を持たずに来たという事でしょうね。 でもその国を訪れたら
 違うのでは?という疑問位もってしかるべきだと思いますが..

私は明らかに日帝国時代に思春期を迎えていただろうおばあさん
 にチェジュや釜山で声をかけられましたが、日本から来たと
 言っても、ニコニコ顔をしてくれたので、ああ この国を訪れて
 もいいんだなって最初に思いました。 その後、50~60代の
 男性のタクシー運転手にソウルで反日的な話しをされた事が
 一度だけあります。 怖いので無視しましたけど...

ヒョンジュン君を通じて知り合った韓国のぺんさんたちとは
 この問題は一切触れた事がありません。ファンとしてのお付き合い
 に政治を絡ませる無粋な人がいなくて幸いです。 ただ、
 ヒョンジュン君の事件を通して事務所への不信が、Universal
レコードにまで及ぶと、さすがに <恨>って怖いなって
 思いました。 ベストアルバムの時ですが...

 元気でライブに参加できますように! 
2018/02/05 22:22  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 鍵コメH さん こんばんわ! 


 有難うございます! 帝国の...は若干分厚いですが
 他はそんなに分量が多くはないので、読むのにそんなに時間は
 かからないと思います。 私はノートを取りながら読んだので
 結構時間かかりました💦 

 地理的不幸という言葉がありますが、生まれた国を撰べない
 のも不幸ですね。 日本も日本書紀は随分粉飾されているので
 学者は中国の文献と照らし合わせると聞いた事があります。
 日本も古代史は百済からの渡来人である、藤原一族が書き換え
 ています。これは学校では習わない歴史です。 

 何事も大人になったら自分で興味ある事は検証しなければ
 という事を最初に知ったのが、藤原氏に関する処からでした。 

 ヒョンジュン君は賢い人ですので、自分が直接出逢った人
 体験などから総合的に判断できるタイプだと思います。
 学校で習った事を鵜呑みにするタイプではないはず。 
 
 韓国の場合、多くの人が言いたい事は言えずに沈黙している
 事が多々あると思います。 メデイアもある程度知りつつも
 書けない国なんだと思います。 政治家だけは許せませんが💦
 
 はい、是非お手にとってみてください。 
 分からないままにもやもやしているよりも、真正面から
 向き合ったほうがスッキリします。 又別の視野も広がって
 いい事だらけだと思います。 曖昧な知識のままで嫌韓に
 なるより、ずっといいです。

2018/02/05 22:37  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |