FC2ブログ
「翻訳」キムヒョンジュンとチョンヨンファに向けられた魔女狩り
- 2018/10/11(Thu) -
 
キムヒョンジュンとチョンヨンファに向けられた魔女狩り、
(無罪)証明されても大衆は謝罪しない 

 韓国の風の旅人という大衆評論家のブログ Free Mouth Paper に掲載された
記事です。韓国では2次(高等裁判所)で結審した事で、チェ氏が訴えた
全ての容疑が疑問の挟む余地なく、証拠なし!という事実が確定しました。
社会面でも掲載され、KBS や他の総合ニュースでも報道されたようです。 
しかしながら、大衆の反応はどうだったのか? という点にフォーカスして
取り上げています。 ここでは<大衆>という言葉になっていますが、現実
には、<メデイアと大衆>と置き換えられると思います。実際、KHJ事件は
メデイアが先頭にたって大衆を魔女狩りに導いていった事件だからです。

            :::::::::::

 芸能人に向けられた非難は、”非難のための非難”である事が多い。特にインター
ネットが発達し、無分別に利用されるようになった、この時代ならではの話である。
大衆は(事実の)検証をしようとしない。彼等は、すぐに非難できる材料を
探すのを楽しむ。 
 
 過去、ネットが普及しておらず、特別なケースでのみ利用された時は、社会は
ここまでではなかった。 少くなくとも、ある程度の事実を検証してみようと
する努力があったが、現在の世相は、検証過程を拒否する段階にまで至って
いる。 

2018101101000743100058062.jpg 

 このような(社会の)姿は、ただ芸能界にのみ広がった現象ではなく、社会
と文化、そして政治にまで深く浸透し、大衆は自ら、未開の洞窟に入り込んだ
状態でもある。 

   なにごとか、論争がおこれば、わっと沸き立つが、10日も経てば忘れる
記憶喪失症の大衆。 論争があれば、まずは両者の話を聞いてみなければという
のが基本であるのに、片方が何か発言する度に、わっと群がり、非難を浴びせる
ことしかしない姿は、未成熟を通り越し、未開発であると言うしかない。

 キムヒョンジュンの事件は、善悪を判断する最も重要な立ち位置にいたのが
大衆であったが、大衆は中立の立場というよりは、無分別な攻撃者に成り下がり、
非難だけを浴びせる選択をし、攻撃した。

   
当時、キムヒョンジュンの事件は、鋭敏な事件であり、時間がかかるもので
あった。 鋭い対立をみせる点があり、一方に有利な事件ではなかったのに
大衆は、片方に偏より、キムヒョンジュンを攻撃するのに忙しかった。

 過程は考えず、事件の終わりに見えている影一つだけを根拠に攻撃する
パターンに、キムヒョンジュンは一方的に罪人になってしまった。 

 大衆が中立的立場で俯瞰する時間をもっていれば、このように事件が大きくは
ならなかっただろう。 キムヒョンジュン事件は、嘘がふくれあがるだけ
膨れ上がって、さらに大きな傷を残した。


 チョンヨンファもある点で似ている。 不正入学の件がもちあがるや否や
のっぴきならないところまで追い詰め、どんな選択もできない段階に至らしめた。
結局、チョンヨンファは謝罪し、入隊して一段落したが、大きな傷が残った。

 チョンヨンファ論争で大部分のミスを犯したのは、学園と関係者であった。
不正な学士課程を作って募集し、望んでもいなかった過大な配慮をすることで
チョンヨンファは奈落に落ちるしかなかった。 用意されていた罠に
落ちたのが真実というのが、彼の立場であったが、反論はできず、謝罪する
しかなかった。
 
 キムヒョンジュンは、最近2審まで来て、”暴行流産” について無罪の宣告
を受けた(*これ非常に重要です。無嫌疑では、容疑を立証する十分な
証拠がないので、罪を問う事はできないという意味ですが、無罪は、完璧に
全く罪が認められない !
という事ですので、大きな差があります)

そして、流産をしたと側には、キムヒョンジュンに対する名誉棄損で
損害賠償の宣告が下った。 大衆が非難した側が無罪になったのだ。

 キムヒョンジュンと同じく、チョンヨンファの不正入学はなかったという
結論が出た。罪が認められたのは、学園関係者であり、チョンヨンファでは
なかった。 


2018101101000743100058063.jpg 
 
 この二つの論争にあって、大衆に共通しているのは、芸能人である、キムヒョンジュン
とチョンヨンファに一方的にリンチを加えたという事である。相手の過ちの可能性
を一切考えもせず、完全に彼等(KHJ とチョンヨンファ)が過ちをおかしたと
追い詰め、結論が出ても大衆は謝る姿を見せなかった。 代りに、結論が出た
ので、その相手を非難するばかりだ。
 
 すなわち、自分自身は身をひき、論争の当事者、片一方が悪かったという以外には
問題はなかったという認識水準であるという事だ。
 
 大衆が正しい認識であるなら、このような反応(非難する相手を変えただけ)を
するのではなく、” 自分が考え違いをしていた。一方の話だけを信じて非難して
申しわけない” というような反応があるべきだと思うが、そのような反応は
見当たらないといっていい。

 芸能人が間違ったというなら、非難と叱責を受けて当然ではあるが、そうで
なかったのに、魔女狩りにあってしまうのは正しいことではないので、大衆の
意識の向上が必要である。 

 𠮟咤するにも基準がなければならない。軽犯罪を犯しただけなのに、重罪を
おかしたような扱いを受けるのは正しくないので、大衆の意識変化が求められる。
 
 魔女狩りではない、通常の非難をする大衆をみるのは難しいことなのだろうか? 
いや、それでも見てみたい。 成熟した大衆の姿を..................
 
                                                 ::::::::::::::::::::::::::::::::

   これを読んだ感想ですが、シンシアリーさんなら、一言で、韓国人は
決して自分が間違っているとは思わない。間違っているのは、常に自分以外の
他者であるからだ と書くと思います。だから、撮影スタッフさんも最終的
にはヒョンジュン君の人間性を認めるに至りましたが、自分が間違っていた
という言葉が出なかったのだと思います。真実は重要ではなかったと書く事で、
どんなにファンが傷つくかには思い至らないようです。

 私も、これを読んで感じたのは、TOPIK 韓国語能力試験の54番の長文の
模範回答みたいやわ~~~~💦 という事です。理想論に過ぎません。

 大衆といいますが、一番の犯罪的行為は、あくまで国営放送KBSを始めと
する3大地上波に、メデイアが一切検証をおこなわず、
 Dispatch 、TV Report 、
SBS fun といった最初から悪意をもって扇動したメデイア記事をコピペして
拡散報道したからであり、大衆はそれを信じたという事が事実。 

 
メデイアが悪質であると言うのは、今は世界的現象かもしれません。
スピードが命のネットメデイア報道が発達した結果、検証にかける時間が
ないとの理由で、一方的主張が通りやすくなっています。だから、悪意が
あれば、巧みに世論操作も簡単にできるし、事実を報道しない権利でも
もっているかのような媒体も存在します。 

 ノーベル科学賞受賞者の先生がおっしゃったように、全てを疑ってかかる
自分の頭で事実を突き合わせて考えるしかないと思います。それでも
良心を持ち合わせているなら、こういう事件展開と、結果がでても何とも
思わないという事にはならないでしょう。 
 
 何を言いたいかというと、どんなに裁判所がキムヒョンジュンの無罪を
証明してくれても、傷は残るという事です。キムヒョンジュンに誤解して
いて、申しわけなかったと思う人は多くないという事。おそらく、もめ事
を起こしたこと自体が悪いとか、言い繕う事で、自分の軽率さには目
をつぶるのが普通。 そういう意味で、スタッフさんの投稿は、典型的な
韓国人のものの考え方を赤裸々に示してくれていると思われます。勿論
そんな人ばかりではないでしょうが、多くはその傾向にあるという事....


 よほどの逆転劇とか、今後何か大きな起爆剤となるものがきっと
必要であり、そうした運をもっているのかもしれません。
 
 目が離せないナムジャ ... キムヒョンジュン 

 再び、お高いナムジャに戻れるように(笑)見守っていきます。 

 
関連記事
この記事のURL | 韓国メデイア報道とKHJ事件の関係 | Comment(8) | ▲ top
<<KHJ インスタ更新  | メイン | Gallery: ドラマ撮影現場スタッフの見た KHJ >>
Comment
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/11 16:43  | | #[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/11 17:14  | | #[ Edit] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/11 18:27  | | #[ Edit] |  ▲ top

-一歩ずつ-
こんばんは。
民事の結果にひとまずホッとしています。
きっと大丈夫、大丈夫。。。と思ってはいてもこれまで何回も気持ちをへし折られてきましたからね。

この記事、その通りだな、と妙に冷静に読んでしまいました。
もう大衆の関心はないんですよね、きっと。ふーん。。て感じじゃないでしょうか、残念ながら。

ヒョンジュンは復帰してから「これからが人生のスタートだと思って。。」と言ってますよね?彼自身が一番よく分かってるだろな、と思います。裁判に勝ったからと言ってイメージが戻るわけじゃない事。

inner coreでしたかね?一歩一歩歩いて行きましょう。って言ってました。
paradiseの歌詞にも 一歩ずつ という言葉。

時間がかかってもコツコツやっていく、そう心は決まってるので私も一緒に歩いていこっと!そんな感じです。
悔しいとか腹が立つとか、そんな次元でもなくなりました、そこに感情使うと疲れるので笑

lafoneさんも以前ヒョンジュンはpioneerになる人なんじゃないか。。。ってどこかで書かれてましたけど、私も本当にそう思ってます。意図してないけど、誰もできなかった事をやってのけちゃう、そんな踏ん張りが彼にはあるんじゃないかなぁ、って。。。贔屓目じゃないですよね?笑

もちろん、事件の展開に関しては大どんでん返し!も諦めてません。

2018/10/11 19:20  | URL | maro #-[ Edit] |  ▲ top

-Re: 真実とは。-
鍵コメMさん 

 メデイアと大衆、いえ政治家もですね💦
 <特亜>って言葉があるようですが、日本に近い大きな国と
 半島の国の特殊性を表現するようです。 あまりに近代国家
 の概念と異なる、特殊なアジアの国と言う意味で...

真実を求めるより、嘘も百回言えば真実になると思っている
 ふしがあり、そうした精神構造だと、不利で信じたくない事実は
 嘘だ!となるようです。 はい、論議の核心をシェアできない
 から解決不能のよう...

でも全部の人ではないですが、少数なのか、本当のことは言えない
 国であるからなのか... 朝鮮日報読者は少なくとも、頷ける
 考えの持ち主が散見されます。
2018/10/15 20:45  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
 鍵コメHさん

  名古屋でこの4年間辛かったと、ぽろりと言ったそうですv-406
  普通なら、そうですね、暗い部屋にいた時はイジェマン弁護士さんの
  気ずきがあって、ご両親が見張っていたから難を逃れたのかもしれません。
  専門家の方は、韓国は民主的法治国家になれなかったと語っています。

  政治家が絡む裁判を見ると、頷けます。 

  あの時の鑑定は絶対変だと思っています。が、家庭裁判所を介して
  行われたものなの、又鑑定するには、子供を引き取らないことには
  難しいのですが、子供の影も形もないのがおかしいですよね? 

  論理的にものごとが進まない韓国... ドラマでいい演技をすれば
  大衆にうけいれられるんだとか? 演技とそれがどんな関係が?
  って日本人は思いますが、韓国人はそう思うそうです。
2018/10/15 21:03  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-Re: 同じ感慨でした。-
鍵コメ mk さん 

  そうですね、嬉しく有難い反面、ちょっと複雑な想いでした。
  それでも、一人でも多く、イメージが変わるように願います。
  ドラマがヒットして演技が認められれば、気持ちが変わるのも
  韓国人だそうです。 
2018/10/15 21:17  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top

-Re: 一歩ずつ-
 maro さん 

  本当に、何度心が折れたか分かりません。 

  歯ぎしりするほど悔しかったのは、最初に刑事で、チェ氏が
  容疑なしになった時、Dispatch がわざと黒点の・をいれて
  強調した見出しです。 

  最初の民事で勝訴した時、ヒョンジュンさんは涙したと
  Gallery に書かれていました。 なんとか、刑事で実刑が
  ほしいですが、名誉棄損 絶対有罪でなきゃおかしいですよね。

  でも裁判の二審が終わったら、これからはひょうひょうと
  粛々と一歩一歩 歩んでいくしかないですね。
  ドラマの演技でころりと変わると言われていますので、
  やっぱり、今後のドラマ大ヒットにかかっているのかも
  しれないです。 次回作が大切な気がします。

  これだけの目にあって、ブランク少なく活躍してるんですから
  既にパイオニアですよね。 でももっと大きくなってほしいです(^^♪
2018/10/15 21:24  | URL | lafone #-[ Edit] |  ▲ top


Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |