FC2ブログ
竹島は日本領と米認識 & 反日種族主義著者ソウル外人記者クラブで会見
- 2019/09/11(Wed) -
     今週は新曲アルバムリリースで楽しい一週間が始まるので、隣の国は何する人ぞ
みたいな話題はお休みしようと思っておりました。 が、今日はそれなりに重要な
話題が二つ、ネットにあがってきているので残しておきたいと思いました。どうぞ
ヒョンジュン台風が過ぎた後にでも、ゆっくりでも目を通していただければ幸いです。

credit: 
Kyodo 

「竹島は日本領」と米認識
政府、豪文書でも確認

2019/9/10 18:13 (JST)9/11 10:35 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

 内閣官房は10日、終戦から5年後の1950年に、米国政府が島根県・竹島を日本領と認識して
いるとの見解をオーストラリア政府に伝えた内容が記載されたオーストラリア側の文書が見
つかったと発表した。同じやりとりに関する米側の文書は既に公開されている。米豪双方
から米国の認識が確認されたことで、日本の立場がより補強された形だ。

 宮腰光寛領土問題担当相は10日の記者会見で「従来のわが国の主張を改めて裏付けるも
のだ」と強調した。

資料は、米政府がサンフランシスコ講和条約の起草段階で、日本の領域に関するオーストラリア
政府の質問に答えた文書。

                  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    これは書面が発見されたという出来事でしかありませんが、もともと、領土とは、我が国の領土
であると早くから名乗りで、かつそれを示す根拠が述べられていないと主張できません。韓国
は日本の敗戦後のどさくさにサンフランシスコ条約(*勝戦国ではなかったので韓国は出席できず)
で、初めて領有権を主張したに過ぎません。 当然却下されていたのを、初代大統領が勝手に
李承晩ラインを引いて自国領と主張.. 日本の漁船を拿捕、それで命を落とした犠牲者もいます。 

 不思議ではありませんか? 何故、米国がそれ以降、この問題にほっかぶりしているような
(*今は米軍の地図上では、竹島は ”紛争地域” と記載されているようです)火種をそのままに
していたので、現在まで至っているようにみえますが.......... それに答えてくれる本を何冊か入手
読み始めています。 世界史の知識が根底からひっくり返りました@_@  


    もう一つ、こちらにお知らせして下さった情報があり、チェックしていたのですが、動画
レクチャーでも有名であり、「反日種族主義」の著者として、日本で著名なソウル大学 イヨンフン
教授が、ソウルの外国人記者クラブで、記者会見に応じました。 そちらの概要です ↓ 


文字色
00048124HDK.jpg


『反日種族主義』主著者が初めて語る…韓国の「絶対不変の敵対感情」

韓国が直面する「アイデンティティの混乱」とは?

渡邊康弘
カテゴリ:ワールド 2019年9月11日 水曜 午前11:40

•韓国独立は韓国人によるものではなく日本とアメリカが衝突した歴史的事件の結果
•韓国人は日本に対して絶対不変の敵対的感情を持っている
•日本は朝鮮半島統治でドイツのようなジェノサイドは行っていない

韓国で異例のベストセラーとなった『反日種族主義』。その主著者であるソウル大学の
イ・ヨンフン元教授が、ソウルの外信記者クラブで会見した。著書の発売以降、イ元教授が
メディアの質問を受けるのは初めての事だ。会見には我々日本メディアを含む外信記者クラブ
所属の海外メディアのみが参加した。『反日種族主義』は、日本による統治や慰安婦問題、
いわゆる徴用工問題について、当時の法令解釈や統計データを元に、韓国での定説をこと
ごとく覆す本だ。近く日本語版も出版される予定で、日本での関心も高い。ここでは本の
詳細は割愛し、会見でイ元教授が何を語ったのか、日本以外の海外メディアが何を聞きた
がったのか、可能な限り詳細にレポートする。なお教授の発言は太字とする。

1945年の解放は韓国人が主体的に成し遂げた業績ではない

イ元教授が会見冒頭で語ったのは、意外にも日本統治時代の話ではなかった。

「19世紀以来中華帝国の解体とともに朝鮮王朝も深刻な解体、崩壊危機に入ったと考える。
その結果が1910年大韓帝国の日本併合だった。1945年の日本統治からの解放と1948年の大韓
民国独立は韓国人が主体的に成し遂げた政治的業績ではない。それは日本帝国主義がアメリカ
と衝突して広がった世界史的事件だった」
「私が言おうとしている事は、この言葉の中に十分含まれている」

イ教授が指摘したのは、日本人から見れば教科書通りの当たり前の事だが、韓国人にとって最
もつらい歴史的事実だ。韓国憲法は韓国について、1919年の3・1独立運動の後に発足した
「大韓民国臨時政府」の法統を継承する国家だと規定している。文在寅政権は、3・1運動から
100年となる今年を重要視し、1919年を建国の日にしたいとの思惑を隠さない。だがイ元教授は、
日本がアメリカに敗戦したという、いわば「棚ボタ」で独立した事を直視しなければならない
と強調した。これは重要なポイントだ。冒頭発言には続きがある。

「韓国人は自分のアイデンティティで今深刻な混乱を経験している」「深刻な歴史的アイデン
ティティの混乱と、望ましい歴史的アイデンティティの摸索で、韓国社会と政治が深刻な葛藤
を体験している」

韓国人が抱えるアイデンティティの混乱とは何なのか?それは質疑応答で明らかになっていく。

反日種族主義とは無条件かつ絶対不変の敵対感情

欧米の記者からは、なぜこの本を書いたのかという基本的な質問が飛んだ。

「韓国人は日本に対して強烈な敵対感情を持っている。それは歴史的に受け継いだのだ。
多くの韓国人は朝鮮王朝を非常に美しい高尚な人の国だと考えている。 そして非常に不道徳
で暴力的な日本帝国主義が入ってきて朝鮮王朝を滅亡させたと考えている」
「これが歴史の本を通じて私たちの幼い世代に教育されている。 そういう歴史教育、歴史意識
を持っていては、決して大韓民国は先進社会、先進国として発展することが出来ないだろう。
なぜなら先進社会・先進政治になるということは隣国との友好的協力関係を前提にするためだ。
そういう私たちの未来を遮る反日感情が限界に到達したという危機感でこの本を書くことになった」

またニューヨークタイムズの記者は、前出の韓国人のアイデンティティの混乱とはどのような
ものかと質問した。

「本に対して肯定的な反応を見せる人は、韓国の自由市民だと考える」「ところが自由市民を
代弁するという自由韓国党(※最大野党・保守系)はこの本に対していかなるコメントもして
いない。 換言すれば韓国の自由市民を代表する歴史意識はまだ確立されていないし、政治化さ
れていない。」
「この本は韓国の歴史教育と日本との外交政策に対して多くの問題点を指摘する。しかし国会
では全く問題になっていない。それを問題化するほどの知性と器量がある政治勢力が存在しな
いのだ。この事実が韓国の歴史的アイデンティティがどれくらい深刻に混乱の渦中にあるのか
を反証している」
「反日種族主義を簡単に定義すれば、それは無条件に絶対不変の敵対感情を指す」「韓国人
はまだ中世的な善と悪の観念で、日本との関係を認識して評価している。 私の孫娘が幼稚園
に行ってきたある日私に話した。『おじいさん、日本は私たちの敵だよ』と。 今韓国の小学校
で全教組(※韓国の教職員の組合)の教師を通じて日本に対してどんな教育がなされているのか
、皆さんには現場をチェックしてみることを望む」「悪の、敵の教育が行われている。 洗脳を
通じて伝えられる不変の敵対感情. それが種族主義の核心だ」

イ教授の回答はやや難解なので解説が必要だろう。
北朝鮮には事実かどうかはともかく「金日成主席が抗日パルチザンとして戦った」という
「建国神話」が存在する。しかし韓国には日本と全面的に戦った史実は無い。自らの力で独立
を勝ち取った歴史が無いから、アイデンティティは揺らぐ。だからこそ「日本と戦った独立の
英雄達がいた」という物語に縋らなければならないし、そのためには日本は「悪」でなければ
ならない。しかし『反日種族主義』で主張される日本統治を認めてしまえば「日本=悪」が
揺らぐ。一方「日本=悪」をドグマにして、「絶対不変の敵対感情」を抱いたままでは、先進的
な社会の基本である「隣国との友好協力関係」が途絶える。このジレンマを乗り越えられる政治家
・リーダーが、保守にも革新にもいない事が、韓国のアイデンティティを混乱させているという
事なのだろう。
また、韓国の教育の問題を厳しく指摘しているのが印象的だ。

日本統治時代ジェノサイドに値する犯罪は無かった

会見では、長年韓国で取材を続ける著名なイギリス人ジャーナリストからこんな質問も飛んだ。

Q ドイツは戦争犯罪に対して十分に謝罪したが. 日本はそうではないと考えられる。ドイツは
ユダヤ人虐殺と第二次世界大戦を勃発させ、日本は台湾と韓国を植民支配して東アジアで戦争
を起こした。両国は似ていると考えるのか?日本の謝罪は充分で補償もしたと考えるのか?

「日本が韓国を支配した35年または40年の間、ジェノサイドに値する犯罪は無かったと考える」
「もちろん3.1運動当時日本の警察が暴力的制圧を行った問題や堤岩里教会問題(※3・1運動鎮圧
の過程で発生した日本軍による住民殺害事件)がある。ただ、それを意図的に計画されたジェノ
サイドだとは言いにくい」
「第2次世界大戦の時、韓国は日本と戦争していない。サンフランシスコ条約締結の際も韓国は
連合国としての地位を認められることは無かった。国際的に韓国は合法的に日本帝国に編入され
た領土と認められた。韓国人は連合国の一員として日本と戦ったという意識から自由になる必要
がある」

韓国で頻繁に語られる「ドイツは何度も謝罪したのに日本はまともに謝罪もしない。ドイツを
見習え」との批判を、真っ向から否定したのだ。

日韓関係はどうあるべきか

日本メディアからは、日韓関係の今後についても質問が出た。

「韓日関係は非常に難しい状況に置かれていて、その原因は韓国政府が提供したと考える。
文在寅政府は否認するだろうが、政府は1965年度に締結した両国関係の基本協約に違反した
と考える。 その違反を正当化しており、今の危機的な状況を韓国政府が、または韓国国民が、
韓国政治が今後賢明に解いていかなければなければならない。また、日本政府も時間を設けて
待ち、協力する態勢になっているように見える。難しい問題は韓国内部にある。私たちは私たち
の問題を自ら解決していくべきだと考える」

イ元教授の話はどうしても日本政府寄りに聞こえる。だが専門は経済史学であり、イデオロギー
というよりも数十年に及ぶ法令や統計資料、当事者の証言などの学術的な検証を踏まえた主張
とも言える。
実は記者会見の大半は「慰安婦問題」に関する質問に充てられていた。
長くなったので、慰安婦問題については稿を改めてお伝えする。


【執筆:FNNソウル支局長 渡邊康弘】


                ::::::::::

 * ジェノサイドとは、ホロコーストのように、特定の人種、民族を根絶やしにすべく、計画的
に排除(*虐殺)していくことです。 韓国は日本が併合時代にこれを行ったと主張しているので
すが、当然、教授は人口統計を根拠に否定していると思われます。 

 ** 日本の外人記者クラブと同じく、ここに集まる外国人記者、特にアメリカのメデイアは
保守、リベラルを問わず、” 人権 ” 問題として慰安婦問題では、自国政府の調査結果まるで
無視、中共、韓国の主張を一方的に報道しています。 特に、慰安婦吉田証言の捏造報道で
謝罪したにも関わらず、朝日新聞が英語版で、いまだに Sex Slave (性奴隷)強制労働
 (Forced Labor Workers ) という言葉を使って報道し続けているので、リベラルの急先鋒で
ある New York Times はそのまんまの報道をしたばかりです。 従って、日本政府の主張には
全く耳を傾けない、こうしたメデイアの前で、韓国の教授が、詳細な一級資料に基ずく研究と
してまとめた内容について、自ら記者会見を開いてくれた事は、非常に重要です。 
 
 今、ほとんどのメデイアを言論弾圧しているムンジェイン政権下では、こうして堂々、外国
メデイアの前に出ていたほうが、研究者さん達自身の身の安全につながるかもしれないです。
もし、韓国が「親日は罰する」という方針を貫いて、彼等を法廷に引っ張ることがあれば
逆に、西側のこうしたメデイアが皮肉にも声をあげてくれるかもしれないからです。

 
 こうした反日メデイアとは何か? その黒幕は?と追っていくと、やっぱり世界史が逆転
していきます。 陰謀論ではありません。 早く、韓国シリーズは終えて、そちらに移り
たくてウズウズしている位です。 

 

関連記事
この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(0) | ▲ top
<<反日種族主義 ソウル外国人記者クラブ会見② | メイン | 韓国メデイア :宇宙神―金浦から羽田へ TV出演もあり☆>>
Comment

Post your comment















Secret Comment


▲ top
| メイン |