FC2ブログ
日韓「友好幻想」の終焉
- 2019/09/07(Sat) -
    昨年の記事ですが、twitter に非常に分かりやすい、この問題の解説がのっていました。
かなり、色々韓国という国、国民のメンタリテイーについて考えさせられます。



credit:  Nikkei Business

元徴用工判決の狙いは「65年日韓基本条約」のちゃぶ台返し







在日韓国人の友人は、次のことを父親にきつく口止めされていた。
「太平洋戦争の時、八幡製鉄(現新日鉄住金)で働いた。日本が
敗戦し帰国する際は退職金が出た。送別会で餞別ももらった。
強制労働はなかった。日本人には話すな」。父親は、「募集」か
「官斡旋」で八幡製鉄に来た。帰国したが職がなく、密航して
再び日本に来た。

 韓国の大法院(最高裁)は10月30日、韓国人の元工員に対し、
1人当たり1億ウォン(約980万円)を支払うよう新日鉄住金
に命じた。判決は「原告は未払い賃金や補償金を求めている
のではない」と述べ、「慰謝料請求権」を認めた。

 これは、奇妙な判決だ。メディアは「徴用工訴訟」と報じたが、
原告は「徴用工」ではなかった。判決は「強制動員の被害者」と
述べた。「徴用工」とは、1945年以降「徴用令」に基づいて
来日した朝鮮人だ。原告はそれ以前の「募集」か「官斡旋」
に応じて新日鉄住金で働いた人たちだ。

 さらに奇妙なのは、判決は「損害賠償」ではなく、「慰謝料の
支払い」を命じた。慰謝料とは、一般的に精神的苦痛に対する
支払いとされる。

 つまり、原告は「未払い賃金」と「補償金」が訴因では、
勝訴できないと考え「慰謝料」を請求した。これを韓国最高裁は
認めた。なかなか巧妙な訴訟戦術だ。慰謝料なら、その後の精神的
苦痛や差別、病気などを理由に請求できる。賃金の支払いや補償金
と違い、慰謝料なら労働の実態などの事実関係が争点になりにくい。

最高裁判事の過半を文大統領が任命

 この判決に対し、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は「司法府
の判断を尊重する」と述べた。「司法の独立」と、なぜ言わなかっ
たのか。韓国のメディアも「司法の独立」とは報じなかった。韓国語
で「司法の独立」を言うと、多くの韓国人は白けるか、鼻で笑う。
司法が独立していると、決して思っていないからだ。筆者もソウル
特派員時代に、大統領府に判決内容を相談に来た裁判所長を目撃した。

 韓国では、長い間「司法は権力の僕(しもべ)」と揶揄された。
それでも今回の判決に、韓国民の多数が「胸がスッキリした」思い
を抱いているのは事実だろう。国民は「強制労働」「不法な植民
地支配」「反人道的な不法行為」の認定に、満足する。判決に権力
(行政)の意向が反映されたと、一般庶民は思うだろう。

 司法が独立していないと断じる根拠は、最高裁長官の経歴だ。
金命洙長官の前職は、春川地方裁判所長であった。地方の裁判
所長が、最高裁長官に抜擢された。ありえない人事だ。文在寅
ムン・ジェイン)大統領が、同じ考えの裁判官を抜擢したと考
えるのが、常識だろう。加えて、最高裁判事13人のうち7人が
文大統領に任命された。

この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(2) | ▲ top
今日の散歩ー半島の歴史23  7奪② ハングルを奪った?
- 2019/09/05(Thu) -
  韓国が主張する7奪説、その② 「国語を奪った」への反論 (松本國俊氏の
    ほんとうは日韓併合が韓国を救った)より 


       これこそ突っ込みどころ満載なので (*)に個人的な感想を書いてます。
       両班は漢文を、庶民には教育は一切なかった李氏朝鮮、どなたがハングルを
  広めたの? 戦後に普及させたの? これを丸呑みできるって韓国人は
  ナイーブすぎると思います。7奪は全て突っ込み満載なんですが....

       本論入ります。
  
  小学校教科書では<日本はわれらの誇り高いハングルを使わせなかった>と書かれ
 ” 朝鮮語でしゃべれば一語一銭で罰するぞ” という風刺漫画が載せられています。

  ↓ (*子供からお金巻き上げる訳ないでしょうね💦 もっと巧い嘘をついたら?)

併合時代資料_ハングル1

 (*一番最後に、蛮行を犯した日本とどう向かいあうか討論してみよう!とあります。
 いわゆる デイベイトで、どう口で戦うか、子供時代から鍛えられています。これは強味と
 いえるでしょう。信じ切っていれば強く出られます。それが洗脳..疑問や揺らぎを感じなく
 なります。)

 国定中学校教科書では、<韓国語を禁止し、日本語だけを使うようにして、我々の
 歴史の教育も禁じた。ハングルの新聞も廃刊させ、言葉と歴史に対する研究も禁止させた
” 

 韓国だけではなく、日本の中学校歴史教科書として日本で最も多く使われている
 「新しい社会歴史」(東京書籍 平成13年検定済)にも 

 ” 学校では朝鮮史を教えることを禁じ、日本史や日本語を教えて、日本人に同化させる
 教育を行いました
 ” とあるそうです。 

 前出の「悲しい歴史の国の朝鮮人」宮脇氏の著書によれば、
 
 日本語ができる朝鮮人がどれぐらいいたかというと、日韓併合後30年、1941年になっても
 日本語を ” やや理解する ” ” 普通会話ができる ” 人は全人口の 16%、390万人
 しかいなかったにすぎないとあります。 残りの日本語が話せない人に日本語を強制した
 こともありません。 1945年の日本敗戦の放送も、朝鮮全土でアナウンスは両国語で
 やったことが記録として残っています。
 

 さらにモンゴル研究化の宮脇氏によれば、李氏朝鮮で開発された「訓民正音くんみんせいおん」
 は、朝鮮時代にはハングルと呼ばれていないそうです。 「諺文おんもん」と言われていた、
 すなわち、卑しい文字という意味ですから最初から歓迎されていない呼び方だった.. 
    ハングル(偉大な文字)という意味で呼ぶようになったのは 20世紀、すなわち日本が
 つけた名称です。(*これは大変、日帝の痕跡を消したい韓国、ハングルと呼んじゃダメ^^) 


 ハングルの成立の歴史 - モンゴルのフビライ・ハーンがチベット人の高僧パクパに命じて
 創らせた 「蒙古新字」でチベット語を縦書きにした表音文字がパクパ文字。 パクパ文字
 は母音、子音とに分けて縦に書いて、あらゆる発音を表記できるようにしたアルファベット
 なのです。 
 
 高麗の王子はモンゴル王族の娘と必ず結婚させられ、モンゴルの宮廷で暮らし、父親の王が
 なくなった後に、高麗に戻って国王に即位するしきたりだったので、朝鮮半島は、この
 チベット文字由来のパクパ文字に親しんでいたはずなのです。 その後、李氏朝鮮の
 四代目の世宗(セジョン)が訓民正音を公布します。これがハングルの原型です。
 
 しかし、両班階級はこれを卑しい文字 「諺文おんもん」として拒否、下層の人間に
 文字を教えたら、両班の特権がなくなって困るからです。そこで、朝鮮の上流階級の女性
 がシナの小説を読むために諺文を使ったのです。

 公式文書は全て漢文で諺文おんもん、つまりハングルを使って自らの歴史や文学を著した
 文献はありません。19世紀になってヨーロッパと日本の言語学者が漢字を違う音で
 読むというこの文字に興味をもって、文献をあらいざらい収集したので、朝鮮半島
 李氏朝鮮時代の諺文(ハングル)の文献はひとつもないそうです。 


   松本國俊氏によれば

 李氏朝鮮時代の学者はハングルで書かれた文章を読むことさえ恥辱だと思っていた。
 さらに朝鮮が独自の文字を作ることは宗主国への反乱を意味するという危惧もあり 
 第十代国王の代では禁止されていた。 


 そのような捨てられた文字を、福沢諭吉が再発見したのです。維新後、朝鮮との交流が
 始まると、福沢は朝鮮の近代化に情熱を燃やし、慶應義塾に多くの留学生を受けれると
 ともに、自ら朝鮮の歴史を文化を学んだ。

 そこで彼はハングルに着目し、「日本の漢字仮名まじり同様、ハングルを駆使すれば
 何回な漢文を朝鮮語式に自由に読み下すことが可能となり、大衆啓発のために大いに
 役立つはずだ」と、漢字ハングル混合を提唱した。さらに私費でハングル活字を作り
 福沢の弟子で後に衆議院議員となった井上五郎は、この活字を用いて朝鮮最初の漢字
 ハングル混合文による新聞「漢城週報」(*漢城はソウルのこと)を1886年(*日韓
 併合よりずっと前です)に発行した。
 朝鮮におけるハングル文字出版の始まりで
 あった。
この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(0) | ▲ top
今日の散歩-半島の歴史22 : 7奪検証その① 土地
- 2019/08/31(Sat) -
 大統領自ら、<あるべき過去>が真の歴史だと?妄言、いえ、韓国人の本音が
飛び出しました。 やはり!です。<あるべきだった過去>を歴史として作って
きたという松本國俊氏の慧眼に改めて感じ入りました。
そして、歪曲されている
併合時代を日本人である私達が詳しく知ることで、子供達に真実を語り継いでいける
ことになるはずです。


 さて.....
 水間氏の<日韓併合の真実>(*下に著書の画像あり)によると、2010年版高校
「国史教科書」には、<日本は世界史において比類がないほど徹底的で悪辣な方法で
わが民族を抑圧し収奪した.. 40%が収奪された、草の根や木の皮で命を繋いだり、海外
に流浪するしかなかった
> ことになっているそうです。

  真実は... 李氏朝鮮時代、まともな測量が行われていなかった、また土地は基本的に
国王のものとされながら、土地の収租権(年貢をとる権利)は支配階級で、耕作権
を持った農民も土地を所有するとみなされ、所有権の概念があいまいで、土地をめぐる
争いが絶えなかったので
、朝鮮総督府が近代的な測量方法で、土地の測量から始めた
ことを、朝鮮人が土地を奪われると噂しただけです。 

  前出の松本國俊氏の著書によれば

  総督府<施政二十五年史>(国立国会図書館蔵)では

 ” 朝鮮の土地に関する制度は、数百年来すこぶる紊乱(*乱れ切っている)を極め
土地紛争の多きことは、他の類例を見ざるのみならず、その紛争が数十年もしくは
数百年の久しきに亘るものも少なくなく、事実関係の錯綜紛糾せること、内地(*日本)
および台湾には見られざる処である ”


  つまり、もともと、国土がどれだけあるか、また土地の整備、所有権など全く
把握されてもいなかった状態から、日本がスタートした訳です。 したがって、1910
年から8年かけて、朝鮮総督府は近代的測量技術を使って、朝鮮半島での土地調査を
行いました。(*日本が土地を接収するだけなら、8年も時間もお金もかける必要まったく
なかったですよね) 

  土地調査の結果、従来270万町歩と言われていた公知が、実際には487万町歩に上る
ことが明らかになった。 なんと、耕地全体の45%が当時の貴族階級、両班によって
隠匿されていたのです。(*つまり、税金逃れで農民からは収穫物を得ながら、国には
隠していた、国家の土地面積の半分が脱税 の対象だった !!!!  国をなしていません)
併合時代資料ー耕地面積

 土地の所有権を確定するのは大変な作業でした。1910年の270万町歩の耕地でも
所有権があいまい、まして隠匿された土地が誰のものであるか分からない、かつ郡守
(地方の官吏)側にも満足な資料がなく、年貢を納められない農民が出ていき、その
土地をほかの農民が耕作して勝手に売買したり、めちゃくちゃな状態だったからです。
<時効>の概念がなく、自作農民が100年以上耕してきた土地を両班が古い記録を
持ち出して取り上げ、自作農が小作人に転落するケースもあり、土地調査に伴って
朝鮮人同志の間で土地の所有権をめぐるトラブルが頻発しました。

 一回の査定で甘んじる者がなかなかいなかったので、土地の査定に不服ある者は
期限内に不服申し立てを行い、再審議申し立てをすることを可能にする法律を整備
1920年までの不服申し立ては2万件以上におよびました。臨時土地調査局は、数百年
にわたって故事来歴を調べるなど、パニックになるほと大変だったようです。 


 土地調査は8年10ヶ月の月日を費やし、かかった費用は当時で20,000万円以上。
現在の価値にして一兆円すべて、日本からの持ち出しです。

 その結果、李朝時代の官僚、地主による税金の横領がなくなり、農民は権力から
の搾取から解放され、農家戸数270万個とされているなか、農民170万人の
土地所有が認められました。
土地台帳も整い、多くの自作農が誕生し、朝鮮が近代
国家として発展する基礎が出来上がったのです。 


この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(2) | ▲ top
今日の散歩: 半島の歴史 21 <あるべき過去>が必要で生み出された歴史の捏造
- 2019/08/27(Tue) -
 
 韓国が現在教育現場で拡散中の<7奪>の捏造過程と内容について、韓国の教科書から
見て行きます。 これに関しては、以前竹島問題でご紹介した、水間政憲氏の
日韓併合の真実>からも、国会図書館フィルムライブラリーで発見され、GHQの焚書
を免れた貴重な併合時代の新聞記事、および写真も参照したいと思います。 
( *  ) の注は私、個人のものです。
                  :::::::::::::

本当は日韓併合が韓国を救った> 松本氏の著書から引用

 
<反日国是>を定着させるために、日本統治時代の記憶を徹底的に変えて、何が何でも日本を
悪者に仕立てなければなりません。そこで猛烈な反日教育が始まりました。韓国小学校社会科
教科書を見ると、そのすさまじさに驚かされます。(出処:わかりやすい韓国の歴史、国定韓国
小学校社会科教科書、石渡延男監修、三橋ひさこ・三橋広夫・李彦叔訳、明石書店) 

 ” 日本はわたしたちの土地から生まれた多量の物資を奪っていった。そのため、わが民族は
飢えの苦しみを被らなければならなかった。朝鮮総督府はあらゆる権力をわがものにし、わが
民族を武力で抑圧した。日本はわれらの誇り高いハングルを使わせず、私達の姓や名も日本式
に直して呼ばせ、わが民族の精神をなくそうとした。私達は蛮行を犯した日本とどう向かい
あうか討論してみよう” 

 小学校の社会科教科書の約30%がこのような日本への恨みを植え付ける記述で満たされて
いるのです。 このような ”英才教育”は既に幼稚園から始まっています。 2001年の教科書
採択のおり、扶桑社の教科書採択反対(*韓国に不都合な事実が記載されていたのでしょう)
デモに幼稚園児が動員されている様子です。
幼稚園児動員の反日

 1982年の教科書問題で反日が吹き荒れたあとにも忠清南天安市に独立記念館という反日
展示館が作られました。その他にも<日本帝国主義侵略館>施設があり、日本人による様々な
拷問や虐殺の場面を蝋人形をつくってこれでもかと再現。(*同時代、韓国に滞在して、日本の
植民地政策が欧米と全く異なる事実に刺激を受けて、研究し、”コリアが最も輝いていた時代”を
著したイギリス人の歴史学者 アレン・アイルランドの著作には、そうした事実は全くありません。
併合時代に、日本による虐殺、拷問の類はありません。 朝鮮時代、彼らが行っていた刑罰を
日本人がやったかのようにすり替えているものです。) 

 これを遠足でやってくる韓国の小学生が必ず目にするのです。中学生も同じく。これを見た
思春期の生徒たちの心は傷つき、一生、日本人のおそろしさが<トラウマ>として残るでしょう。
韓国での反日教育は、理屈より情緒に訴えて、ひたすら憎悪を掻き立てることに重点がある
ようです
。これが韓国の子供達にとって、プラスになるとは思えません(*全くです。私が
韓国のラジオを聞かなくなった理由は、パククネ元大統領についても、幼い子供に悪い人
だと親が教えて、それを鵜呑みにしている子供達を可愛いとほめそやすラジオ番組が後味
悪すぎたからです。 判断力が培われていない児童に対する、教育ではなく ”洗脳”、社会
主義国家と何も変わらないやり方です) 

 韓国や中国には<過去を水に流す>という文化はありません。国も個人も過去から逃れる
ことはできず、両者間に起きた過去の出来事が現在、未来までも人間関係や国家関係を縛る
ことになります。 このような社会では、人々、あるいは国にとって必要なのは<ありのまま
の過去>ではなく、<あるべき過去>なのかもしれません。 

 戦後、韓国政府が国民をまとめ、韓国の正当性を主張するために躊躇なくあるべき過去
をつくったのもこのような文化風土に基ずいているのではないでしょうか? 日本が韓国で
悪行のかぎりをつくしたという認識が日韓両国民の意識に定着すれば、日本人から誇りを
奪い取り
日本に対して道徳的に有利な立場に立つことができます。反日を持ち出せば、
国論はたちまち統一、外交上の切り札としてことあるごとに<過去の歴史>を持ち出せる
ので、<あるべき過去>は一石二鳥から三鳥以上の武器になるのです。(*歴史戦に
すっかりやられているのは日本マスコミかもしれませんね。そして意外に多いのが大学
教授だそうです。日本の大学で教鞭をとる韓国人教授のレベルの低さ、近代史を自ら
学んでいなそうな韓国人教授を採用している大学にご注意を! お帰り頂きたいです)

 そして、<あるべき過去>につい具体性をもたせるために、反日学者を集めて
” 日本は統治時代に朝鮮から7つの大切なものを強奪した” という壮大な歴史物語
を作り上げました。 物語のテーマは <7奪>国王、主権、土地、国語、姓名
命、資源を奪い、朝鮮に地獄の苦しみを与えたというもので
、これを<真実>と
して学校で教え、世界に発信してきました。 歪曲と捏造に満ちた<7奪>について
一つ一つ反論し、虚構性を明らかにしてまいります。

               :::::::::::::::

 ここまでの、反日の背景を読んで頂くと、昨今の気がふれたような韓国のあれこれが
全て、根っこにある洗脳教育によるものだということが、ある程度理解できるのではない
でしょうか? 以前、ご紹介した慰安婦問題でアジア12か国を取材し、今も活動中の
アメリカ人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏が語っているように、韓国が国際社会
に宣伝活動してきた歴史問題は、まさに <壮大な捏造、詐欺>だと言えると思います。 

 < 土地は本当に奪われたのか > 長くなるので次の記事に譲ります。日本人が
全く異なる歴史、文化、500年の李氏朝鮮治世で国の形をなしていない異国にわたり、
如何に努力したか、<7奪>こそ、日本人が古代国家を近代国家に変貌させるために、

如何に、誠実に対処して行ったかを物語るものだと言っておきます。 
 
この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(0) | ▲ top
今日の散歩ー半島の歴史⑳ 反日が国是になった理由
- 2019/08/25(Sun) -
ほんとうは日韓併合が韓国を救った

 今回は日韓併合に関して韓国のプロパガンダとなり、幼稚園から始まり、小中高で刷り込ま
れている<日帝による7奪> について検証している本をご紹介します。他にも何冊も
読んでいますが、モンゴル研究家の宮脇さんが推薦するように、この本は実証に基づき分かり
やすいと思います。(* )内のコメントは、あくまで私個人の注になります。

   松本國俊は現在、朝鮮近現代史研究所所長という要職に就かれ、ご活躍中です。

 先日、半島からの労働者問題でジュネーブまでいらした、ナクソンデ経済研究所のイ・ウヨン教授が
BS フジプライムにゲスト出演、その時もう一人出演していた韓国人の一ツ橋大学準教授が、韓国人の
本音を吐露して、それに、キャスターの反町さんが突っ込みしました。「え?韓国人のアイデンテイ
テイ―は反日なんですか?
 」 反町さんが驚いたなんて.. 韓国で週間総合一位の<反日種族主義>
という本が、一般の戦後世代の韓国人のメンタルが崩壊するほど、革命的な内容であると、その準
教授は納得できないようでした。 twitter 見てるだけでも、現在の反日運動、カルトがかってきて
気持ちが悪いです。 今回も小中高校生に改めて、<徴工問題>に関する韓国の主張を刷り込み教育
するようです。 高校生から<日本人に生まれたら、ずっと謝罪し反省しろ>なんて言葉が出て来る
ような背景についても、具体的に韓国の教科書でどう教えられているのか引用されていますので
納得は到底できませんが、だからこのような現象になるんだだなという事は分かります。 

 ではどの程度、韓国人の対日観が歪んだものなのかの実証から
             :::::::::::::

① 誤解と偏見を通して出来上がった対日イメージ 

 私は4年間のソウルでの生活を含め、韓国とのおつきあいは40年近くなります。
韓国の人々の日本を見る目がどれほど誤解と偏見に満ちているかを肌で感じてきました。

 
日本人に対する一般韓国人のイメージは<永遠の敵>であり、日本を悪く言えばいうほど
愛国者とみなされるのが韓国社会の実態です。タレントも反日であればあるほど人気が高まり
ます。 あれほど韓流ドラマを日本に輸出し、歌手を送り込みながら、日本のドラマ、映画は
韓国の地上波では放映禁止になっており、日本語の歌も流せないことご存じですか? 密輸入、
された鉄腕アトムやキャンデイ、宇宙船ヤマトを見た世代は日本製アニメだったと知るのは
日本に出張にきて初めてであり、愕然としたそうです。(そっくりなパクリも存在) 
 
 韓国では、日本の伝統文化はすべて、<韓国が教えてあげた>ことになっています。
韓国の教科書でそう教えているのです。 古代日本は文化と言えるものは何もない野蛮状態
であり、すべての分かは韓国が教えてあげた... (* ついにはソメイヨシノまで韓国原産という
説が飛び出しましたが、見事に科学的根拠によって日本と確定) 

 日本人は好戦的で、朝鮮半島の平和にとって最大の脅威
 
 (*これは、韓国ネット記事に書かれるコメントを読めばよく分かります) 
 2008年3月にソウル大学が行った韓国人の意識調査の結果では、<朝鮮半島の平和にとって
最も脅威となるのは日本>となっています。 韓国人にとって、北朝鮮はあくまで同胞であり
日本は<民族の宿敵>なのです。 日本の教科書の記述に文句を言ってくるのも、<つねに
言い続けなければ日本に軍国主義が復活し再度侵略される>という強迫観念があるからです。

 戦争に戦って日本を占領したいという韓国人の想い
 
 韓国では日本との戦争シミュレーション映画に根強い人気があります。 
 最近の映画 <韓半島> 2006年 - 南北融和の近未来、韓国の鉄道利権を奪おうとする
日本との間で外交紛争が勃発、日本海で武力衝突が起こり日本が敗北する... 等々 
(*なお、中国でも同じく対日戦争で日本に中国が勝つというゲームが大人気だそうです)

 韓国では日本を叩き潰す映画がどんどん作られて、いずれもかなりの興行収益を得ている
のです。韓国人の多くに<日本を占領したい>という潜在的願望がなければこうはならない
でしょう。 
 
  竹島について小学生が書く絵のすさまじさは言うに及ばずです。日本というゴミ、
捨てられる日はいつなのか? 日本列島火あぶり等々... 韓国に留学中、家庭教師をしていた
日本人の女子大生が実際に経験した話ですが..幼稚園児が百科事典の世界の国旗のページ
を開き、日の丸を指して<復讐しなければならない>と語ったそうです。こうして
育った韓国の若者に<日本占領>への願望が生じ、彼らが<日本潰し>の映画に殺到
するのは当然でしょう。 
 
 (*ちなみに、産経ソウル支局長だった加藤氏が書かれていたのですが、ソウルの日本人
学校に在籍していた中学?高校生のご子息が、日韓交流で招待された韓国のホスト校では、
生徒が窓から一斉に顔を出して < 独島は我が領土>を歌って出迎えたそうです。招待して
これ? 交流とは、日本は酷い国だと日本の生徒に刷り込むことのようです。日本の
高校生の韓国への就学旅行のコースでは、感激時代に使われた西大門にある、歴史博物館
があるそうです。 何も知らない高校生は、展示物に衝撃を受け、自虐的歴史観を
刷り込まれてしまいます。こうした反日教育が行われている国に、まだ知識も十分持ち
あわせていない高校生を送り込むなんて、何を考えているんでしょう? 韓国・台湾が
比較できる旅行にして、考えてもらうなら分かりますが、偏った教育の国に若い人を送り
こむことに慎重であってほしいです。私が親なら参加させないと思います。

この記事のURL | 韓国を知る旅 & 韓国ドラマ | Comment(4) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ